HOME » 学校ブログ » 2019年11月

学校ブログ

学校ブログ [ 2019年11月 ] アーカイブ

先日行われました特別講義をご紹介します。


講師は、21_21desin sight アソシエイトディレクターの川上典李子さんです。

20191111-1.JPG
2191111-2.JPG
20191111-3.JPG
左から深澤直人氏、川上典李子氏、三宅一生氏、佐藤卓氏(21_21desin sightのディレクターの方々)

21_21desin sightはデザインのためのリサーチセンターであり、デザインについて考える場所であり、ものづくりの現場だそうで講義を聞くなかでも、常にアップデートされている美術館という印象でした。


20191111-4.JPG
20191111-5.JPG
(過去の展覧会ポスターの一部)

21_21desin sightでで様々な展覧会のディレクションを行うなかで大切にされている想いや、
関わる人々のどのような想いで21_21desin sightが成り立っているのかなど、とても貴重なお話を聞くことができました。


20191111-6.JPG
(デザインあ
20191111-7.JPG
20191111-8.JPG
(過去に行なわれた「Pet lampに見る活動のデザイン展」の様子)

廃棄されたペットボトルを用い、コロンビアとチリの伝統的な素材と手法で編み上げられたランプシェード。

20191111-13.JPG
(チョコレート展)



講義の中で、過去に行なわれた展覧会について、川上さんならではのお話をしていただき、

その内容は「社会でのアートの役割」や「大切にしなければならない信念」、「これからアートはどうなって行くべきか」など、

私たちにとても重要なポイントとなるキーワードをたくさん教えていただけた内容でした。

多岐にわたる、お話をお聞かせいただき本当に勉強になる講義でした。



川上さん、ありがとうございました!!


(An)

コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

国内外で活躍されている陶芸家の秋山陽 氏に特別講義を行なって頂きました。


2019_10.28_1.JPG


今の技法を始めたきっかけや、現在の作風に至るまでの経緯などを、

作品画像をご紹介頂きながらお話しいただきました。

2019_10.28_2.JPG
今の技法を始めた頃の初期の作品

2019_10.28_3.JPG

2019_10.28_4.JPG

2019_10.28_5.JPG
現在の作風に至るまでに、いろいろな造形や表現方法に取り組まれていました

2019_10.28_6.JPG

2019_10.28_7.JPG
器の形状を意識した作品も作られていました。

2019_10.28_8.JPG
野外に設置された作品も。大きいです!

2019_10.28_9.JPG

2019_10.28_10.JPG
中型の作品とのこと。それでも大きいですね。

2019_10.28_11.JPG
こちらは、内側にロクロを繰り返し引いて作られた作品。

2019_10.28_12.JPG
こちらの作品にはお花を生けて頂いたことがあったとのこと。

2019_10.28_13.JPG
ロクロ技法と組み合わせて作られた作品。
面白い使い方と観点で、さすが凄いです。

2019_10.28_14.JPG
京都市立芸術大学の教授を退任され、
現在は国内外での展覧会や制作でお忙しくされているとのことで、
その作家活動などについてもお話し頂きました。


2019_10.28_15.JPG

退任を節目として開催された個展の際に制作された作品の、制作映像も観せて頂けました。

作品スケールの大きさや、制作に対する妥協のない姿勢に、 学生や教員も興味深く魅入っていました。


2019_10.28_16.JPG

完成した作品。とても大きいです!

いくつものパーツに別れていますが、そのパーツ自体が大きいです。

これだけの作品を作り上げられる精神力と技術力は、とてつもなく凄いです。


秋山氏の経験豊かなお話しは、ガラスの作品制作においても学ぶことが多く、

学生のみならず、教員にとっても大変有意義な講義でした。

秋山さん、誠にありがとうございました!


(T)

コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

最近の記事

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.