HOME » 学校ブログ » 授業 » 2014 工芸史

学校ブログ

2014 工芸史


今日は今年度最後の工芸史の授業がありました。

水田順子先生による、ガラスの起源から現代の作家にいたるまで幅広く学ぶことができる授業です。
今年は研究所始まって以来、初となるSkype授業を行いました。
DSCF0274.JPG
DSCF0275.JPG

教室の正面にスクリーンを設置し、水田先生の準備して下さったスライドを順を追ってみる内容です。
水田先生も初の試みに最初戸惑った様子でしたが、すぐに慣れ、学生が理解しやすいよう、丁寧に授業を進めて下さいました。
学生も先生のお話を聞き入っていました。

DSCF0278.JPG

DSCF0280.JPG
DSCF0279.JPG

画像や音声に違和感は無く、お互いの顔を見ながら授業が出来たことはとても興味深いことでした。
TIGAには毎年、数多くの外国人作家が訪れます。デモンストレーション、ワークショップ、レクチャー等様々ですが、こういったSkypeを取り入れた授業が増えるとより海外との交流の機会が増えるでしょう!楽しみですね!

今年ももうすぐ終わりますが年があければ卒制やグループ展が待っています!
ラストスパートに向けて気合い入れていきましょう!

良い年末を!(Y)


コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.