HOME » 学校ブログ » ワークショップ

学校ブログ

学校ブログ [ ワークショップの最近のブログ記事 ]

ワークショップ4日目!
折り返し地点です!早い!

DSCF1064.JPG
DSCF1065.JPG

今日は課題1で制作した作品をジャスティンさんがひとりひとり見ていきます。
ひとり5作品あるのでボリューム満点!

DSCF1137.JPG
DSCF1157.JPG

作品について3文考えてくること、初日に選んだ2つの単語を使わずに説明することが今回の講評の決まりです。
自分の作品について説明するトレーニングでもあるのです!

DSCF1093.JPG
DSCF1309.JPG
DSCF1211.JPG
DSCF1311.JPG

みんなで作ったガラスのパーツを使った作品や、その辺で見つけたもの拾ったものでつくった作品、また校内に展示したインスタレーション作品の写真や、パフォーマンスを撮った映像作品など様々!

たった2つの単語から色んな考え方が出来て、みんな自由な発想で楽しんで制作に取り組んだのがとてもよく伝わってきました◎

DSCF1176.JPG

ジャスティンさんも作品ひとつひとつに対してすごく真剣に向き合い、コメントやアドバイスをしてくださいます。

DSCF1173.JPG

そして本郷先生も微妙な言葉のニュアンスや表現が損なわれないように丁寧に通訳をして下さいました。

DSCF1242.JPG

見つめる松藤先生。

DSCF1205.JPG
DSCF1210.JPG

発表の待ち時間中いろんなところでまだまだ制作の学生たち。

DSCF1289.JPG

そして今日から課題2がスタート!
造1造2研究科ごちゃまぜのグループワークで校内にインスタレーション作品を制作します。
制作テーマは「部分と集合体」
展示場所を決めて空間に合った展示を考えます。

DSCF1355.JPG

さっそく展示を始める学生達。
手前のガラスの輪も気になりますが、後ろに積まれた椅子の壁も気になります。
どんな作品が出来るのか楽しみです!

DSCF1237.JPG

みんなの課題1の作品は今日で見切れなかったので、つづきはまた明日!
ジャスティンさんも本郷先生も学生のみんなもおつかれさまでした!(W)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

本日、ワークショップ3日目!
若干の疲れを感じさせながらのスタートです!

DSCF0630.JPG






















まずはドローイング演習です!
今回はただのドローイングではなく、ジャスティンさんが出題する題目に合わせてドローイングを行います。
例えば....
「線だけを使ってシンプルな幾何学形体を描く(四角形、三角形、円など)」

DSCF0648.JPG























「他の形体を描く」
DSCF0652.JPG






















「あなたの一番のお気に入りを選ぶ」
DSCF0654.JPG


等々、立て続けに10項目出題されるお題を1枚の紙に描きます。
最初は慣れないお題に困惑気味の学生達。+助手
DSCF0670.JPG
DSCF0671.JPG
DSCF0674.JPG
DSCF0685.JPG


ドローイングと聞いて最初は平面的なドローイングを描いていましたが少し経つと....
立体的に....
DSCF0686.JPG
DSCF0687.JPG
そして終了!
貼り出して全員で確認。さすが立体を勉強している学生達。平面には留まらず様々なアプローチへ。
DSCF0690.JPGのサムネイル画像
DSCF0691.JPGのサムネイル画像
DSCF0694.JPGのサムネイル画像
DSCF0695.JPG
ジャスティンさんはこのドローイングを通して、テーマが同じでも個々の感性の違いでここまで多様な変化をすることができる。この自分の持つ感覚を意識して欲しいと考えたのではないでしょうか。




この後はコールド室に移動。
電動リューター(ペン型の歯科等で使われているあれです)を上から吊るし、回転するリューターの先端と板ガラスが接触する時に起こる動きと傷でドローイングをするというデモンストレーションを行いました。
DSCF0719.JPG
DSCF0742.JPG
2分間でこうなりました!
DSCF0757.JPG               細川所長さんも興味津々です。
DSCF0799.JPG

その後、リューターを使ったドローイングをした板ガラスで版画のデモンストレーション。
まずは練習用の板ガラスで試し刷り。深いカットなのでインクの乗りは完璧です。
DSCF0809.JPG
DSCF0813.JPG

そして本番!リューターの線なので薄めですがリューターのたどった軌跡はしっかりと残っています。
みんな初めて見る版画の技法に興味を持っていました!
DSCF0838.JPG
DSCF0850.JPG

