HOME » 学校ブログ » ワークショップ

学校ブログ

学校ブログ [ ワークショップの最近のブログ記事 ]

本日は秋のワークショップ6日目のご紹介です。

この日はオープンデーの2日目でもあり、朝から学生とマーティンさんとの共同制作となりました。
2019929-1.JPG

学生がガラスのおせんべいのようなものを作り、マーティンさんがブライアンさんのもつ竿にひたすらくっつけます。
前以て作業時間を決め、その中でどれだけ長くなるのか、その時間の蓄積が作品になります。

2019929-2.JPG

今回は45分ほどの作業時間。

2019929-3.JPG

積み上がってきました。

2019929-4.JPG

学生がガラスを巻き、潰し、マーティンさんがくっつける、、、

2019929-5.JPG

作業時間終了時の長さ!

2019929-6.JPG

かなり長くなりましたので、持つのもドキドキです。


2019929-7.JPG

作業終了。この後もデモは続き、テンションの高い一日となりました。


2019929-8.JPG


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップ5日目
今日はオープンデー初日。
トルソーを作ります!

今日もマーテインさんは元気モリモリでスタートです。


20190928_1.JPG



ベンチにはマーティンさんのスケッチが。

20190928_3.JPG


そして、皆んなとの作業のために大切な言葉を英語と日本語で。
Push! は、押して!  Good! は、いいね! 

20190928_4_.JPG


先生方も真剣です。

20190928_5.JPG


ホットチーム手作りのスカラプチャーツールで形を形成していきます。

20190928_6.JPG


さらにガラスを足してみたり。

20190928_7.JPG


時には、寝転んでみたり。

20190928_8.JPG


真剣そのものです。

20190928_9.JPG


疲れた時はマッサージ〜。

20190928_10.JPG


完成までもうすぐです。

20190928_12.JPG


学生もアシスト頑張りました!

20190928_13.JPG


どんなトルソーが除冷炉から出てくるのか、本当に楽しみです。
マーティンさんの制作に対する情熱は本当に勉強になります。
そして、みんなが元気になります。
そんなパワーを持った方です。


秋のワークショップ、オープンデーはまだまだ続きます!








(As)



コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップ4日目です


今日はギャラリースペースでドローイングをします。

2019-9.27-1.JPG


大きな紙に描いていきます

2019-9.27-2.JPG


マーティン氏がチョイスした音楽が流れている中でドローイングをしていきます

2019-9.27-3.JPG


上手く描くのではなく、音楽から感じたままを体を動かしながら表していきます

2019-9.27-4.JPG


みんなのドローイングを歩いて観て周ります
同じ音学からでも様々なドローイングが描かれていて、それぞれの個性が出ています
2019-9.27-5.JPG

木炭やチャコールで描いているのでみんな手が真っ黒です
2019-9.27-6.JPG

すごい真っ黒です!顔まで付いてます
2019-9.27-7.JPG

みんな真っ黒
2019-9.27-8.JPG

壁と床全面にドローイングを貼っていきます
2019-9.27-9.JPG

マーティン氏、イメージが湧いてきたようです。

指示を出していきます

2019-9.27-10.JPG

みんなの共同作業でできたインスターレーション作品の完成です!
2019-9.27-11.JPG

最後は自分たちも紙の衣装をまとって、作品の一部に!みんなとても楽しんでいます
2019-9.27-12.JPG


午後はホットワークのデモンストレーションです。
今日は学生のみんなも参加して作品を作り上げていきます。
2019-9.27-13.JPG

ガラスを巻き取ってきて
2019-9.27-17.JPG

マーバーという金属製の台に、ガラスを程よい大きさにハサミで切り、
金属コテで潰して、お煎餅のようなガラスの薄べったいパーツを作っていきます
2019-9.27-15.JPG

それをマーティン氏が本体に1つづつ付けて造形していきます
チームの連携が大切にな作業です。
マーティン氏指示のもと、段々とみんな息が合ってきてスムーズになってきました!
2019-9.27-16.JPG

キラキラとしていてとても綺麗な作品です
2019-9.27-14.JPG


1つ目は無事に完成し、続いて2つ目を作り始めました。
先ほどよりも大きいサイズを作るそうです!
2019-9.27-18.JPG

1つ1つパーツを作り付けていくので時間が掛かります。
みんな集中していて、チームとして一体感が出ています
2019-9.27-19.JPG

細部までちゃんとこだわりながら仕上げていきます
2019-9.27-20.JPG


2つ目も無事に完成し、今日のデモンストレーションは終了です。
みんなお疲れさまでした!素晴らしいチームワークでした。

普段はここまで大勢で1つの作品を作り上げる機会は中々ないと思うので、
今日のドローイングのインスターレーション作品やホットワーク作品の制作は、
とても良い経験になったと思います。

