HOME » 学校案内

富山ガラス造形研究所は、ガラス造形制作者として有能な人材を育成する公立の学校です。

富山ガラス造形研究所(TIGA:Toyama City Institute of Glass Art)は「ガラスの街 富山」に1991年に全国初の公立のグラスアート専門教育機関としてスタートしました。
全国そして海外から、ガラスに魅せられた有能な学生が集まり、豊かな環境のなかで技術と創造性を磨き、ガラス造形作家としての自立をめざして、研さんを積んでまいりました。これまで、造形科、研究科あわせ多くの卒業生が、国内外のガラス工房のスタッフ、大学・高校・各専門学校などの教授や講師、個人工房を開設した方、さらにはデザイナーなどさまざまなガラスの分野で活躍しています。
ガラス造形の基礎理論と技法を習得する造形科。さらに高度な研究を通してガラス造形の理解を深める研究科。
この二つの学科を通してガラス作家を目指す学生を応援しています。

PDF学校案内2016(カタログ)PDF (3.1MB)

緑に囲まれた環境、充実した設備

  • ホットショップ
  • キルンショップ
  • コールドショップ
  • ステンドグラス
  • バーナーワーク
  • ジュエリー
  • 金工・木工室
  • 図書室
  • 学生用アパート
  • 設備写真をクリックすると拡大表示します
  • 建築面積:2724.74平方メートル
  • 敷地面積:19639.68平方メートル
  • 構造:鉄筋コンクリート造平屋建(一部鉄骨造)

学校紹介動画

2010年5月制作

富山ガラス造形研究所 所長から

所長 細川 茂

当研究所は、プロのガラス造形作家の育成を目的として1991 年に設立され、ガラス造形に関する基礎知識・技術の習得と、多彩で個性豊かな創造性と高度な表現力を身につけるための専門教育を行っており、本年で27 年目を迎えました。

この学校の特徴は、指導する教授陣が充実していること。自然豊かな環境・整った設備のなかで、ガラスの専門教育をしっかりと学べること。ガラスの勉強をしたい学生達が全国から集まり、お互いに切磋琢磨できることです。また、創設以来、2 名の外国人教師による指導を行っており、さらに、著名な海外作家によるワークショップや様々な分野の講師による特別講義など、常に学生に刺激を与えられるようカリキュラムを充実させています。なお、昨年度は、官民連携の建築物における壁面や天井等に学生がガラス作品を制作する機会に恵まれ、新しい形態でのガラス作品制作も体験しています。

これまでに、当研究所は延べ480 名余りの卒業生を送り出しており、その多くは、プロのガラス作家として国内のみならず海外でも活躍しています。また、教員や卒業生はもとより、在学中の学生達も国際ガラス展や公募展などで数多くの受賞実績があります。

富山市では、「ガラスの街とやま」をまちづくりのひとつの柱として掲げ、1991 年の当研究所の設立を皮切りに、1994 年にはガラスの地場産業化の拠点となる「富山ガラス工房」を当研究所の隣接地に開設し、さらに2015 年には現代グラスアートを中心とした富山市ガラス美術館をオープンさせるなど約30 年をかけてガラス芸術の振興に関する様々な取り組みを行ってきました。
また当研究所においても、2010 年には敷地内に学生宿舎棟、招聘したガラス作家が創作活動や交流等を行なう拠点となるアーティストハウス、ギャラリーを整備する等、教育環境の充実を図ってきています。現在、「ガラスを総合的・専門的に学ぶなら富山で・・・」と、海外からの留学生を含め40 名が学んでいます。本気でガラス作家を目指す、意欲あふれる皆さんの入学を期待します。

▲ページトップ

設置学科

造形科 Grass Certification Studies Program

  • 修業年限 : 2年 / 入学定員 : 16人
  • 入学条件 :
    高等学校卒業以上の学力を有する者、及びこれに準ずる学力があると認められる者。
  • 卒業時取得資格 : ガラス造形専門士

造形科

造形科の詳細はこちら

学習期間2年間の中で、密度の高い専門教育を行う。

1年・・・ガラス造形に必要な基礎理論及び基礎的な技法を学習する。

2年・・・個性・創造性を伸ばすことを主眼に、選択科目の中での自主的な創造活動を通して多彩な表現力や造形力を養う。造形の基礎になるデッサン・デザイン等の造形教育を重視する。

研究科 Advanced Research Studies Program

  • 修業年限 : 2年 / 入学定員 : 4人
  • 入学条件 :
    富山ガラス造形研究所を卒業した者、又はこれと同等以上の知識、技術を有すると認められる者。
  • 卒業時取得資格 : ガラス造形研究専門士

研究科

研究科の詳細はこちら

研究科の特色

担当教員の指導、助言を得ながら、各自専攻テーマを設定し、立案した学習計画に基づき学習する。

▲ページトップ

教員一覧

顧問:武田 厚  所長:細川 茂  制作アドバイザー:渋谷 良治[富山市ガラス美術館 館長]
主任教授: 本郷 仁  准教授:中神 牧子 / ヴァーツラフ・レザーチュ / エイミー・ルファート  講師:松藤 孝一
非常勤講師:西 治子 / 加治 晋 / 八田 雅博 / 中村 滝雄 / 森田 弘美 / 宮下 僚子/ 河口 年安 / 畠山 耕造
助手:渡邉 沙羅 / 伊藤 真知子 / 佐々木 俊仁/ 小宮 夏帆 / 津守 秀憲
事務:野 恒寿(事務長) / 関谷 忠子(副主幹) / 井上 真紀(事務助手)

