HOME » 学校ブログ » 活躍する卒業生とキルンクラスの素焼き

学校ブログ

活躍する卒業生とキルンクラスの素焼き


今日は造形科2年生キルンクラスの様子を覗いてみました。で、まずは2週間前に校外授業で行った富山駅すぐそばの樂翠亭美術館の写真。研究所卒業の岸本耕平さん、小島有香子さんの展覧会が企画展と併せて開催されていました。
Today we see kiln work class of 2nd year students, and 2 weeks ago we went to Rakusuitei Museum in Toyama where is close to Toyama station. The Museum have been hold two exhibitions of glass artists who is graduated TIGA, Kohei Kishimoto, Yukako Kojima with special exhibition.
KC3V0055.jpg

写真左はやはり卒業生で、この美術館でキュレーションもしている山本珠希さん。企画展も丁寧に解説してくれたり、織りの作品等も少しだけ触れさせてもらったり、本当にありがとうございます。質の高い充実した作品だけでなく、活躍する卒業生の様子に学生の皆も凄く刺激を受けた様子でした。
She is also graduated student of TIGA, Tamaki Yamamoto. Working as a curater of the museum.
She guided us the museum and the exhibitions. Students were encouraged by not only great works, also great alumnae.
KC3V0069.jpg

そして今日はサブ課題のブルズアイを使ったフュージング作品の窯出し。以前、ワークショップをして頂いた近岡さんに教えて頂いたメソッドを実践してみます。うまくフューズされたみたい。
Today, we take out fused glass from the kiln, and this method was taught from Chikaoka-san who is  glass artist coming to TIGA before. 

P1060142.JPG

スランプ用の素焼きの型もこのとおり!割れもなく綺麗に焼き上がっています。これも近岡さんが教えてくれたんです。耐火石膏型と違い、何回も使う事ができるので卒業後も使えますね。今回のサブ課題は卒業後作家として活動する上で有効なクラフト作品への展開を経験してもらうもの。少しずつ将来を考える時期になってきてますね。(T)
Also we fired ceramic molds of slumping, and you can see it! Beautiful! This method is also Chikaoka-san introduced for us. You can use this mold many times compare to plaster mold. Students can use it after graduation, also it must be very helpful for making craft work. 
P1060170.JPG

コメント(0)

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.