明日も楽しみですね! (T)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

ワークショップ3日目のご紹介です。

この日も、朝からマーティンさんは元気いっぱいです。
最初は全員で、足で地面をドンドン、身体を叩いてパチパチ、隣の人の肩をトントン。
2019.9.26-1.JPG


全員に今感じたことを聞いていきます。「直感で。考えないで答えて。」

2019.9.26-2.JPG

その後は隣のファミリーパークへ。

2019.9.26-3JPG.JPG

マーティンさんを囲んで。外の空気を吸って。

2019.9.26-4.JPG

さて、では今から二人一組になって片方が目隠しをします。そして、見えない人を見えている人が誘導して、様々なものに触れさせていきます。

2019.9.26-5.JPG

馬の近くにいったり、

2019.9.26-7.JPG

突如マーティンさんがあらわれて、触った人もビックリ。


2019.9.26-8.JPG


「目をかくされて、何をかんじた?発見した事は?」


2019.9.26-10.JPG

マーティンさんは、学生達の固定観念を優しく解していきます。


午後からはキルン室へ移動。

2019.9.26-12.JPG

感じたことをすぐに形にする方法や、吹きガラスに使う型を紹介してくれました。

2019.9.26-13.JPG

これ、実は市販のギブスで作っています。

2019.9.26-14.JPG

こちらは新聞紙をぬらして作る吹きガラスの型です。


2019.9.26-15.JPG

早速ホットショップに移動して、作った型に吹き込むデモンストレーション。


2019.9.26-19.JPG


2019.9.26-20.JPG

本日も、非常に濃い一日となりました。

ワークショップはまだまだ続きます!


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップ2日目!

さて、皆んな輪に並んで今日は何をするのでしょうか?
中央には何やらいろいろな物が置いてありますが...
2019-9.25-1.JPGのサムネイル画像

マーティン氏がゴムボールを手に取り、

2019-9.25-2.JPGのサムネイル画像

学生に渡して、どんなことを感じるか問いかけます
2019-9.25-3.JPG

いろんな言葉が出てきました
2019-9.25-4.JPG

次は、レンガです
2019-9.25-5.JPG

置かれる位置でも感じられる印象が大分違ってきます
2019-9.25-6.JPG

皆んなが感じたことが次々と言葉になって現れていきます。
同じ物を見ていても感じ取ることが皆こんなにも違うんですね。面白いです!
「形態を理解する」レクチャーでした。
2019-9.25-7.JPG

次にマーティン氏の制作風景の映像を観せていただきます。
2019-9.25-8.JPG

とても大きいですね
2019-9.25-9.JPG

2019-9.25-11.JPG

色ガラスの青色と銀箔の組合せがとても綺麗です
2019-9.25-10.JPG

2019-9.25-12.JPG

さて、午後はデモンストレーションです!
2019-9.25-13.JPG

人体の作り方を教えてくれます。
無垢のガラスで作ります。
始めに腰のくびれ部分から作っていきます。
2019-9.25-14.JPG

続いて、脚や足先を作っていきます
2019-9.25-16.JPG

金属のコテやホットワークの道具などを駆使しながら、
見るみるうちに人体の形になっていきます
2019-9.25-17.JPG

2019-9.25-18.JPG

ハサミで脚を切り別けていきます
2019-9.25-19.JPG

脚を組んでいるポーズになりました!
2019-9.25-20.JPG

お尻部分にポンテを取って、別の竿に付け替えていきます
2019-9.25-21.JPG

付け替えたら、上半身を作っていき、完成です!
2019-9.25-22.JPG

マーティン氏、ハイテンションです!!
2019-9.25-23.JPG

今度は頭部の作り方を見せてくれます。
こちらも、無垢のガラスです。
2019-9.25-24.JPG

コテで形を整えていくと、段々頭の形になってきました
2019-9.25-25.JPG

目や唇もできてきました。
2019-9.25-26.JPG

熱々のガラスを付けて髪の毛の部分を作っていきます
2019-9.25-27.JPG

ポンテを取って、
2019-9.25-29.JPG

首部分を整えて、完成です!
2019-9.25-30.JPG

まさかのダイビングキャッチ?!ワイルドです!!
2019-9.25-31.JPG

デモンストレーションの後は、学生のブロー時間です。
みんな上手く作れるかな
2019-9.25-32.JPG

2019-9.25-33.JPG


「形態を理解する」レクチャーから、マーティン氏の制作風景、
人体の作り方まで、幅広く学べた2日目でした!

