HOME » 学校ブログ » 授業 » 2013年度 後期講評会2日目

学校ブログ

2013年度 後期講評会2日目


今日は、後期講評会2日目!!

今日も造形科一年生の講評からスタート!!
DSCF0924.JPG  DSCF0931.JPG


こちらの学生は、ガラスのテディベアを制作。
首を取る事が出来るという事で、中神先生がもぎっと。
緊張感のある講評会ですが、時には笑いも起こり和やかな雰囲気になる事もあります。
DSCF0947.JPG


こちらの学生は、休憩時間に最後のチェックをしているようですね〜
DSCF0982.JPG


学生の中には、展示スペースの都合上、
出せない作品がある学生もおり、この学生は、そんな作品を動画で紹介。
DSCF1018.JPG


造形科の講評が終わり、
午後からは研究科の講評です。
研究科の学生達は、今回の講評会を自身の展覧会としてとらえており、
各自、展覧会のDMを作成してきました。
DSCF1036.JPG


研究科の学生は、造形科と違い、課題で制作したものを発表するのではなく、
各自が進めている研究内容を発表するという形式になります。
こちらの学生は、板ガラスを用いて作品を制作してきました。
DSCF1047.JPG


別の学生は、大きな木の箱を作ってきました。
中から羊の臭いがするらしく、本郷先生もクンクン。
DSCF1105.JPG


先生方の一言一言を噛み締めるようにみんな聞いています。
DSCF1142.JPG


最後に、村田さん、神代さん、渋谷先生に総評をいただき、
後期講評会も終了となりました。
村田さん、神代さん、お忙しい中本当にありがとうございました!!
DSCF1150.JPG DSCF1163.JPG
DSCF1172.JPG


いっぱいダメだしをされた学生、自分で思っていたよりも好評だった学生、
みんなそれぞれだと思います。
ですが、大事なのはこれから。
今回の講評会で得た経験、この一年間で得た経験を二年生になって活かしていってもらいたいです。
とりあえず、今はみんなお疲れ様でした!

月曜からのメンテナンスも頑張りましょう!!(G)



コメント(0) 授業,日々

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.