HOME » 学校ブログ » お知らせ・ニュース » COLD2いざ発電所美術館へ!!

学校ブログ

COLD2いざ発電所美術館へ!!


今日は、みんなでお出かけ!!
と、言っても遊びに行く訳ではありません。
昨日、今日と、以前ブログの方でお知らせしたラダ先生の展覧会の展示をしに
発電所美術館へと、コールドクラスのみんなで行ってまいりました!

2012_0108_170851AA.JPG
着いてそうそう、高い所でハシャイでますね〜
普段は、作品を観賞しに来る美術館。
今回は、展示をするという事で、普段では入れない所、
見れない部分を見る事が出来、みんなテンションが上がってます。

2012_0108_191238AA.JPG
こちらでは、何やらせっせと作ってます。
ガラスではないようですが...
2012_0108_230616AA.JPG
午前中から作業を始めて、気がつけばもう夕方。

2012_0109_004434AA.JPG
そして、2日目!!
みんなで集まって、展示についての意見を交換する事も。

2012_0109_201453AA.JPG
展示も終わり、みんなで最終チェック!!
2012_0110_001327AA.JPG
どんな作品が、展示されているのか分からないよう書かせていただいたので、
少し分かりにくいブログになってしまい申し訳ございません。
どのような作品が展示されているのか、少しでも気になる方は、
是非、ご自身の目でお確かめ下さい!
ラダ先生、玉分昭光さん、宮田裕美詠さんの作品はもちろん、
コールドクラスのみんなで作った作品も、素晴らしいものになっております!!
皆様のご来場、心よりお待ちしております!!(G)
2012_0110_002007AA.JPG

garden そこに在るものと関わること


会期

2012年5月26日(土曜日)~7月29日(日曜日) 

内容

 水と自然に恵まれた入善町にある、かつて発電所として機能していた美術館。そこで、創作ジャンルの異なる3人の作品を展示します。

 玉分昭光は「緑」や「過去」との対話や関わりを近年のテーマに版画や絵画を、ラダ・セメツカは「自然との関わり」をテーマにガラスの大きな器を、宮田裕美詠はいつも身近に存在した植物をテーマにグラフィックデザインを、それぞれ創作してきました。

 「まるで庭みたいだね」。テーマを話し合っているときに、ある一人からでた言葉です。多くの作家がそうであるように、少なくともこの3人が生み出すものは、何かとの「関わり」が根底にあるといえます。今回の展示では、「関わること」そのものをテーマにした新作に加え、過去に創作した作品も展示します。当館リニューアル前の最後の企画、この3人が集う「庭」にどうぞあなたもおこしください。

開館時間

午前9時~午後5 (入館は午後430分まで)       

会期中の休館日

528日(月曜日)

64日(月曜日)、611日(月曜日)、618日(月曜日)、625日(月曜日)

72日(月曜日)、79日(月曜日)、717日(火曜日)、723日(月曜日)

 

定休日は月曜日。ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日が休館となる。

祝日の翌日が休館日。ただし祝日の翌日が土日となる場合は開館する。

 

入場料

一般500円、高・大生300円、中学生以下無料

(団体割引:一般400円、高・大生200  10人以上の場合)

主催等

主催:公益財団法人 入善町文化振興財団


入善町 下山芸術の森発電所美術館

939-0631富山県下新川郡入善町下山364-1

TEL/FAX(0765)78-0621

g_a4_web.jpg

コメント(0) お知らせ・ニュース

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.