HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春ワークショップ3日目

学校ブログ

春ワークショップ3日目


さて!始まりました!ワークショップ3日目!
今日は昨日に引き続き、粘土原型の制作からスタートです。粘土で中子(内側の空洞部分を作るための型)の原型を作ります
DSCF3155.JPG

*"内側と外側の形をデザインする"ということで学生の皆さん、個性的な原型を制作しました。
今日は粘土原型の制作、WAXがけの行程まで進まなくてはいけません。皆さん真剣です。

DSCF3384.JPG
DSCF3158.jpg

*制作の合間にエイドリアンさんのデモンストレーション。
前日のデモで制作したWAX型の中にある粘土を掘り出し、WAXの表面を「アラカン」や「女性用ストッキング」、「シール剥がし液」などを使って滑らかな表面に仕上げていきます。思いもよらない道具の登場に学生も興味津々です。


粘土掘り出し作業。                                     「アラカン」で余分なWAXを削ります。
DSCF3206.JPG
DSCF3182.JPG

豪快に粘土を洗い流します!                      水しぶきにも変わらぬ笑顔で。
DSCF3241.JPG
DSCF3249.JPG


*学生もWAX作業を進めます。
粘土原型に刷毛を使ってWAXを塗って覆っていきます。初めての経験で戸惑いながらも楽しみながら制作をしています。
ガラスになるのが楽しみです。 
DSCF3367.JPG
DSCF3356.JPG
DSCF3327.JPG
DSCF3285.JPG
*湯口の制作
湯口の原型を粘土で作り、石膏をかけてWAXに置き換えます。
湯口図                                  H先生も湯口石膏がけ。先生、助手、総出でサポートします。
DSCF3175.JPG
DSCF3360.JPG

*湯口取り付け
本体に湯口を取り付けます。本日の行程はここまで。明日からはいよいよ石膏がけです。
40人が同時にWAXをかける作業は圧巻でしたが、石膏がけの作業はどうなることでしょう!?楽しみです!
DSCF3433.JPG
DSCF3444.JPG
学生の皆さん、明日は防塵マスクを忘れずに!(Y)

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.