HOME » 学校ブログ » ワークショップ » ワークショップ2日目

学校ブログ

ワークショップ2日目


2日目はホットショップで、ヘレンさんのデモンストレーションから始まりました。
昨日のブログでも紹介したように今回は学生に断面がひらがなになるような形を作るという課題が出ています。ヘレンさんがどんな感じかをやってみせてくれました。作ってくれるのはこれ!
 「A」と「Z」だけではありません。「&」もいれて3つの文字をつくります。

IMGP3113.JPG











IMGP3117.JPG
 このように制作手順がわかるようなテクニカルドローイングも準備されています。これがあることで効率的に作業をすすめることができます。今回はグループワークなのでアシスタントにとっても重要です。次にどんなことをするのか明確になります。
 昨日はスライドレクチャーの他に、黒板へ書きながら説明をしてくださいましたが、実際に制作のプロセスを見せてもらうことでよく理解できました。



 そして今回は最後にみんなが作った文字を、すべて並べて展示するのでサイズも重要です。
ヘレンさんもパスで測りながら、ドローイングを当てながら、シビアに大きさの調整をしていきます。学生のみんなも「だいたい・・・」ではなくしっかりサイズを意識して制作してくださいね!!

IMGP3163.JPG












IMGP3140.JPGIMGP3191.JPG
 左側がA、右側が&です。これを切断すると文字が表れるはずです。楽しみですね。


 デモンストレ―ションのあとは学生のブロータイムです。
昨日の午後に学生全員の「利き目」「利き足」「利き手」を調べました。「利き手」は自己申告ですが、「利き目」「利き足」については自分がどちらなのかわかっていない学生がほとんどです。ヘレンさんの独自の方法で調べた結果をもとに午前の残り時間はちょっと変わったブローをしました。
 今日、挑戦するのは「利き目」を隠した状態でのブローです。15分で出来るシンプルな形をいつも通りに作ってみたあとで、「利き目」を隠して同じように作ってみます。さぁ上手くできるのでしょうか?学生オリジナルのアイパッチにも注目です。
IMGP3575.JPG

IMGP3241.JPG
 いつもは上手にブローする2年生や研究科の学生もポンテが中心につけられず、まわりから「ずれてるよ〜」「もっと右!」など声をかけられて苦笑い。難しそうですね。



 引き続き、午後は「いろはプロジェクト」です。このワークショップでは全学生が4つのグループに振り分けられています。1グループが約10人、造形科1年生も2年生も、研究科も混在したグループです。むずかしい文字を担当する学生は友達に相談しながら作り方を検討していきます。経験がない形も上級生のサポートによって完成させることができました。
IMGP3253.JPGIMGP3302.JPG
IMGP3369.JPGIMGP3518.JPG
 ちなみに学生はこのように文字を作ろうとしています。
IMGP3308.JPGIMGP3434.JPG 「ま」と「ふ」のドローイングです。わかりやすいですね。成功を祈ります!

 朝晩の涼しさに秋を感じる富山ですが、今日のホットショップは暑かったですね・・・
今日の富山の最高気温は31度。そんな中みんながんばりました!!
でも明日の予想最高気温20度だそうです。そういえば風邪気味の人もチラホラ。ワークショップはまだまだ続きます。体調管理をしっかりして最後まで楽しみましょう。(A)




コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.