HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 2019春ワークショップ 1日目

学校ブログ

2019春ワークショップ 1日目






DSCF7265.JPG







こんにちは。
一年で貴重な爽やかな時季真っ最中の富山です。

さて、7日間の春のワークショップが始まりました。
研究所では、毎年2回学生に向けて春と秋にワークショップが開かれます。
春は様々な手法、技法で行うワークショップ。
秋は吹きガラスを中心としたワークショップです。

また、このワークショップは海外で活躍する作家を招待し行われる事も大きな魅力の一つです。






DSCF7301.JPG






そして今回のゲストティーチャーは、ズデンカ・フシュコバさんです。
チェコからわざわざこのワークショップのために来日してくれました。
ズデンカさんはグラフィックアートをベースに版画やドローイング、そしてガラスへの絵付けなどの制作を行っています。

今日はスライドレクチャーから始まりました。






DSCF7267.JPG



DSCF7275.JPG





これらは初期の頃の作品。





DSCF7282.JPG



この様な作品も!




DSCF7286.JPG





ニュージーランドに1年間ほど滞在もされていたようです。





DSCF7288.JPG

DSCF7294.JPG




そこから着想を得た作品たち。
もちろんガラスの作品も作っております!





DSCF7305.JPG



DSCF7308.JPG



DSCF7314.JPG





そして日本から影響を受けた作品たちも!

女性!




DSCF7335.JPG



DSCF7336.JPG



うどん!





DSCF7350.JPG




ウドーーーーん!





DSCF7352.JPG





そして今日は明日へ向けたドローイングを学生の皆さんは行いました。
身近にある何気無い物、見過ごしてしまいがちな物たちをドローイング。






DSCF7382.JPG



DSCF7385.JPG



DSCF7392.JPG




明日からに向けた材料が出そろいました。




DSCF7400.JPG


DSCF7404.JPG



さて、2日目はどの様に進んでいくのでしょう?
乞うご期待!!



(miyamoto)

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.