HOME » 学校ブログ » 授業 » 材料学

学校ブログ

材料学


今日は土曜日、というのに学生が全員来ていて何やら講義を受けています。
特別講義かな?

 d0147058_111212.jpg

ではなくて、専門講義の材料学です。講師の先生は旭硝子に長年勤められ、ガラスの研究を
されてきた河口年安先生です。

 d0147058_1142941.jpg

内容は、「ガラス特有の性質について、各種化学成分の影響も取り混ぜ、ガラスの原子的配列との
関わりを知り、また、ガラス原料、溶融、成形、加工についての基礎、及び代表的工業生産の
ガラスの特徴と製作技術を概説する」というもの。講義は何日かに分けて行われます。

 d0147058_11163827.jpg

 d0147058_11172891.jpg


今日の午前中は強化ガラスの話。イオン交換法、風冷強化法、歪みや応力、といった
普段聞き慣れない言葉がたくさん出てきます。

 d0147058_1185199.jpg

おや!一生懸命聞き入る学生に混じって、G助手の姿が!そうなんですよね、
難しい内容ですが、科学的にガラスの性質を理解出来るから実はすごく面白いのです。
講義の内容が全部分からない学生さんもいると思いますが、後できっと役に立ちます。
卒業後制作を続けていけば、きっと後で「あの時、先生が言っていたのはこういう事か!」
となる人も多いはず。

普段の制作で発見したガラスの表情や現象、疑問に思った事等、様々な事について
学生から質問が尽きません。僕もじっくり受けてみたい授業の一つです(T)

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.