HOME » 学校ブログ » 基礎造形・平面

学校ブログ

基礎造形・平面



 今日は金曜日です。
造形科1年生は毎週金曜日の午前に西先生の「平面」、午後は加治先生の「立体」という基礎造形の授業があります。今日は平面の授業を紹介したいと思います。

第1課題 「ガラス製品」「調理器具」「衣類」「紙製品」を構成して描く。

 4月19日からスタートしたので全部で6回、授業時間では18時間となりますが、どれだけ時間をかけるかは人それぞれです。学生は自分で選んだ4つのモチーフを机の上に並べて描きはじめました。

 一般的にはデッサンの授業といえば、静かな教室でみんな黙々と鉛筆を動かしているというイメージですが、西先生の授業はちょっと違います。
ある朝、先生は紙コップを配り始めました。モチーフの追加??みんなが戸惑っていると・・・
「今描いているモチーフをこれに描いて下さい。質問は受け付けません。」と笑顔の先生。15分程して1人ずつの机をまわっていきます。

DSC01143.JPGDSC01157.JPG
底に描いたり、潰したり
DSC01158.JPGDSC01147.JPG
広げてみたり、モチーフのトイレットペーパーに見立てて穴!まだ緊張感の残っていたこの時期にみんな少し肩の力が抜けたようです。


DSC01139.JPGDSC01544.JPG
 それから、毎週たくさんの本を持ってきて紹介してくださいます。
先生が「見て!見て!すごいでしょ」「わぁ〜素敵よね」とみんなの方にペラペラとめくって見せると、1人、2人と教室の前に集まってきます。先生が絵の解説をしてくれるだけではなく、学生にも感想を求めます。その内、ほとんどみんな席を立って授業の後半はこんな感じです。
DSC01384.JPGDSC01537.JPG
 

DSC01553.JPG
そしてまたある日は

先生がご自分のバックから細かいものを次から次へと
取り出します。

緑色の絵の具が数本と化粧品?

女性の方はお分かりだと思いますが

化粧下地
ファンデーション
パウダー です。

化粧下地はピンク、紫、グリーンなどの色が販売されています。先生が普段使っているのはグリーンだそうです。






実はこの前の週にミケランジェロの人物画について説明をしてくださったのですが、
このミケランジェロの肌の下地もグリーンなんです。透明感のあるツヤっとした肌を表現することができます。
DSC01924.JPG













 西先生は本当に知識が豊富で毎回毎回、色んなお話をしてくれます。最近のニュースや読んだ本、観てきた展覧会のこと、映画やお笑い芸人のネタについて 等々。
そして時々、唐突に質問が投げられます。「今日、朝起きてからここに来るまでに何をしたか言ってみて」「折れるカッターの刃を開発した人はどうやって思いついたと思う?」「高岡の古城公園にいるヤマアラシの名前知ってる?」(正解はゆきちゃんとさっちゃんだそうです。)このようにしてみんなの脳みそを色んな角度から、色んな方法でもみほぐしてくれるのです。
 長くなりましたが、今日は講評でした。西先生の楽しいお話に耳を傾けながら、みんながんばって描き上げました!
DSC02439.JPGDSC02454.JPG
DSC02465.JPGDSC02460.JPG
 来週からは第2課題「色彩の研究」です。


 そして、授業が終わったと思ったらTIGAギャラリーに西先生の姿が!

DSC02469.JPG
2年生や研究科生(時には卒業生も)が造形科1年生の教室外で先生の出待ちをしてることがあります。みんな先生と話したくて待っているんです。この日は造形科2年生が「ぜひ観て下さい!」声をかけにきました。コールドクラスの作品が並んでいます。時には夕方まで学生の話に付き合って下さることも。西先生、いつも遅くまでありがとうございます!!(A)

コメント(0)

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.