HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春ワークショップ7日目(最終日)

学校ブログ

春ワークショップ7日目(最終日)


とうとう今回のワークショップも最終日となりました!
一目で研究所のスタッフだとわかる服装でエイドリアンさんを空港にお迎えに行ったのが昨日のように感じられますね。
名残惜しさを感じながら最終日スタートです!

今日はいよいよ昨日まで制作してきた型の内部からWAXを溶かして抜き取る作業(脱蝋)のデモンストレーションから始まりました!
今回の脱蝋は水蒸気を使ってWAXを溶かし出します。型をとろ舟にセットした台座の上に並べて置き、圧力鍋で水蒸気を型の内部に吹き付けていきます。
このとき、保温をするためにカバーを被せて熱の逃げを防ぎます。

並べて置きます非常に重いのでここはショーンさんの出番!   中の黄色い部分がWAXです。この部分を溶かしていきます。
DSCF3989.JPG
DSCF3983.JPG
型穴の中心のこのホースがくるようにして固定します。     断熱材を被せるとこんなかんじ。かなりしっかりと被せて熱の逃げを防ぎます。
DSCF4008.JPG
DSCF4043.JPG
   3〜4時間待ちます。交代制で火の番をします。
DSCF4075.JPG
ここからは学生の制作!
外型に強度を持たせる「キャスタブル」を混ぜる作業、水と石膏とキャスタブルを混ぜます。セメントを作る作業と似ています!
配合を間違えると強度が落ち、石膏型に塗りにくくなったりするので学生は間違えないよう必死です!

粉が舞うので屋外での作業。晴天に恵まれております。      煙っていますね。
DSCF4076.JPG
DSCF4078.JPG
  初めての感触に思わず...
DSCF4106.JPG
                                                    目盛りの読み違えが無いか3人でチェック!
DSCF4091.JPG
一方、会議室ではスライドレクチャーが開かれました。一般の参加者も見受けられ、エイドリアンさんの作品や制作プロセスなど、皆さん興味深く聴講されていました。
DSCF4108.JPG
DSC02654.JPG



学生の制作は続きます。 ペタペタと固まる前に塗り付けます。この作業は素早くしないとガチガチに固まってしまうのです。       
DSCF4113.JPG
DSCF4116.JPG
さて、一方デモンストレーションは脱蝋が終わったため保温カバーを外し、次の工程に移ります。
中でドロドロに溶けたWAXを全て流し出します。このとき、型、WAXとも熱くなっているので要注意です!厚手のゴム手袋必須です!
DSCF4121.JPG
DSCF4136.JPG
DSCF4146.JPG
DSCF4126.JPG

















全部流し出したら内部をきれいに水で洗い流します。その後は型に詰めるガラス量を計算します。これを誤るとガラスが足りなかったり、多すぎたりするので注意が必要です。

ゴミが残るとガラス作品にそのまま残る...なんてことも。豪快に水で流します。     水を使って正確に計算します。
DSCF4167.JPG
DSCF4188.JPG
最後のデモンストレーションはWAXのリサイクル法です。リサイクルできる物は何でもリサイクルして丁寧に使います。
水を含んだWAXを鍋で煮立たせ、少し時間を置き、水とWAXが分離したタイミングを見計らって小分けの容器に移します。
固まるまで待ったら完成!

トロ舟一杯WAX。凄い量です。                                 上澄みを掬ってトレイへ。
DSCF4210.JPG
DSCF4258.JPG
そしてついに....
全てのデモンストレーションが終了しました!!
原型作りからWAXがけ、中空吊り中子からキャスタブル補強。全ての工程を丁寧にわかりやすく教えて頂いたエイドリアンさんにTIGAから盛大な拍手が送られました。エイドリアンさん、お疲れさまです!
DSCF4281.JPG
ですが!
息つく暇も無く、今からフェアウェルパーティー!感謝の気持ちを込めてパーティー開催!
DSCF4315.JPG
忙しい合間を縫って料理の準備をしてくれました!ありがとう!        毎年恒例、流しそうめん!エイドリアンさん、とても喜んでくれました!
DSCF4309.JPG
DSCF4333.JPG

















みんな楽しそう!左の彼女は司会進行役!着物姿で日本をアピール!気合い入ってます!記念にサインT-シャツ!にやにや。
DSCF4355.JPG
DSCF4359.JPG
最後は皆で夏先取りで花火!
S谷先生が一番はしゃいでいました!
DSCF4369.JPG
最後はライトを使ってサプライズ!ぶっつけ本番のわりに上手にできました!
『Thank you!! Adrianne♡』
P1019644.JPG
P1019645.JPG
2014年春ワークショップも今日で無事終了しました!
ハイレベルな型取りと初めて見る技法や意外な道具の使い方に目から鱗の一週間でした!
研究科や2年生はもちろん、ガラスを勉強しはじめて2ヶ月の1年生も必死になって学びました。入学から2ヶ月...あどけなかった表情はみごとに、もの作りに携わるヒトの顔に変わっていました。これには感動。感涙。学生の皆さん!この経験を活かし、制作に邁進しましょう!
エイドリアンさん、素晴らしい1週間をありがとうございました!またお会いできる日を楽しみにしています!

Thank you Adrianne!!  We hope We can see you again sometime soon!! 
DSCF3008.JPG

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.