午後からは各自、課題に取り組みます!素材をよく理解する為に実験を繰り返す学生、パフォーマンスで表現する学生など、連日かなり派手にやっております。
DSCF0852.JPG
DSCF0858.JPGのサムネイル画像
DSCF0865.JPG
DSCF0867.JPG
最後はガラスでホットドローイングのデモ。
ガラスで成形した模様をケント紙に写し取るパフォーマンスです。ガラスに凹凸を付け、ケント紙にのせると焦げ目が付き、ガラスは徐々に変形するので焼け跡も変わってきます。
DSCF0877.JPG
DSCF0882.JPG
DSCF0890.JPG
DSCF0896.JPGのサムネイル画像
DSCF0923.JPG
DSCF0925.JPG
DSCF0947.JPG
DSCF0984.JPG
最後は偏光板を使ってガラスに潜む歪みを見るデモです。
ジャスティンさんは自身の作品でもガラスに熱を加えて歪みを作り、偏光板を通して映像作品を制作しています。
今回はガラスの棒の変化、火切り(歪みを利用したガラスの切断技法)を行う際の変化を見せていただきます。
DSCF0993.JPG
DSCF1015.JPG
DSCF1018.JPG
DSCF1024.JPG


3日目も興味深いデモンストレーションを多く見せていただきました。
ジャスティンさんはガラス素材に対する概念をソフトに崩してくれます。これをきっかけに新たな表現を模索していきましょう。

4日目も自由に、欲望に忠実に制作しましょう!(Y)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

秋のワークショップがついにはじまりました!
こちらが今回のワークショップの先生のジャスティン・ギンズバーグさんです!

DSCF9495.JPG
DSCF9671.JPG

ジャスティンさんはテキサスのダラス出身。
現在テキサス大学でガラスを教えていらっしゃいます。

DSCF9504.JPG

こちらがその大学。なんとホットショップにクーラーが付いているそうです!!うらやましすぎる!!

DSCF9566.JPG

ジャスティンさんは行為から生まれる現象をテーマに制作されています。

DSCF9563.JPG

こちらの細く引いたガラスを吊ったインスタレーションさくひんは、1本1本ガラスを引くという動きが形となったものです。
またこれを展示するために何人もの学生さんたちと持って移動するということもまた作品の一部だそうです。

DSCF9641.JPG

こちらは板ガラスに熱いガラスを当ててわざと歪みを与えたのを偏光フィルムを通して見たものです(情報が多い)
熱いガラスを当てるという行為がこうした現象として現れています。
ガラスってなんて不思議な素材なんだと改めて思いました。

DSCF9533.JPG
DSCF9535.JPG

こちらは半乾きの石膏の上を歩いた型の上にガラスのケーン(細棒状のガラス)を乗せて焼いたもの。
こちらも石膏の上を歩くという行為から足跡がガラスの表情に現れています。

DSCF9803.JPG
DSCF9804.JPG

スライドが終わってから学生全員から思いつく限りの行為・動作を表すの言葉と気持ち・感情を表す言葉を集めました。

DSCF9810.JPG

そこから2つ選んだ単語から木曜日までに5作品制作するというのが課題1です!
パフォーマンス、映像、写真、素材はなにを使ってもOK!
なにより一番大事なのは、楽しんで制作すること!!

「溶ける・きゅんきゅんする」「漏らす・あきらめる」など、なんかすごいストーリー性を感じます。
どんな作品が出来るのか楽しみです!

DSCF9848.JPG

午後からは課題1のためのパーツづくりのデモがありました!

DSCF9915.JPG
DSCF9919.JPG
DSCF9948.JPG

ケーン、ストリンガー、シャーズ、チューブ、フリットなど、徐冷の必要としないガラスのパーツの作り方を色々見せて下さいました。

DSCF0012.JPG

さて、ここかたは学生の制作時間!!

DSCF0039.JPG
DSCF0043.JPG
DSCF0055.JPG
DSCF0058.JPG

ガラスを遠くまで投げて細く引いたり、ガラスを持ってダッシュしたり、2本のチューブを吹いてツイストしたりと、
ジャスティンさんがデモで見せてくれたことを自由な発想で展開して楽しく制作していました!!

DSCF0059.JPG

1日目からとても充実したワークショップでした!

