HOME » 学校ブログ » 令和元年度卒業制作講評会

学校ブログ

令和元年度卒業制作講評会


2月20日、21日の2日間をかけて、令和元年度卒業制作講評会が行われました。


2:20:2020_5.JPG



造形科2年生15名、研究科2年生3名の講評です。
2年生になって頑張って取り組んできた作品を展示しました。

2:20:2020_2.JPG

今回お越しいただいた先生方は豊田市美術館の能勢陽子さん、陶作家の安藤政信さん。
学生にとって貴重なご意見、アドバイスをいただきました。

2:20:2020_3.JPG

卒業生はもちろん、造形科1年生、研究科1年生も真剣です。

さらに今回は、去年7月でチェコに帰国された、コールドクラスのヴァーツラフ先生も講評会に参加していただきました。

造形科に続き研究科の講評も本当に濃い内容で進んでいきました。

2:20:2020_4.JPG


安藤さん、能勢さん、そして先生方、ありがとうございました。
そして、学生のみなさんお疲れ様でした!


講評会に引き続き、今回から始まりました記念レクチャーがありました。

今回お越しいただいた安藤政信さんと能勢陽子さんのレクチャーです。

2:20:2020_8.JPG


レクチャーはそれぞれお二人のフィールドのお話を中心にしていただきました。
なかなか聞けないお話なので、とても贅沢な時間を過ごしました。

2:20:2020_9.JPG


2:20:2020_10.JPG

コメント(0)

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.