HOME » 学校ブログ » 授業 » 1年生 キルンワーククラス講評

学校ブログ

1年生 キルンワーククラス講評


今日は一年生のキルンワーククラスの講評会。(工程は前回のブログにてご紹介しました)
今回の課題は、「"形態"をテーマにキャスティング技法を用いて制作」というもの。

作品をいくつかご紹介。

Today, we have the critique of Kiln work class for 1st year students.
To make three dimensional shape using kiln-casting technique.
Let's see some works,

P1050488.JPG
荒削りだけど力強い作品や、
it looks unrefined but strong,
P1050489.JPG
ユーモラスな形の作品、
humorous shape,
P1050491.JPG
ガラスの光を透過する性質を活かした形態、
using the effect of transparent, 
P1050495.JPG
紙や針金のモデルから発見した自分が心地良く感じるラインや面を立体にした作品などなど、
磨きや仕上げはまだ途中のものも多いけれど、他にも多数の力作が並びました。

渋谷先生のコメントも真剣です。
学生同士でも貴重な意見が出てきます。普段、お互いの作品をよく目にしていても、展示されると気づかなかった
事が沢山見えてくるから不思議です。
Some students made the shape from the model which is made by wire, clay, paper, and found interesting lines and form.
They find many new things that they couldn't notice before exhibiting works on the pedestal.
So it's really good time to have exchange of ideas and opinions for students. Everyone is very serious.  

P1050487.JPG
他のクラスの課題もあり、講評の時期が重なる事も多く、非常に忙しい造形科1年生。やりきれた人も、
やりきれなくて悔しい思いの人も。でもそれぞれが自分の中から絞り出した形は力強く、魅力的です。
出来たところには自信を持って、出来なかったところは今後も研鑽して、厳しい事をいわれた人も、
必ずここを乗り越えたら力がつくと思います。ネバーギブアップ!(T)
1st year students are so busy to have many classes and subjects. So some students couldn't finish to make work, and have a regret.
But, we could see a lot of effort and many good points from their works. So I want to say "Please have a confidence, and have more effort for achievement. You can do it!."



コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.