HOME » 学校ブログ » ワークショップ

学校ブログ

学校ブログ [ ワークショップの最近のブログ記事 ]

秋のワークショップも終わり、ついにニックさんがアメリカに帰る日がやってきました。
お別れのあいさつです。

DSCF3220-b.JPG




DSCF3223-b.JPG

学生のみんなも、照れながらもハグしてもらいました!

DSCF3226-b.JPG

ヴァーツラフさんも!

DSCF3229-b.JPG

事務長さんも駆けつけました!!!

DSCF3233-b.JPG

アメリカのペンランドクラフトスクールで、
ガラススタジオのコーディネーターをされているニックさん。
ペンランドに行ったら、またニックさんに会えますよ〜〜〜

DSCF3245-b.JPG

いよいよ出発です!!!

DSCF3251-b.JPG

ニックさん、素晴らしいワークショップをありがとうございました!!!
またぜひTIGAに来て下さいね〜〜〜!!!

(I)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

本日はワークショップ最終日!!!
今日は学生ブローからスタートです!

DSCF3059-b.JPG

ホットショップの仲良しコンビ、
ブライアンさんと佐々木さん!

DSCF3054-b.JPG

今回のワークショップでは、吹きガラスの技術やテクニックを学びました!

DSCF3060-b.JPG

吹きガラスが終了し、最後のレビューの時間です!

DSCF3064-b.JPG

徐冷炉から出てきた、昨日のデモンストレーションのガラス。

DSCF3065-b.JPG

美しい〜〜〜!!!

DSCF3086-b.JPG

レビューでは、今回のワークショップの総まとめ。

DSCF3077-b.JPG

3種類の形の下玉と器の形の関係性や、
色の調合について、さらに詳しく説明してくれました!

DSCF3080-b.JPG

はじめは小さな作品をたくさん作って、テクニックを修得し、
その後に作品をスケールアップしていくこと。

1つのゴブレットを100回作ってみることなど、
吹きガラスが上手になるためのアドバイスを頂きました!

DSCF3085-b.JPG

本当に勉強になるワークショップでした!

DSCF3069-b.JPG

さて、ここからは最後のお楽しみ!
ニックさんのお別れパーティーです!

DSCF3097-b.JPG

学生のみんなが、おいしい料理をたくさん作ってくれました!!!
みんな〜〜〜ありがとう〜〜〜!!!

DSCF3095-b.JPG

ニックさんに乾杯!!!

DSCF3113-b.JPG

おいしい食事を食べ終わったあとは、恐怖のロシアンたこ焼き!
助手の佐々木さんは「わさび入りたこ焼き」に当たってしまいました!!!

DSCF3129-b.JPG

そして、みんなが用意してくれたプレゼントをニックさんに渡します!

DSCF3139-b.JPG

「立山前掛け」に「白エビてぬぐい」、日本酒の「立山」まで!
富山づくし〜〜〜〜!!!

DSCF3146-b.JPG

パーティーの締めくくりは、ニックさんにサインを頂きます!

DSCF3158-b.JPG

ホットショップの溶解炉の上に、
しっかりとニックさんの名前が刻まれました!

DSCF3160-b.JPG

最後はみんなで記念撮影!

DSCF3164-b.JPG

花道でニックさんを送ります!!!
急げー!!!

DSCF3166-b.JPG

みんなの手の中をくぐり抜けて〜!!!

DSCF3171-b.JPG

最後は教官室の中まで!

DSCF3174-b.JPG

ニックさん、本当にありがとうございました〜〜〜〜!!!!

DSCF3176-b.JPG

最後に、ニックさんとブライアンさんのツーショット!!!

DSCF3181-b.JPG

ニックさん、素晴らしいワークショップを本当にありがとうございました!!!

そして、学生のみんなも
ワークショップお疲れさまでした!!!
ニックさんに教えてもらったことを、しっかり自分のものにしていってくださいね!

(I)












コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

さて秋のワークショップの
ニックさんの公開制作もいよいよフィナーレ!

DSCF3025-b.JPG

ここからはワークショップのポスター作品、
ニックさんの代表作「共感覚(シナスタジア)」を作ります!

DSCF3026-b.JPG

共感覚(シナスタジア)とは、
一部の人にみられる特殊な知覚現象を表す言葉。

音に色を感じたり、文字に色を感じたり、、、と
通常の感覚に、異なる感覚を併せて感じることができるのが共感覚!

DSCF3027-b.JPG

実はニックさんも共感覚の持ち主!
す、、、すごい!!!

ニックさんがベースになる形を始めに作り、、、

DSCF3031-b.JPG

向かいのベンチでは、

DSCF3030-b.JPG

ブライアンさんと、助手の佐々木さんが、接合するパーツをスタンバイ!

