HOME » 学校ブログ » 授業 » 卒業制作講評会

学校ブログ

卒業制作講評会


2月18日に卒業制作の講評会が行われました。

今年度の講評会では当研究所教員4名
DSCF8395.JPGDSCF8674.JPG
0000.jpgDSCF8614.JPG

ゲスト講師に東京芸術大学教授でアーティストの日比野克彦さん

DSCF8596.JPGのサムネイル画像

武蔵野美術大学教授でガラス作家の大村俊二さんをお招きし講評していただきました。

DSCF8391.JPG

今年度から会場が富山市ガラス美術館になったことで、搬入前から何度も話し合い打ち合せをし、シミュレーションを重ねてきた2年生。
作品制作以外の準備にも多く時間を取られる中、ひとりひとり手を抜くこともなく頑張って制作していました。

DSCF8429.JPGDSCF8783.JPG
DSCF8641.JPGDSCF8654.JPG

ひとり20分という短い時間で自分の伝えたいことを全部伝えるのはとても難しいです。
コンセプトを完結に分かりやすく話すことも大事です。

DSCF8707.JPGDSCF8849.JPG
DSCF8798.JPGDSCF8884.JPG

発表する学生にも講評する先生方の言葉にも自然と熱がこもり、終始心地良い緊張感が会場に満ちていました。

DSCF8865.JPG

研究所での2年間(或いは4年間)で学んだこと、経験したことを次の制作へ活かせるようにこれからも制作を続けていって下さい。
やっと終わった卒業制作ですが、ようやくここからがスタートです!!
とりあえずお疲れさまでした!!!(W)

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.