HOME » 学校ブログ » 授業 » 基礎造形/平面

学校ブログ

基礎造形/平面


今日は造形科1年生、平面(基礎造形)の授業をご紹介。

この写真は前期の様子かな?鉛筆デッサンの様子ですね。
「モチーフを様々な角度から観察し、描写しながら物が持つ要素についての認識を深める」
というもの。デッサンは上手く描けるようになる事が最終的な目的ではないんですよね。
物事の本質に迫るという事なのかな、うーん、奥が深いです。

研究所に入学して、初めて作品作りをする人はここで造形の基礎を学べるんですね。
経験者には、もう一度土台を見つめ直すチャンス。

Today let's introduce you the 2D class of foundation for 1st year students.
These photos are from a subject of 1st semester, "Drawing".

It is first time to draw for some students, so it'll be good learning basic skill of arts. 
And also good for some students who have experience, learning again. 
Actually, the aime of drawing is not to draw looks like copy, more important thing is
to watch object or thing carefully, deeply, and to find out the essence.

P1040700.JPG
P1040702.JPG

そして後期に入って最初の課題は「抽象形態への発展」。今回はデッサンではなく、表現も自由。
抽象ってなんだろう?既に定義された言葉ではなく、学生自身が、感じる、思う、
抽象を上げていきます。そして一つの言葉が、別の言葉を想起させどんどん繋がっていきます。


そして、ほとんど無限に繋がっていきます!知らなかった自分の一面を引き出される人も。
担当教員の西先生は、学生の引出しを増やして、可能性を広げているんですね。

And now 2nd semester, the 1st subject is "Development for abstraction",
and the way of expression is free. What is "abstract ?" Students try to think about it with own word,
without the sentence from the dictionally or textbook. 

and this is the key point of this class. Mis. Nishi Haruko who is the teacher of this class is
trying to make students to realize own potential and many possibility. 


P1050284.JPG
今までの卒業生の中には、この授業で発見した物やテーマを卒業制作に繋げていった人も。
気付いていない学生もいるけど、後々の大きなきっかけが隠れている事も多い授業なんですね。

Some graduated students found the theme in the class, and developed to the graduation work.
And now some student don't know yet, but there are many hint hiding in this class.


P1050286.JPG

決して展開の早い授業ではないですが、「物事の本質を見つめて、自分自身を発見する」、
手を動かしながら、そんなことを皆やっているように思えました。(T)

Not so speedy class, but everyone is trying to watch only object but also themselves deeply,
with making or drawing something.

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.