DSCF3032-b.JPG

いよいよ本体のガラスと、ブライアンさんのパーツをドッキング!!!

DSCF3036-b.JPG

ブライアンさんの棹を切り離します!

DSCF3037-b.JPG

先端をトーチで温め、先の形を開きます!

DSCF3038-b.JPG

さらに、もう一つのパーツを付けます!

DSCF3041-b.JPG

お見事〜〜〜!!!!
ビューティフル!

DSCF3044-b.JPG

さらに形を変えていきます!

DSCF3047-b.JPG

先端がキャンドルみたいな形に!
そしていよいよ棹から切り離します!!!

DSCF3050-b.JPG

完成ですっ!!!!
そしてニックさんに盛大な拍手です!!!
アシストのブライアンさんにも拍手〜〜〜!!!

DSCF3053-b.JPG


公開制作のフィナーレは、素晴らしい作品で締めくくられました!
実物の作品は写真より、数百倍も美しい形でした!!

ニックさん、素晴らしいデモンストレーションを
本当にありがとうございました〜〜〜!!!

(I)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップのメインイベント!
ニック・フルーイン氏の公開制作が始まりました!

DSCF2852-b.JPG

まずはベネチアの伝統的な形のデモンストレーション!

DSCF2867-b.JPG

ガラスのビットを本体に付けて、、、

DSCF2873-b.JPG

鮮やかなブライアンさんとの連携プレー!

DSCF2876-b.JPG

あっという間に作品が出来上がりました!
美しい花器の完成です!

DSCF2883-b.JPG

そして、、、
これは長〜い作品を作っています。

DSCF2900-b.JPG

吹きガラスで長い形の作品を作るのって、
実はとっても難しいんです!

DSCF2903-b.JPG

ブライアンさんも体全体を使って、真剣にアシストしています。

DSCF2906-b.JPG

長い形は、先端の形を整えるのも一苦労、、、

DSCF2914-b.JPG

トーチの当て方を工夫しながら、形作っていきます。

DSCF2920-b.JPG

慎重に形を作っていきます!

DSCF2962-b.JPG

ブライアンさんの集中力も、マックスに達しています!

DSCF2969-b.JPG

先端の形を整えて、、、

DSCF2972-b.JPG

消防服を装着し、作品を棹から切り離します!
緊張の瞬間!!!

DSCF2980-b.JPG

無事に作品が徐冷炉の中に入りました!!!

DSCF2985-b.JPG

パチパチパチ〜〜〜〜〜!!!!
さすがはニックさん、お見事です!!!
まだまだデモンストレーションは続きます!

(I)





コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

富山ガラス造形研究所では、秋のワークショップメインイベントで
ニック・フルーインさんの公開制作を行っています!

公開制作を見れるチャンスは、残すところ明日のみとなりました!

DSCF2786-b.JPG


そして明日の9月30日(日)は13時半〜16時まで学校説明会を行います。
授業のことや、入試のこと、学校生活のあれこれ?まで
先生や在校生から色々聞けちゃうチャンスとなっています。

学内展では、在校生の作品を展示しております。

台風が近づいてきていますので、お越しの際はくれぐれもお気をつけくださいね。


(I)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今週はニック・フルーインさんの秋のワークショップが
行われています!

今日のニックさんのデモンストレーションは
ニックさんが描かれたドローイングをもとにガラスを吹いていきます!

DSCF2722-b.JPG

関係ないけど、しましまがお揃いなお二人。
研究所の方々はボーダー率が高いです。

DSCF2723-b.JPG

そうこうしている間に、ニックさんがどんどん吹きガラスを進めていきます!
この形は黒板に描かれていた、左から3番目の形!

DSCF2733-b.JPG

先端を膨らませて、、、

DSCF2739-b.JPG

ジャックで先端を開き、、、

DSCF2741-b.JPG

どんどん形が変わっていきます!

DSCF2742-b.JPG

おおっ!まさに黒板に描いてあった形になりました!

DSCF2744-b.JPG

お次の形は、左から二番目の形です。
首の細いボトルの形!

ベテランの吹きガラス作家さんが作ると、
あまりにスムーズすぎて、とっても簡単なことに見えちゃいますが
こんなに手早く、無駄なく、美しく作れるのは、本当に技術力の高いからこそなのです!

DSCF2800-b.JPG

さてここからは学生さんの吹きガラスタイム!
本日も、引き続きカップを作ります!

DSCF2806-b.JPG

学生さんたちも、集中して吹きガラスに取り組んでいます!

DSCF2823-b.JPG

明日の制作もがんばろうね!!!