渋谷 良治 Ryoji Shibuya (制作アドバイザー)

ガラスという素材に引かれ、全国から集まった仲間が、日々ガラスという素材と格闘する様子は、見ていて頼もしい限りです。まっすぐに素材と向き合い、手を通して学ぶ中で、学生達は自己の未来を見つめています。

渋谷 良治 Ryoji Shibuya(主任教授)

本郷 仁 Jin Hongo (主任教授)

制作を通して自分を見つめる2年間。必要なのは夢と情熱です。その先に広がる未来を仲間とともに拓いていきましょう。

本郷 仁 Jin Hongo(主任教授)

ヴァーツラフ・レザーチュ Vaclav Rezac (准教授)

Co je charakteristicke pro na?i ?kolu? V TIGA neni nic nemo?ne. Obdivuji pracovitost a kreativitu student?.?kola nabizi svym student?m vyborne technicke zazemi pro realizaci um?leckych projekt?.
TIGA では不可能なことはない。学生諸君の努力、想像力を賞讃したい。当校は芸術プロジェクトを実現するため、よりすぐれた技術的な環境を提供している。
Nothing is impossible at TIGA. The school offers an excellent technical background to make the realization of art and craft projects possible. I admire the diligence and creativity of the students.

ヴァーツラフ・レザーチュ Vaclav Rezac(准教授)

中神 牧子 Makiko Nakagami (准教授)

人との出会いで、人は成長していきます。この研究所では、本当にたくさんの人との素晴らしい出会いがあります。私自身も色々な出会いから、人生や作品のことなど、いろいろなことを学んでいます。

中神 牧子 Makiko Nakagami(准教授)

エイミー・ルファート Amy Rueffert (准教授)

学生は、躍動的かつ協力的な教育環境で、ガラスという素材を学び成長することができます。このような素晴らしい教育環境に携われることに感謝しています。
Students have the opportunity at TIGA to grow and explore the medium of glass in a dynamic, supportive environment. It is such an honor to be a part of this outstanding community.

エイミー・ルファート Amy Rueffert (准教授)

松藤 孝一 Koichi Matsufuji (講師)

学生から教員まで、ガラスという素材で表現を欲する人が寄り集まる地、富山ガラス造形研究所で、学生と共に新たな鉱脈を見つけたい。

松藤 孝一 Koichi Matsufuji (講師)

先生・助手の作品紹介

渋谷良治

渋谷良治
Ryoji Shibuya

松藤 孝一

松藤 孝一
Koichi Matsufuji

小宮 夏帆

小宮 夏帆
Natsuho Komiya

津守 秀憲

津守 秀憲
Hidenori Tsumori

松島 巌

松島 巌
Iwao Matsushima

八田 雅博

八田 雅博
Masahiro Hachida

西 治子

西 治子
Haruko Nishi

加治 晋

加治 晋
Susumu Kaji

中村 滝雄

中村 滝雄
Takio Nakamura

Webギャラリーでは各先生、助手のその他の作品のほか、在学生、卒業生の作品もご覧いただけます。

Webギャラリー

▲ページトップ

富山ガラス造形研究所へのアクセス

〒930-0143
富山県富山市西金屋80
TEL:076-436-2973
FAX:076-436-2974
お問合せ受付時間:
土・日曜日、祝・休日を除く AM9:00~PM5:00

お問合せ・資料請求はこちら

JR富山駅より

バス:富山大学付属病院行き「ファミリーパーク前」(30分)+徒歩10分
タクシー:20分

北陸自動車道より

富山西インターから5分/富山インターから20分

富山空港より

タクシー:20分

▲ページトップ

学校自己評価報告書

平成28年度学校自己評価報告書

富山ガラス造形研究所では、学校教育法施行規則の改正(H20)に伴う
「専門学校による学校自己評価の実施及び公開の義務化について」に基づき、学校自己評価を行いその結果を報告書にまとめました。
今後より良い学校を目指すために、皆さまに是非ご一読いただきご意見を賜りたく、よろしくお願いいたします。
なお、評価基準については私立専門学校等評価研究機構作成の「専門学校評価基準書Ver.2.0」を参考に、全41項目について実施いたしました。

PDF平成28年度学校自己評価報告書PDF (268KB)

▲ページトップ

卒業生の皆さんへ

卒業生の皆さん、こんにちは。より楽しく、そして皆さんの役に立つようなホームページになるよう、少しずつですが新しくしていきたいと考えています。
応援よろしくお願いいたします。

連絡先確認にご協力ありがとうございます

研究所では20周年を迎えるにあたり、これまでの卒業生の皆様の連絡先の把握に努めております。
各期の代表の方には大変お手数をおかけしておりますが、皆様のご協力とともに少しでも多くの方の情報をお知らせいただきますよう、よろしくお願いいたします。なお、いただきましたデータは研究所事業以外には使用いたしません。また外部からの問い合わせ(ギャラリーや美術館等)につきましても、事前に情報の公開度を指定していただくか、その都度ご本人に連絡する形で対応して参ります。

証明書の交付について

PDF証明書の申請についてはこちらをご覧ください。(PDF:137KB)

あなたのホームページを学校のサイトにリンクしましょう!!

ホームページを学校サイトに掲載ご希望の方はぜひご連絡下さい。

求人情報・その他情報交換

求人、アルバイト等の掲載希望情報がございましたらご連絡下さい。

お問合せはこちら

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.