HOME » 学校ブログ

学校ブログ
先日行われました特別講義をご紹介します。


講師は、21_21desin sight アソシエイトディレクターの川上典李子さんです。

20191111-1.JPG
2191111-2.JPG
20191111-3.JPG
左から深澤直人氏、川上典李子氏、三宅一生氏、佐藤卓氏(21_21desin sightのディレクターの方々)

21_21desin sightはデザインのためのリサーチセンターであり、デザインについて考える場所であり、ものづくりの現場だそうで講義を聞くなかでも、常にアップデートされている美術館という印象でした。


20191111-4.JPG
20191111-5.JPG
(過去の展覧会ポスターの一部)

21_21desin sightでで様々な展覧会のディレクションを行うなかで大切にされている想いや、
関わる人々のどのような想いで21_21desin sightが成り立っているのかなど、とても貴重なお話を聞くことができました。


20191111-6.JPG
(デザインあ
20191111-7.JPG
20191111-8.JPG
(過去に行なわれた「Pet lampに見る活動のデザイン展」の様子)

廃棄されたペットボトルを用い、コロンビアとチリの伝統的な素材と手法で編み上げられたランプシェード。

20191111-13.JPG
(チョコレート展)



講義の中で、過去に行なわれた展覧会について、川上さんならではのお話をしていただき、

その内容は「社会でのアートの役割」や「大切にしなければならない信念」、「これからアートはどうなって行くべきか」など、

私たちにとても重要なポイントとなるキーワードをたくさん教えていただけた内容でした。

多岐にわたる、お話をお聞かせいただき本当に勉強になる講義でした。



川上さん、ありがとうございました!!


(An)

コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

国内外で活躍されている陶芸家の秋山陽 氏に特別講義を行なって頂きました。


2019_10.28_1.JPG


今の技法を始めたきっかけや、現在の作風に至るまでの経緯などを、

作品画像をご紹介頂きながらお話しいただきました。

2019_10.28_2.JPG
今の技法を始めた頃の初期の作品

2019_10.28_3.JPG

2019_10.28_4.JPG

2019_10.28_5.JPG
現在の作風に至るまでに、いろいろな造形や表現方法に取り組まれていました

2019_10.28_6.JPG

2019_10.28_7.JPG
器の形状を意識した作品も作られていました。

2019_10.28_8.JPG
野外に設置された作品も。大きいです!

2019_10.28_9.JPG

2019_10.28_10.JPG
中型の作品とのこと。それでも大きいですね。

2019_10.28_11.JPG
こちらは、内側にロクロを繰り返し引いて作られた作品。

2019_10.28_12.JPG
こちらの作品にはお花を生けて頂いたことがあったとのこと。

2019_10.28_13.JPG
ロクロ技法と組み合わせて作られた作品。
面白い使い方と観点で、さすが凄いです。

2019_10.28_14.JPG
京都市立芸術大学の教授を退任され、
現在は国内外での展覧会や制作でお忙しくされているとのことで、
その作家活動などについてもお話し頂きました。


2019_10.28_15.JPG

退任を節目として開催された個展の際に制作された作品の、制作映像も観せて頂けました。

作品スケールの大きさや、制作に対する妥協のない姿勢に、 学生や教員も興味深く魅入っていました。


2019_10.28_16.JPG

完成した作品。とても大きいです!

いくつものパーツに別れていますが、そのパーツ自体が大きいです。

これだけの作品を作り上げられる精神力と技術力は、とてつもなく凄いです。


秋山氏の経験豊かなお話しは、ガラスの作品制作においても学ぶことが多く、

学生のみならず、教員にとっても大変有意義な講義でした。

秋山さん、誠にありがとうございました!


(T)

コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

今回はワークショップ最終日について。



ついにワークショップも最終日を向かえてしまい、
ちょっと寂しい...。


最終日はなんとバルーン作りです!

20190930_1.JPG


防災で使われるシートを広げて〜


20190930_2.JPG


テープを貼って〜


20190930_3.JPG


全部繋げていきます。


20190930_4.JPG


空気を入れて〜〜


20190930_5_.JPG


バル〜〜〜ン!


20190930_7.JPG


宙に浮いている姿を見ていると、なんだか皆んなでうっとり見とれてしまい、いつの間にか癒されてしまいました。


20190930_6.JPG


中にも入ってみましたよ。
本当に楽しかった〜。




そして夕方からはマーティンさんの送別会です。

20190930_12.JPG


もうワークショップも終わってしまうんですね。


20190930_8.JPG


今回は小麦アレルギーのマーティンさんに、お餅を食べてもらおう!ということになり、餅つき大会です。


20190930_9.JPG


マーティンさんもお餅つき、頑張ります!