明日はまたどんなワークショップになるのか楽しみですね。 (T)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

9月24日から秋のワークショップが始まりました。
今回の作家さんは、大型ガラス彫刻や建築的なインスタレーション作品、
屋内外のパブリックアートで知られるアメリカ人ガラス作家のマーティン・ブランク氏。
抽象彫刻から具象的なモニュメントまで幅広く制作されています。

まず初日は紹介スライドレクチャー。
とても笑顔の素敵なブランク氏。
ブランク氏の豊かな感性と情熱がその笑顔にあふれ出ていて、お話を聞きながら、どこかワクワクしてしまいました。



 20190924_1.JPG
 
        

         



                                                                                                                                                                  
  20190924_2.JPG

ブランク氏の作品  「Current」


20190924_4.JPG

作品制作風景 
大きな作品をチームワークで制作されています。

       
20190924_5.JPG


ブランク氏 
こんな姿もステキです。

        







 20190924_6.JPG


 そして午後からはデモンストレーションが始まりました。

    
20190924_7.JPG
 

まずはホワイトボードを使ってのレクチャーから。
どんな方法があるのか。なぜその方法が良いのかなど、こと細かく教えていただきました。

   
20190924_8.JPG

そして、デモンストレーション。
先に、レクチャーして頂いたので、デモもとても理解がしやすかったです。

   
20190924_9.JPG

ブランク氏がやられることは、何もかも興味津々。

   
20190924_10.JPG

初日から本当に内容の濃いレクチャーとデモンストレーションでした。






初日からこんなに充実した1日を過ごし、明日も何が見れるのか楽しみでしかありません。
ブランク氏と過しながら、沢山のエネルギーとインスピレーションを初日からビンビン感じております。



(As)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ





1DSCF7708.JPG




こんにちは。
ワークショップが無事終わりました。
最終日は色々とイベントが盛りだくさん!
午前中は引き続き作業。最後の追い込みです。






2DSCF7722.JPG




そして午後には学校内のギャラリーにてみんなの作品を展示し、
講評会を行いました。各学年ごとに壁を分けての展示です。

皆さんどのような配置にするのか、色々と話し合いながら空間構成も意識して
会場を作っていますね〜。



3DSCF7728.JPG


4DSCF7741.JPG




お!良い笑顔です!!


5DSCF7742.JPG



ナイス!!



7DSCF7751.JPG



ガラスに絵付けした作品も並びます。


8DSCF7769.JPG


ブライアン先生も興味津々!!


9DSCF7743.JPG



そしてこの様な感じでセッティング完了です!



10DSCF7779.JPG





講評会がスタートしました!
話をする学生が自分が気になった作品の作者を次に指名し、その次の人が今度は話をしていくという形式です。
どの作品も興味深く面白い展示となりました。





11DSCF7812.JPG




そしてお待ちかねのフェアウェルパーティ!!
全員がワークショップTシャツを着て参加。
そして、、、、、






12DSCF7818.JPG




流しそうめん!!!!毎年恒例!!
一年生が前から準備してきた竹製の流しそうめんのお披露目です。





13DSCF7831.JPG






ヴァーツラフ先生もほおばってます!!
ズデンカさんも楽しんでくれました。






14DSCF7836.JPG



二年生中心にたくさん料理も作ってくれました。
華やかですね〜




15DSCF7840.JPG



そしてプレゼントタイム!
今年のプレゼントは〜〜〜










16DSCF7843.JPG




扇子です!!





17DSCF7855.JPG




こちらも毎回恒例のゲストティーチャーによるサインを学校の何処かに書いてもらう企画。
素晴らしい絵を描いてくれました。ぜひ学校で拝見して見てください!!





18DSCF7847.JPG




あっという間のワークショップでした。
ガラス中心ではないワークショップは色々と気づかされることが多くあり、学生だけで無くスタッフにとっても大変刺激のあるものとなりました。
アイデアは無限であり、色々な切り口からクリエイティブな体験をすることで、自分らしいオリジナリティが生まれてくるのではないかと思います。
昨年も感じましたが、この春のワークショップの影響はとても大きく、卒制に繋がっていくことがよくあります。今後学生が何を作っていくのかとても楽しみです。

次のワークショップは秋のワークショップ!こちらは吹きガラス、ホットワークのワークショップです!乞うご期待!!




(Mt)






コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ


春のワークショップ6日目が終了しました。




2019.5.26.1.JPG


昨日に引き続きエナメル、ラスター彩、版画、サンドブラストなどの作業を行っていきます。

2019.5.26.2.JPG
ズデンカさんに、さらに細かい部分の技法についてのアドバイスを頂きながら、

明日の発表に向けてみんなも真剣な眼差しで制作を進めます。

2019.5.26.8.JPG


2019.526.9.JPG


この、土日の2日間はオープンデイということで今日の午後からは一般の方を対象とした

スライドレクチャーをズデンカさんに行って頂きました。

2019.5.26.4.JPG
ズデンカさんの作品の紹介や、学生時代どのような勉強を行ってきたのか、どのようなテーマで作品を行ってきたのかなど

ズデンカさんの制作に対しての考え方がとても分かるスライドレクチャーでした。

「シリアスに考えて作品を作るのでは無く、楽しんで作りたい」という考え方や

「自分自身に制限を設けずに自由に作ることを心がけている姿勢」が素敵だと思いました。


2019.5.26.7.JPG
こちらは、ズデンカさんが現在制作中の作品です。

日本に滞在している間に興味を持った、田んぼの風景を表したものだそうです。

この作品の完成も楽しみです♪


2019.5.26.11.JPGそして、こちらがもう一つのデザインのワークショップTシャツです。(T助手の凛々しい後ろ姿!)

