HOME » 学校ブログ » 秋ワークショップ6日 オープンデイ

学校ブログ

秋ワークショップ6日 オープンデイ


さて、いよいよワークショップも残り2日!本日はオープンデイ!
公開制作とレクチャーが2日間に渡り繰り広げられます!
DSCF2208.JPG

ジャスティンさんの水槽を使ったデモの準備です!
水槽の中に水を溜め、溶けたガラスを水中に流し込みます。
まずは入念な打ち合せ。タイミングが合わないとガラスが全て水の中で砕け散ります。何度かのシュミレーション後、本番です。
DSCF1760.JPG
DSCF1764.JPG
ガラスを水槽に流し込むと急激に冷やされ固まります。全体にひび割れながらも中心は熱を持っているので砕け散りません。一瞬ならば。
DSCF1784.JPG
DSCF1774.JPG
少しでも遅れると....
DSCF1778.JPG



















素早く引き上げて....竿にくっつけて取り上げます。
DSCF1786.JPG
DSCF1803.JPG
形を整えて完成!徐冷炉へ!
DSCF1816.JPG
DSCF1819.JPG

続いてのデモ。今度は水槽にガラスを流して空気を入れたガラスの玉で取り上げるデモ。まずはガラスの玉を作ります。
DSCF1876.JPG
DSCF1886.JPG
DSCF1889.JPG
DSCF1891.JPG
DSCF1899.JPG
DSCF1906.JPG
DSCF1984.JPG
DSCF1973.JPG
ついに完成!エキサイティング!
DSCF1991.JPG
DSCF1996.JPG


ガラスの移動販売屋さんも登場!いつもありがとうございます!!
DSCF1999.JPG
DSCF2003.JPG
そして今日はなんと偶然にもジャスティンさんの誕生日!
サプライズでお祝いです!ケーキの代わりに山盛りの巻き寿司で!
DSCF2008.JPG
DSCF2016.JPG
DSCF2022.JPG
DSCF2026.JPG
午後もデモデモデモ!ヴァーツラフさん一家も見学に!!
DSCF2107.JPG
DSCF2123.JPG
ボウル状の器を吹いてそこに流し込みます。
DSCF2132.JPG
DSCF2146.JPG
DSCF2134.JPG
DSCF2154.JPG
DSCF2168.JPG
DSCF2169.JPG
DSCF2176.JPG
DSCF2190.JPG
無事に完成しました!
研究所で使用しているガラスとジャスティンさんが使うガラスの性質が違う為(研究所のガラスは冷めるのが非常に遅い)水槽に流した後もガラスが流動し、形が変わってしまいました。何度も繰返し実験を行い、ガラスの性質を掴んだとのこと!
本日はこれで終わりですが、明日のデモに期待が膨らみます!
明日はいよいよワークショップ最終日!気張っていきましょう!(Y)
DSCF2211.JPG

コメント(0)

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.