HOME » 学校ブログ » 授業 » 造形科一年生 はじめてのキルンワーク

学校ブログ

造形科一年生 はじめてのキルンワーク


昨日の入学式、新入生歓迎パーティーから一夜明け、、、
さっそく今日から授業が始まりました!


授業初日、造形科1年生は初めてのキルンワークの授業です。
どきどき。。。


さっそく新任の松藤先生からのレクチャー。
みんな真剣に聞いています。
DSCF0485.JPG


ふむふむ。
何やら皆、粘土をこねこね。
DSCF0488.JPG


そう!
これは初めてのガラス鋳造(キルンワーク)のため
粘土でサンプル原型を作っているんです!
DSCF0489.JPG


みんな集中して形を作っています。
真剣な眼差し、素敵です!
DSCF0507.JPG


みんなそれぞれ自分なりに考えて、工夫してがんばっています。
だんだん形が出来上がってきたかな。
DSCF0514.JPG


いよいよ石膏で粘土原型を型取りします。
松藤先生が丁寧に、粘土に石膏をかけていきます。
そう!こうやってガラスの型を作っていくんですね〜
DSCF0528.JPG


みんなも初めてのトライ!
助手の後藤さんもしっかりサポートしています。
防塵マスクはしっかり着用してね〜
DSCF0533.JPG


それぞれみんな初めてながら、がんばって石膏を流していきます。
石膏の扱いは慣れるまでは大変。
でもしっかり覚えてね。
DSCF0537.JPG


さてさて、しっかり型取りできたかな?
来週はみんなが作った石膏型にガラスを詰めて、いよいよ窯入れです!
身の回りにある色んなガラスを型に詰めて、窯(キルン)の中で焼いてみます!
みんな、色々探して見つけてきてね!

(I)


コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.