白樺の木から、人がこちらを覗いているデザインになっています。^●^

不思議なデザインで素敵ですね!


明日は、いよいよワークショップ最終日です!!

この一週間の成果がどのような形で現れるのか楽しみですね〜!


2019.5.26.10.JPG
ラスト1日、頑張りましょう〜^●^


(An)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ






1DSCF7624.JPG






こんにちは!
ワークショップはもう5日目!
今日はスライドは無く、軽い説明のあとそれぞれの作業へと進みました。






2DSCF7632.JPG




おお!みなさん集中して制作しておりますね。





3DSCF7633.JPG




楽しそうですね!
段々と作業する手も慣れてきました。




4DSCF7657.JPG


5DSCF7658.JPG







そして昨日より始まったガラスへのエナメル絵付けも続々と準備が出来てきて、、、、、、









6DSCF7621.JPG




こんな感じで〜






7DSCF7623.JPG




こんな感じ!!





8DSCF7650.JPG





エナメルと同時進行で版画も進めていきます。






9DSCF7652.JPG





ドローイングにより偶然出来上がった絵を版画によりもう少し必然へと近づけていきます。

格好良い作品が出来上がっていますね!!







10DSCF7625.JPG


11DSCF7627.JPG


DSCF7638.JPG





そして本日は学校のオープンデイでした。
ホールに力作がズラリ!
スクリーンにはワークショップ中の写真やズデンカさんの作品のスライドが流れています。



普段学校で、なかなか扱いづらい素材であるガラスを使い、もどかしい思いをしている多くの学生の
クリエイティビティがドローイングや版画、絵付をやることで大きく放出されている様に見えます。
今後も版画を続けるも良し、この経験を生かしガラスの作品へと繋げるも良しです。


オープンデイは明日も続きます。閲覧無料ですので是非是非お越しください
更に外部の人向けのズデンカさんのスライドショーも明日の午後行われます。
こちらも無料ですので是非!!



(Mt)



コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

こんにちは〜

本日は、ズデンカさんが教鞭を執られているチェコの高校についての紹介スライドレクチャーから始まりました。
2019.5.24.1.JPG

www.supss.cz ←  教えて頂いた学校のHPアドレスです。チェコ語表記なので難しいですが、画像を見るだけでも
勉強にななると思いますので、是非チェックしてみてください。


2019.5.24.2.JPG
チェコでは一般的な教養科目などを高校に入る前の9年間ほどで学び、

高校では、より進路に合せて専攻を絞った内容を学ぶとのことでした。


ズデンカさんが教えられている学校はガラス専攻や、プロダクトデザインの専攻があります。


ガラス専攻の中にも細かくコースが分かれていて

・ガラスカッティング
・ガラスの装飾(エナメル・サンドブラスト)
・ガラスジュエリー
・エングレービング
・ランプワーク
・ホットワーク

などのコースがあります。

もちろん、他のコースの技法を取り入れて制作をしたり、他の素材と組み合わせて作品を作ることはあるのだそうですが

このように、1年生の時点で一つの専攻・コースを絞って学ぶというスタイルは富山ガラス造形研究所と大きく違う部分です。

2019.5.24.4.JPG
もうすぐ100年になる歴史のある高校だそうで、研究所のバーツラフ先生もこちらの高校出身だそうです。

チェコのガラス教育について知ることができ、とても勉強になりました。


2019.5.24.6.JPG
2019.5.24.7.JPG
午後からは、ズデンカさんにワラキッド・ラテックス・エナメルの使い方を教えて頂き、

いよいよ、それぞれの制作の時間です!

2019.5.24.10.JPG
みんな思い思いに、絵を描いていきます。

そして、今日窯入れをして焼成して色を定着させていきます。


窯から出てくるのは月曜日かな〜??
待ち遠しいですね^●^

そして今日はなんと、ズデンカさんがデザインして下さった春のワークショップTシャツが届きました〜!


2019.5.24.11.JPG
とっても可愛い猫のデザインです!


今回は2種類のデザインで作ってくれました!(研究科の皆さん本当にありがとう!)

もう一種類のTシャツはまた、後日紹介しますね♪


ワークショップも気づけば折り返し地点となりました!

明日からも、どんどん制作して楽しんで学んでいきましょう〜^●^


(An)



コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.