20190930_10.JPG


皆んなで食べました。
皆んなで楽しくついたお餅はやっぱり美味しい!
きな粉にあんこに、いろんな味でいただきました。


20190930_17.JPG


ホットショップ裏ではお肉も焼いちゃいました。

食事係さんありがとう〜。
とっても満たされました。


20190930_11.JPG


そして、マーティンさんへプレゼント。
みんなで寄せ書き。
みんなの想いを詰め込みました。


20190930_16.JPG


もちろんマーティンさんにサイン頂きました。



20190930_14.JPG


最後に記念撮影。
今回は、最初から最後までマーティンさんのパワフルなエネルギーと大きな愛に包まれた時間だった気がします。
最初は少し、そのパワーに圧倒されてしまいそうになりましたが、いつの間にか笑顔が増え、ワクワクが増えていき、物を作ることってこんなに楽しい!と心から感じられたように思います。



20190930_15.JPG

マーティンさん。
ありがとうございました!
皆んなマーティンさんが大好きです。
また会う日まで。


本当にありがとうございました。






(As)

コメント(0)

  

▲ページトップ

昨日行われた特別講義をご紹介します。

講師は現在北海道を拠点に作家活動を行われています、
ガラス作家の西山雪さんです。

2019107-1.JPG
201910-72.JPG
こちらは西山さんが制作をされている工房です。
201910-73.JPG
西山さんは研究所の卒業生でもあります。
こちらの作品は現在西山さんが制作に取り入れているエナメル絵付けという技法を学生時代に初めて使って制作した作品の画像です。

20191075.JPG
富山ガラス工房でスタッフをされていたときの作品です。
201910714.JPG
西山さんは海外のガラス作家さんのアシスタントをされていたことや、ピルチャックガラススクールでの受講についてなど海外でのご経験もお話ししてくださいました。

20191077.JPG
そして、海外から日本に戻られてから現在の制作スタイルになるまでの経緯をお話ししてくださいました。

学生にとってこれからぶつかるかもしれない壁を、西山さんがご自身の経験を踏まえて伝えてくださったように感じました。


「当たり前だけど、素敵な作品は素敵な人から作られる」というお言葉がとても印象的でした。
「食べ物から自分を作る」ということも実践されており、食にも色々工夫されているとのことでした。

そして西山さんは自然のエネルギーを普段から感じながら制作し、「自然のエネルギー、自分が良いと思ったもののエネルギーをガラスを通して伝えたい」
とおっしゃっており、その考えは作品から凄く伝わってくるものがあると思いました。

本当に、自然を感じながら四季を大切にしながら制作されているのだと感じました。

201910710.JPG
20191015.JPG
201910716.JPG
今後のライフワークについての展望もお話ししていただきました。
素敵な笑顔で【これから】についてお話される西山さんを見て改めてとても素敵な作家さんだなと感じました。


多岐にわたる、お話を聞かせていただき本当に勉強になる講義でした。

西山さんありがとうございました!!!!!



(An)


コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

本日は秋のワークショップ6日目のご紹介です。

この日はオープンデーの2日目でもあり、朝から学生とマーティンさんとの共同制作となりました。
2019929-1.JPG

学生がガラスのおせんべいのようなものを作り、マーティンさんがブライアンさんのもつ竿にひたすらくっつけます。
前以て作業時間を決め、その中でどれだけ長くなるのか、その時間の蓄積が作品になります。

2019929-2.JPG

今回は45分ほどの作業時間。

2019929-3.JPG

積み上がってきました。

2019929-4.JPG

学生がガラスを巻き、潰し、マーティンさんがくっつける、、、

2019929-5.JPG

作業時間終了時の長さ!

2019929-6.JPG

かなり長くなりましたので、持つのもドキドキです。


2019929-7.JPG

作業終了。この後もデモは続き、テンションの高い一日となりました。


2019929-8.JPG


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップ5日目
今日はオープンデー初日。
トルソーを作ります!

今日もマーテインさんは元気モリモリでスタートです。


20190928_1.JPG



ベンチにはマーティンさんのスケッチが。

20190928_3.JPG


そして、皆んなとの作業のために大切な言葉を英語と日本語で。
Push! は、押して!  Good! は、いいね! 

20190928_4_.JPG


先生方も真剣です。

20190928_5.JPG


ホットチーム手作りのスカラプチャーツールで形を形成していきます。

20190928_6.JPG


さらにガラスを足してみたり。

20190928_7.JPG


時には、寝転んでみたり。

20190928_8.JPG


真剣そのものです。

20190928_9.JPG


疲れた時はマッサージ〜。

20190928_10.JPG


完成までもうすぐです。

20190928_12.JPG


学生もアシスト頑張りました!