(I)



コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

二ック・フルーインさんのワークショップ、
今日はホットショップからスタートです!

DSCF2517-b.JPG

これが前日に調合して、坩堝の中で溶かしていたガラスです。
左の緑の色ガラスはクロムを混ぜたもの。
右のガラスは鉄を混ぜたもの。

DSCF2521-b.JPG

ガラスの原料に金属を混ぜることで、色ガラスを作るのですが
鉄はほとんど透明になってしまいましたが、クロムの方はしっかりと濃い緑になりました。

さて本日のデモンストレーションは
ニックさんが学生がリクエストした形を吹いてくれます。

DSCF2628-b.JPG

ニックさん、真剣な表情です!

DSCF2640-b.JPG

ニックさんの華麗なるテクニックで、形がどんどん出来てきました!

DSCF2652-b.JPG

DSCF2655-b.JPG

あっという間に完成です!お見事です〜!!!
学生からのリクエストの形は全部で4個。

ニックさんは4個とも難なく作り上げてしまいました!

DSCF2658-b.JPG

ニックさんのデモンストレーションの後は、学生全員のブロー時間!
見せてもらったデモをイメージして、各自カップの形を作ります。

DSCF2696-b.JPG

DSCF2683-b.JPG

自分の作りたい形になったかな?

DSCF2688-b.JPG

きれいな色のガラスが出てきました〜!

DSCF2719-b.JPG

明日はどんなデモンストレーションを見れるのか、
楽しみですね!!!!

(I)





コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

さて今週から、研究所の秋の恒例イベントの
ワークショップが始まりました!

今回の講師の先生はNick Fruin(ニック・フルーイン)氏です!

DSCF2408-b.JPG

ニックさんは現在アメリカのノースカロライナ州にある、
ペンランドクラフトスクールのガラス工房主任をされています。
これがペンランドクラフトスクールです!

DSCF2340-b.JPG

ペンランドクラフトスクールのホットショップです!

DSCF2341-b.JPG

ニックさんは若手のガラス作家でありながら、
シアトルのGAS国際ガラス会議やシアトルのピルチャックグラススクール、
オーストラリア国立大学などでデモンストレーションを行うなど
国内外において精力的に活動されています!

DSCF2370-b.JPG

こちらがニックさんの作品です。
吹きガラスで精巧に作られた美しい形のインスタレーションです。

DSCF2365-b.JPG

スライドを見せて頂いたあとは、ホットショップで
ニックさんのデモンストレーションです!

DSCF2412-b.JPG

今日のデモンストレーションは「カップの形と下玉について」

DSCF2431-b.JPG

3種類の下玉の作り方によって、そのあとの空気の入りかたが
全く違ってきます。

DSCF2457-b.JPG

3種類のやり方のデモンストレーションで、カップを作ってくれました。

DSCF2451-b.JPG

デモの後はみんなもカップ作りに挑戦!

DSCF2459-b.JPG

ワークショップ中は、1年生や2年生がそれぞれのチームに分かれて作業をします。

DSCF2461-b.JPG

学生さんが吹きガラスをしている間に
ニックさんは計量秤を前に、何やら作業中、、、

DSCF2462-b.JPG

粉を出して、、、

DSCF2465-b.JPG

調合し、、、

DSCF2471-b.JPG

マッチョな先生方が、ガラスの原料と混ぜ合わせます!

DSCF2474-b.JPG

混ぜる!混ぜる!

DSCF2472-b.JPG

今回は、研究所の色つぼで
色ガラスも溶かしちゃうんです。

さぁ!色つぼの中でどんな色ができあがるのかな???
明日が楽しみですね!!!

(I)




コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

ワークショップ最終日。
今日は今まで作った作品を、展示場所ごとのグループに分かれて展示発表をします。
2018.6.3-1.JPG

どんな展示になるのか楽しみですね。
それでは各グループ用意スタートです!
2018.6.3-2.JPG

こちらは、ホットショップ展示のグループ
2018.6.3-3.JPG

こちらは、屋外展示のグループ
2018.6.3-4.JPG

こちらは、ギャラリー展示のグループ
2018.6.3-5.JPG

普段とは異なる取組みで各チーム苦戦しているようです。
試行錯誤しながらみんなで展示を作り上げていきます。
2018.6.3-6.JPG
2018.6.3-7.JPG
2018.6.3-8.JPG


昨日土曜に引き続き、今日日曜もオープンデーなので、
カイさんのスライドレクチャーがあります。
みんな後は自力で展示を仕上げられるよう頑張りましょう。
2018.6.3-9.JPG

レクチャーが終わり、いよいよみんなの展示の講評会です。
始めはギャラリー展示のグルーブ「真行草」をテーマにしたそうです。
2018.6.3-11.JPG
2018.6.3-10.JPG

