HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 2011ワークショップ一日目!!

学校ブログ

2011ワークショップ一日目!!


いよいよ今日から、みんなが待ちに待ったワークショップが始まりました!
今回は、ガラスデザイナー/アーティストとして、ヨーロッパを中心に世界各地で
活躍されている、ロニー・プレッスル氏をお招きして、一週間のワークショップを
行っていただきます。

d0147058_18233958.jpg

こちらが、ロニーさん。渋いですね〜。大人の魅力が溢れています。

d0147058_18252343.jpg

まずは、スライドレクチャーから。
こちらがロニーさんの作品。見た目の美しさだけでなく、手に持ちやすいという
機能性も兼ね備えたデザインになっています。

d0147058_18333641.jpg

こちらの作品も美しいです。

d0147058_18364631.jpg

こちらの作品は、一見普通にカットがほどこされているように見えますが、
実はこの作品、外側でなく、内側にカットがほどこされているんです!
内側にこれだけ均一のカットをするには、すっっっごい技術が必要なんです!
ちなみに、ロニーさん自身はデザインだけをする事が多く、制作自体は職人さんに
頼む事がほとんどらしいです。
職人さん凄すぎます...

d0147058_18455456.jpg

ロニーさんは、独自の制作だけでなく、企業の商品のデザイン等も手がけています。
こちらもその一つ。

d0147058_2125476.jpg

こちらは、ロニーさんが教えている学生さんの作品。
ロニーさんは、チェコのプラハアカデミーで教鞭もとられていて、
チェコの学生さん達の作品も多く見せて頂きました。

d0147058_21284588.jpg
d0147058_2129627.jpg

プラハアカデミーは、6年生で日本の大学と大学院を合わせた感じですね。
ここには、載せきれませんが、みんなレベルがめちゃくちゃ高い!
学生にはとても刺激になった事でしょう。

d0147058_21313397.jpg

スライドレクチャーのあとは、SS先生による型吹きのデモ。
型吹きとは、木や金属で作った型にガラスを吹き込んで、成形する技法です。
今回のワークショップでは、木型を使って学生達に型吹きの技術習得と、
型で作ったシンプルな形に、どのようにデザインを加えていくか、というような
課題が出ています。

d0147058_21364758.jpg

こんな感じで、熱いガラスを吹き込んでいきます。
簡単そうに見えるかもしれませんが、これがとても難しいんですよね〜
明日から、学生のみんなもやっていくんですが、うまく出来るかな〜...

d0147058_21393776.jpg

デモも終わり、夜はロニーさんのウェルカムパーティー!

d0147058_21404929.jpg

みんな腹ぺこだったのか、われ先にと、がっついてますね〜
ロニーさんが食べられないじゃん!
ロニーさんの分もちゃんと残しといてね。

d0147058_2146054.jpg

最後はなぜか卓球大会に。
ロニーさん、卓球めちゃくちゃうまいんです。
すごい人はなにをやらしてもうまいんですね〜
明日、みんな筋肉痛になってなきゃいいけど。

明日からは、本格的に作業に入っていきます。
どんな一週間になるのか楽しみです!
みなさんもお楽しみに! (G)

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.