20190928_13.JPG


どんなトルソーが除冷炉から出てくるのか、本当に楽しみです。
マーティンさんの制作に対する情熱は本当に勉強になります。
そして、みんなが元気になります。
そんなパワーを持った方です。


秋のワークショップ、オープンデーはまだまだ続きます!








(As)



コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップ4日目です


今日はギャラリースペースでドローイングをします。

2019-9.27-1.JPG


大きな紙に描いていきます

2019-9.27-2.JPG


マーティン氏がチョイスした音楽が流れている中でドローイングをしていきます

2019-9.27-3.JPG


上手く描くのではなく、音楽から感じたままを体を動かしながら表していきます

2019-9.27-4.JPG


みんなのドローイングを歩いて観て周ります
同じ音学からでも様々なドローイングが描かれていて、それぞれの個性が出ています
2019-9.27-5.JPG

木炭やチャコールで描いているのでみんな手が真っ黒です
2019-9.27-6.JPG

すごい真っ黒です!顔まで付いてます
2019-9.27-7.JPG

みんな真っ黒
2019-9.27-8.JPG

壁と床全面にドローイングを貼っていきます
2019-9.27-9.JPG

マーティン氏、イメージが湧いてきたようです。

指示を出していきます

2019-9.27-10.JPG

みんなの共同作業でできたインスターレーション作品の完成です!
2019-9.27-11.JPG

最後は自分たちも紙の衣装をまとって、作品の一部に!みんなとても楽しんでいます
2019-9.27-12.JPG


午後はホットワークのデモンストレーションです。
今日は学生のみんなも参加して作品を作り上げていきます。
2019-9.27-13.JPG

ガラスを巻き取ってきて
2019-9.27-17.JPG

マーバーという金属製の台に、ガラスを程よい大きさにハサミで切り、
金属コテで潰して、お煎餅のようなガラスの薄べったいパーツを作っていきます
2019-9.27-15.JPG

それをマーティン氏が本体に1つづつ付けて造形していきます
チームの連携が大切にな作業です。
マーティン氏指示のもと、段々とみんな息が合ってきてスムーズになってきました!
2019-9.27-16.JPG

キラキラとしていてとても綺麗な作品です
2019-9.27-14.JPG


1つ目は無事に完成し、続いて2つ目を作り始めました。
先ほどよりも大きいサイズを作るそうです!
2019-9.27-18.JPG

1つ1つパーツを作り付けていくので時間が掛かります。
みんな集中していて、チームとして一体感が出ています
2019-9.27-19.JPG

細部までちゃんとこだわりながら仕上げていきます
2019-9.27-20.JPG


2つ目も無事に完成し、今日のデモンストレーションは終了です。
みんなお疲れさまでした!素晴らしいチームワークでした。

普段はここまで大勢で1つの作品を作り上げる機会は中々ないと思うので、
今日のドローイングのインスターレーション作品やホットワーク作品の制作は、
とても良い経験になったと思います。

明日も楽しみですね! (T)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

ワークショップ3日目のご紹介です。

この日も、朝からマーティンさんは元気いっぱいです。
最初は全員で、足で地面をドンドン、身体を叩いてパチパチ、隣の人の肩をトントン。
2019.9.26-1.JPG


全員に今感じたことを聞いていきます。「直感で。考えないで答えて。」

2019.9.26-2.JPG

その後は隣のファミリーパークへ。

2019.9.26-3JPG.JPG

マーティンさんを囲んで。外の空気を吸って。

2019.9.26-4.JPG

さて、では今から二人一組になって片方が目隠しをします。そして、見えない人を見えている人が誘導して、様々なものに触れさせていきます。

2019.9.26-5.JPG

馬の近くにいったり、

2019.9.26-7.JPG

突如マーティンさんがあらわれて、触った人もビックリ。


2019.9.26-8.JPG


「目をかくされて、何をかんじた?発見した事は?」


2019.9.26-10.JPG

マーティンさんは、学生達の固定観念を優しく解していきます。


午後からはキルン室へ移動。

2019.9.26-12.JPG

感じたことをすぐに形にする方法や、吹きガラスに使う型を紹介してくれました。

2019.9.26-13.JPG

これ、実は市販のギブスで作っています。

2019.9.26-14.JPG

こちらは新聞紙をぬらして作る吹きガラスの型です。


2019.9.26-15.JPG

早速ホットショップに移動して、作った型に吹き込むデモンストレーション。


2019.9.26-19.JPG


2019.9.26-20.JPG

本日も、非常に濃い一日となりました。

ワークショップはまだまだ続きます!


