HOME » 学校ブログ » 授業 » ピンチヒッター

学校ブログ

ピンチヒッター


造形科は前期に選択授業があります
バーナー、ジュエリー、ステンド、金工の4つから2年間で2つ履修することがでします

バーナーワークは岡山から古代ガラスやコアガラスを専門とする松島先生が教えに来てくださいます、が!ご多忙な松島先生!
今回ピンチヒッターにコアガラスで制作されている作家の宮下先生が来てくださいました!!

P4250113.JPG

なんと宮下先生は研究所一期生!!大先輩!!
はじめまして〜

P4250117.JPG

授業初回ということで、ガラスの扱い方や簡単なパーツの作り方を教えてくださいました

P4250130.JPG

簡単そうにやってるけど、結構難しい!
ところで、宮下先生のその紫のメガネは目に良いやつですか?

P4250137.JPG

貸していただきました!全然違う!目に優しい!
バーナーの炎は見すぎると目に悪いので、みんな良いメガネ買って目を守ろう

P4250148.JPG

続いてツイスト!
いくつかの色を重ねてからねじっていきます

P4250153.JPG

腕があと20cm長かったら!と言ってどんどんツイストをひく宮下先生

P4250156.JPG

お見事!!きれいなねじねじ模様!

P4250159.JPG

さて、研究所の購買へ移動
各自バーナー棒を選びます

P4250158.JPG

狭いので待っている人々
余談ですが、研究所の購買ではバーナー棒以外にもブロー用の色ガラスやキルンで使う離型紙、ワックス、シリコン、エナメルなどなど色々売っててとても便利です


午後からは学生も作業開始!のはずだったのですが、お願いしてお花のモザイクの作り方をみせていただくことに!

P4250172.JPG
P4250175.JPG

花びらの形をつくってからそれらをひとつにしていきます

P4250182.JPG

それをひっぱって切ると...

P4250186.JPG

断面がお花に!!かわいい!!
ガラス触ってるとあっという間に時間が過ぎます
宮下先生1日ありがとうございました!(W)



コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.