HOME » 学校ブログ » 授業 » 毎週月曜日。

学校ブログ

毎週月曜日。


研究所では前期の間、選択授業が行われています。

選択授業とは造形科の学生を対象に、ステンドグラス、バーナーワーク、ジュエリー、金属加工の
4つのクラスの中から、自分の興味のあるクラスを選んで受講する授業なのです。

今回はその中からバーナーワークの授業の様子をご紹介!!

バーナーワークとは読んで字のごとく、バーナーを使ってガラスを溶かしながら制作する技法のことです。
みなさんもトンボ玉などご存知ではないでしょうか?
小さい世界に、とても密度の高い世界を表現できるのがバーナーワークの特徴です。
d0147058_16895.jpg

おっと!バーナーブローに挑戦している学生が!
小さい吹きガラスのようですよね。簡単そうに見えますが、これがなかなか難しいのです。
でもでも練習の成果!ぐんぐん上達しています。

d0147058_1645933.jpg

そしてこちらは酸素バーナー!
より高温の炎が出るこちらのバーナーでは、キッチン用品などでお馴染みの耐熱ガラスを溶かすことができるのです。

d0147058_16131397.jpg

高温のガラスはオレンジ色に発光し、なおかつ炎の光も吸収し、ガラス全体が光っているみたい。
制作途中も、とても美しいです。

このバーナーワークのクラスを教えて下さっている先生はというと、、、松島巌先生です。
岡山から富山まで片道5時間かけ、はるばる教えに来ていただいてます。(本当にありがとうごいます!)

d0147058_16182122.jpg

こちらはその松島先生がデモンストレーションで制作した作品の数々。
コアガラスという古代の技法に魅せられ現在まで制作してこられた先生ならではの作品です。

来週は先生がコアガラスのデモンストレーションを見せてくれるそうです!
今から楽しみです!!(K)

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama Institute of Glass Art" All Rights Reserved.