HOME » 学校ブログ » 授業 » HOT1 講評会

学校ブログ

HOT1 講評会


 2月6日は1年生最後のホットワーク授業の講評会が行われました。
DSC05565.JPG
DSC05590.JPG
DSC05546.JPGDSC05593.JPG
今回の課題は「五感」ですが、例年とは少し違った方法で課題に取り組みました。

 まず、全員がくじ引きをします。
中身は「視覚」
     「聴覚」
     「触覚」
     「味覚&嗅覚」 の4種類です。
くじの結果をもとに一人一人が作品のアイデアを考えてきます。今回制作するチーム分けもこれによって行われました。

 次の週、考えてきたアイデアをチーム内で交換します。ここで一旦ふりだしに戻りました。
「このアイデアの面白いところは?」「どうしてこれを作ろうと思ったの?」
などお互いにインタビューをしてアイデアを展開させるための情報を集めて整理します。
そして翌週に自分の作品プランとしてまとめたものを提出して、いよいよ制作開始です。


 そろそろ入学して1年。様々な技法を学んできました。
課題を通してリサーチも重ね、たくさんの作家や作品についても知ることができました。
自分が何に興味を持って、どんなことをガラスでやろうとしているのかも少しずつ見えてきているようです。
 その見え始めた自分らしさに満足せずに、もっともっと新しいことに挑戦して自分の引き出しを増やしていこうというのがこの課題のねらいです。

DSC05548.JPG
DSC05564.JPG
DSC05572.JPG
DSC05579.JPG
DSC05587.JPG
DSC05559.JPG
 交換した人のアイデアに共感できずに苦しんだ学生もいたようですが、良い経験になったのではないでしょうか。
来週以降は卒業制作展や後期講評会と続くなかで、人の作品を観る機会がたくさんあります。ぜひ、自分ならどうするかを考えながら観てみてください。そして今後に向けてどんどん引き出しを増やしていきましょう。(A)

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.