HOME » 学校ブログ » 2019年8月

学校ブログ

学校ブログ [ 2019年8月 ] アーカイブ

前期大掃除の後に行われたヴァーツラフ先生のお別れ会。
3年間はあっという間ですね。

サプライズのつもりで準備していましたが、本当は知っていたヴァーツラフ先生。
でも、呼ばれるまでそっと奥の教員制作室に隠れていてくれました。


ヴァーツラフ先生登場!

20190719-1.JPG

3年間の思い出をあつめたスライドが流れます。

20190719-2.JPG

濃密な3年間。一人一人にヴァーツラフ先生との思い出があります。

20190719-3.JPG


感動してくれているのかな。


20190719-4.JPG


スライドの後はプレゼントタイム!

20190719-5.JPG

松藤先生からは花束を。


20190719-6.JPGのサムネイル画像

二人はとっても仲良しでした。何を話しているのかな。

20190719-7.JPG

もうひとつのプレゼントは、学生と職員からのメッセージ集です。

20190719-8.JPG

恒例のサイン。

20190719-9.JPG

ヴァーツラフ先生がよく言っていた

「1+1=3」

1と1が集まれば、2よりも大きな力になる。

20190719-10.JPG

最後はトンネル!

20190719-11.JPG


と、思いきや、ヴァーツラフ先生のリクエストで胴上げが行われました!!!!!!
男性陣総出!

20190719-12.JPG

ヴァーツラフ先生、3年間、本当にありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!


(K)


コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

今回は、先日行われた特別講義をご紹介します。

講師は中国出身のMeng Du(モン・ドゥ) さん。

20190701-1.JPG



20190701-2.JPG

モン・ドゥさんの故郷の写真からスライドレクチャーがはじまりました。

20190701-3.JPG

赤いマークの場所が出身地だそうです。

20190701-4.JPG

様々な技法を使い、ガラスだけでなく他素材も取り入れた作品を制作しています。

20190701-5.JPG



20190701-6.JPG

展示風景です。古い建築にモンさんの作品が溶け込んでいます。

20190701-7.JPG

モンさんは、愛知教育大学ガラスコースのアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加していました。
現在は、中国で製作活動を行っているそうです。

20190701-9.JPG

吹きガラスの部分に人形の手がついた作品。

20190701-10.JPG

こちらは、ブランドとのコラボレーションで制作した作品だそうです。
中国では美術館での個展も行われ、大活躍のモンさん。

中国のアートや制作事情、世界のこと、多くの事を知ることができた特別講義となりました。


(K)





コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.