こちらはホットショップ展示のグループ。
展示タイトルは「Peek a Boo」で、16の作品がどこかに展示されています。
2018.6.3-13.JPG

こんなところにも展示されています。
2018.6.3-12.JPG

最後は屋外展示のグループ、「人生」をテーマにしたそうです。
2018.6.3-15.JPG
2018.6.3-14.JPG

どのチームも短い時間にも関わらず面白い展示になっていました。
大勢での展示はいろいろ大変なこともあるかと思いますが、みんな最後まで頑張り展示を作り上げました。
カイさんも思っていた以上でしたと仰っていました。これで春のワークショップの全ての課題が終了しました!
2018.6.3-16.JPG


さあ、ここからはTIGAのワークショップ恒例のフェアエルパーティーです!
2018.6.3-18.JPG

今回のドレスコードは「カラフル」です。
決められた7色から、3色を選んでコーディネートします。

中神先生さすがの完成度です。
2018.6.3-17.JPG

カイさんもコーディネート。
2018.6.3-21.JPG

恒例になりつつある、料理長からのメニュー紹介。
2018.6.3-19.JPG

みんなカラフルです。
2018.6.3-20.JPG

さあ、続いて恒例の流しそうめん。
竹を取るところから造形科1年生みんなで準備しました。
2018.6.3-22.JPG

良いですねー
2018.6.3-23.JPG

ここでカイさんにプレゼントの贈呈です。
2018.6.3-25.JPG

とても喜んでくれました!
2018.6.3-26.JPG

ワークショップに来てくれた記念のサインもいただきました。
2018.6.3-27.JPG

みんなでの集合写真、鮮やかで良い感じです。
2018.6.3-28.JPG

最後はみんなでトンネルを作って、カイさんを送り出します。
2018.6.3-29.JPG

カイさん、ワークショップ本当にありがとうございました!
2018.6.3-30.JPG

みんなもこの7日間よく頑張りました。
彫刻についてやポジティブ・ネガティブの考え方、ガラス素材以外での造形について、
展示についてなど、多くのことを学べる機会となったと思います。

この経験を今後の作品制作や発表に活かせられると良いですね。
みんなお疲れさまでした!

(T)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

ワークショップ6日目。

本日のテーマは「展示」です。
展示するとはどういうことか、展示台は本当に必要なのか考えます。

まずは、作った作品をギャラリースペース前へ移動します。

20180602-1.JPG


カイさんより本日の課題説明です。

今回のワークショップでは、学生は4人1組のチームに分かれて作業をしています。
チームはA〜Jの10チーム。

今回の課題では、2チームずつギャラリー呼ばれ、展示をするようです。
果たしてどんな展示になるのでしょうか。

20180602-2.JPG

カイさんも身振り手振りを加えながら一生懸命説明して下さいます。
みんな、分かったかな?

20180602-4.JPG


課題説明後は、一旦解散。
2チームずつ呼ばれるので、その他のチームは引き続き制作です。

20180602-5.JPG

あ、

20180602-6.JPG

卵のケース!


ギャラリーの様子はどうかな。

20180602-8.JPG

奥のホワイトボードに何か書いてありますね。

20180602-9.JPG


 ◯15分で展示を完成させて下さい。
    5分:コンセプトを固めて下さい。
    5分:作品を選んで下さい。
    5分:展示完成

 ◯5分 対話

 自分の作品はこの展示の為に選ばないで下さい
                       」

と書かれています。

1チームが即興で展示をし、もう1チームがその展示を見て話しをする。
終わったら交代してもう一度。

20180602-10.JPG

みんな真剣。

早速、スタート!!

20180602-11.JPG

作品を床に直接置いてみたり、

20180602-12.JPG

椅子を重ねてみたり。

20180602-13.JPG

脚立を置いてみたり。

即興で展示することで各自のセンスが浮き彫りに。
皆センスがいい!

20180602-14.JPG

違うチームかな。

20180602-15.JPG

同じような物を使っているけれど、展示する人によって雰囲気が全く違いますね。

20180602-16.JPG

隕石みたい。


20180602-17.JPG

15分後は、対話です。

20180602-18.JPG

またまた別のチーム。
展示コンセプトを話しているのかな。

20180602-19.JPG

作品選び。

20180602-20.JPG

バケツも登場。

普段見慣れた物が、展示台や空間を彩る装置へと変化していきます。

白や黒の四角い物だけが展示台ではなく、整然と並べることだけが展示ではない。

アートの奥深さと、面白さを感じる事ができた、素敵な1日となりました。

明日はいよいよ最終日。

本日もお疲れさまでした。


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

以前の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.