HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春のワークショップ 三日目

学校ブログ

春のワークショップ 三日目


今日はワークショップ三日目。
昨日窯入れできなかった学生が引き続き窯入れ準備。

その他の学生がガラスのプレートの加工作業に入ります。



DSCF2723.JPG
脱ロウをして蝋を溶かし出したら窯入れまであと少しです!がんばれ!



DSCF2731.JPG
脱ロウの間に電気炉の中に棚板をセットしてしっかり水平をチェック!



DSCF2738.JPG
留学生のクリスティーナさんもこれから窯入れしますよ〜。



DSCF2766.JPG
脱ロウ出来たら型に詰めるガラスの重さを計算します。

DSCF2765.JPG
ちゃんと合ってるかな???
準備ができたらいよいよ窯入れです!


DSCF2780.JPG
キレイに窯に詰めることができました。

DSCF2784.JPG
やれることはすべてやった!あとは天に祈るのみ!!!






DSCF2817.JPG
そのころアレナさんはキルン室でなにやら型取りの準備中。

DSCF2822.JPG
指が三本絡み合った複雑な形ですね。身体のパーツを組み合わせることで面白い造形ができるんですね。
作品の一部になるのかな?どうなるか楽しみです。





コールド室ではたくさんの学生が加工作業の真っ最中。
コールドワークのことはスタニーさんにお任せ!
助手の伊藤さんもしっかりサポート!
DSCF2874.JPG
DSCF2876.JPG
DSCF2883.JPG
順調に進んでいるかな?
作業は焦らず丁寧に!





そうこうしているうちに昨日窯入れした窯が最高温度に到達。
皆で窯の中の様子をチェック!
DSCF2896.JPG
DSCF2900.JPG
窯の温度は860℃!赤い!熱い!
だけど型は異常なし!ガラスもちゃんと溶けてるのを確認出来ました。



明日はアレナさんが学生のためにスライドレクチャーをしてくださる予定です。
チェコでの制作や作品についてたくさんお話をしてくださいます。
海外の作家さんのお話を聞ける貴重なチャンスです。学生の皆さんはたくさん質問をぶつけて色んなことを吸収して下さいね。
明日も思いっきり楽しんで、頑張っていきましょう!(K)

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.