HOME » 学校ブログ » 授業 » 点火デモ

学校ブログ

点火デモ


ホットショップでは曜日ごとに全学年の授業があるので、毎日朝8時から学生たちは窯当番なるものをしてくれています。
溶けたガラスのゴミを取ったり掃除をしたり除冷炉の温度を上げたりして、9時から授業をスムーズに始められるよう準備してくれるのです。
そして後期からは卒制で忙しくなる2年生のために、1年生だけで窯番をまわしています。

P1160043.JPG

これは作業中のガラスをあたため直す↑グローリーホールというものですが、寒い時期は点火がしづらくなります。
なのでこの日のデモは点火の際の注意点を本ゴー先生に改めて教えていただくというものでした!

P1160046.JPG

まず、学生たちに普段通りに点火してもらします。
なかなか上手くつきません。

P1160048.JPG

本ゴー先生も見守ります。

P1160050.JPG

先ほど点火してくれた学生にどんなところを気をつけたか話してもらいました。
どうやらガスの量が少なかったようですね。

P1160055.JPG

それでは、本ゴー先生にお手本を見せていただく前にグローリーホールの仕組みについて教えていただきます!

P1160065.JPG

ガスとエアーがバランスよく混ざることで火がつきます。

P1160062.JPG

なのでガスが多すぎてもいけません!このようになってしまいます!※わざとやっています
バルブで調節しましょう。

P1160113.JPG

炎の色や火を付けたときの音も判断材料になります。
本ゴー先生がどうなっているのがどういう状態なのかを丁寧に教えてくださいました!

P1160073.JPG

みんな真剣に聞いています。

P1160097.JPG

ガラスの仕事はガスや火を扱うので、仕組みや安全な手順を理解していないと事故にも繋がります。
みんな大変だけどしっかり覚えよう!そしていつも窯番ありがとう!!

P1160114.JPG

本ゴー先生ありがとうございました!

P1160118.JPG
P1160121.JPG

続いて中神先生からガレージ(ガラスのパーツを温めておく所)の点火の注意点も教えていただきました。
後期に入ってみんなの仕事もだんだん複雑に、扱う機材も増えてきたので覚えることがたくさんです。

P1160133.JPG
P1160143.JPG

さて授業も残すところあと4回です。課題はみんな順調でしょうか?

P1160158.JPG
P1160160.JPG

1年生は立体の授業でのグループ展を控えていて、ホットの作品を展示する学生もいるようで、担当の助手さんも手伝いに来てくれています。

P1160131.JPG

今が頑張りどころだ!窯番も課題もがんばれ〜!!(W)


コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.