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップ2日目!

さて、皆んな輪に並んで今日は何をするのでしょうか?
中央には何やらいろいろな物が置いてありますが...
2019-9.25-1.JPGのサムネイル画像

マーティン氏がゴムボールを手に取り、

2019-9.25-2.JPGのサムネイル画像

学生に渡して、どんなことを感じるか問いかけます
2019-9.25-3.JPG

いろんな言葉が出てきました
2019-9.25-4.JPG

次は、レンガです
2019-9.25-5.JPG

置かれる位置でも感じられる印象が大分違ってきます
2019-9.25-6.JPG

皆んなが感じたことが次々と言葉になって現れていきます。
同じ物を見ていても感じ取ることが皆こんなにも違うんですね。面白いです!
「形態を理解する」レクチャーでした。
2019-9.25-7.JPG

次にマーティン氏の制作風景の映像を観せていただきます。
2019-9.25-8.JPG

とても大きいですね
2019-9.25-9.JPG

2019-9.25-11.JPG

色ガラスの青色と銀箔の組合せがとても綺麗です
2019-9.25-10.JPG

2019-9.25-12.JPG

さて、午後はデモンストレーションです!
2019-9.25-13.JPG

人体の作り方を教えてくれます。
無垢のガラスで作ります。
始めに腰のくびれ部分から作っていきます。
2019-9.25-14.JPG

続いて、脚や足先を作っていきます
2019-9.25-16.JPG

金属のコテやホットワークの道具などを駆使しながら、
見るみるうちに人体の形になっていきます
2019-9.25-17.JPG

2019-9.25-18.JPG

ハサミで脚を切り別けていきます
2019-9.25-19.JPG

脚を組んでいるポーズになりました!
2019-9.25-20.JPG

お尻部分にポンテを取って、別の竿に付け替えていきます
2019-9.25-21.JPG

付け替えたら、上半身を作っていき、完成です!
2019-9.25-22.JPG

マーティン氏、ハイテンションです!!
2019-9.25-23.JPG

今度は頭部の作り方を見せてくれます。
こちらも、無垢のガラスです。
2019-9.25-24.JPG

コテで形を整えていくと、段々頭の形になってきました
2019-9.25-25.JPG

目や唇もできてきました。
2019-9.25-26.JPG

熱々のガラスを付けて髪の毛の部分を作っていきます
2019-9.25-27.JPG

ポンテを取って、
2019-9.25-29.JPG

首部分を整えて、完成です!
2019-9.25-30.JPG

まさかのダイビングキャッチ?!ワイルドです!!
2019-9.25-31.JPG

デモンストレーションの後は、学生のブロー時間です。
みんな上手く作れるかな
2019-9.25-32.JPG

2019-9.25-33.JPG


「形態を理解する」レクチャーから、マーティン氏の制作風景、
人体の作り方まで、幅広く学べた2日目でした!

明日はまたどんなワークショップになるのか楽しみですね。 (T)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

9月24日から秋のワークショップが始まりました。
今回の作家さんは、大型ガラス彫刻や建築的なインスタレーション作品、
屋内外のパブリックアートで知られるアメリカ人ガラス作家のマーティン・ブランク氏。
抽象彫刻から具象的なモニュメントまで幅広く制作されています。

まず初日は紹介スライドレクチャー。
とても笑顔の素敵なブランク氏。
ブランク氏の豊かな感性と情熱がその笑顔にあふれ出ていて、お話を聞きながら、どこかワクワクしてしまいました。



 20190924_1.JPG
 
        

         



                                                                                                                                                                  
  20190924_2.JPG

ブランク氏の作品  「Current」


20190924_4.JPG

作品制作風景 
大きな作品をチームワークで制作されています。

       
20190924_5.JPG


ブランク氏 
こんな姿もステキです。

        







 20190924_6.JPG


 そして午後からはデモンストレーションが始まりました。

    
20190924_7.JPG
 

まずはホワイトボードを使ってのレクチャーから。
どんな方法があるのか。なぜその方法が良いのかなど、こと細かく教えていただきました。

   
20190924_8.JPG

そして、デモンストレーション。
先に、レクチャーして頂いたので、デモもとても理解がしやすかったです。

   
20190924_9.JPG

ブランク氏がやられることは、何もかも興味津々。

   
20190924_10.JPG

初日から本当に内容の濃いレクチャーとデモンストレーションでした。






初日からこんなに充実した1日を過ごし、明日も何が見れるのか楽しみでしかありません。
ブランク氏と過しながら、沢山のエネルギーとインスピレーションを初日からビンビン感じております。



(As)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.