DSCF0064.JPG

さて夕方、レクチャー室がなにやらムーディーな雰囲気です。

DSCF0071.JPG

1年生主催のウェルカムパーティーのスタートです!

DSCF0080.JPG

食事係のみんなおいしいごはんをありがとう!


DSCF0086.JPG
DSCF0091.JPG

おなかいっぱいになったところでチーム戦のゲーム大会のはじまりです!
最初の人がお題から絵を描いて、次の人はその絵を見て何の絵か考えてまた絵を描いていきます。

DSCF0103.JPG

大注目のジャスティンさん率いる先生チーム!
トップバッターはジャスティンさんです!

DSCF0106.JPG

!!?か...かわいい!!

DSCF0119.JPG

続いて9月からコールドの先生に新任したヴァーツラフさん画伯!!
か...かわいい!!!


DSCF0124.JPG
DSCF0136.JPG

ぺ...ぺいさん、なにそれ

DSCF0143.JPG

後藤さんさすが!!もうおわかりですね!

DSCF0153.JPG

答えはなんと...ミッキー!と思いきや

DSCF0106.JPG

ピカチュー!でした!
全チーム正解なしでした!笑
なので一番素敵な絵を描いたで賞でジャスティンさんに木工用ボンド柄のTシャツが送られました。

DSCF0167.JPG

プレゼント第2段は今回のワークショップTシャツ!
ジャスティンさんのケーンの作品をモチーフにデザインされたTシャツです!

DSCF0170.JPG

似合う!!!(写真暗いけど!)

DSCF0176.JPG

最後は恒例の一本締めで本日はお開き!
これから一週間ワークショップいっぱい楽しく制作しよー!!
1日目おつかれさまでしたー!(W)




コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

早いものでワークショップも今日が最終日。
もう1週間経ってしまったんですね。なんだか時間の感覚がおかしくなっている今日この頃です。
さて、今日はアレナさんや学生一人一人が制作した作品を金属の枠にハメ込んでいき、一つの作品として完成させることを目指します!
いよいよ大詰めといった感じです!

DSCF4069.JPG
学生達の一週間のがんばりを見て、アレナさんはとっても嬉しそう!

DSCF4071.JPG
作品も徐々に仕上がってきました。
この写真の中だけでも色んな手の形があって面白いですね。




DSCF4080.JPG
学生達の作品を前にしてアレナさんは枠にどのように構成するか考えます。
DSCF4091.JPG
どこに配置しようかな?

DSCF4153.JPG
所長さんも学生達の作品に興味津々!


一方、コールドショップでは最終調整が続いています。
接着する面を増やして安定感を増したり、違う接着方法を考えてみたり、試行錯誤しながら制作していきます。

DSCF4174.JPG

DSCF4180.JPG
どうすれば上手く接着できるかな?


午後からはアレナさんのスライドレクチャーも始まりました。
足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。
DSCF4200.JPG

その間にホールでは枠へのはめ込み作業がはじまりました。
DSCF4206.JPG
慎重に!慎重に!
DSCF4208.JPGのサムネイル画像
枠の隙間からエイミーさん。

DSCF4209.JPG
枠にはめると裏側からもガラスを見る事が出来てとってもキレイ!!

DSCF4655.JPG
アレナさんもとっても嬉しそうでした!

最後にみんなで記念撮影!
ハイチーズ!
DSCF4668.JPGのサムネイル画像
みなさんお疲れ様でした!


と言いたいところですが、これで終わらないのがTIGAのワークショップです!
一年生が中心になってフェアウェルパーティを開いてくれました!
今回のパーティのテーマは『夏』!
アレナさんも浴衣で登場です!

DSCF4725.JPG
DSCF4797.JPG
DSCF4846.JPG
DSCF4934.JPG
焼き鳥、リンボーダンス、流しそうめん、、、いろんな楽しいイベントが行われました!

DSCF5011.JPG
最後には学生たちから心の籠ったプレゼントの贈呈!!!!


アレナさんはそのお返しにとばかりに学生、スタッフ一人一人とハグ!ハグ!!ハグ!!!
DSCF5052.JPG
DSCF5057.JPG
DSCF5074.JPG

最後にサインをもらい、研究所にまた新たな1ページが刻まれました!
DSCF5078.JPG

以上で2016年春のワークショップは終了!!!

公開制作ならびに学校説明会、スライドレクチャーにご参加くださった皆様、お忙しい中お越しいただきありがとうございました!

学生のみんな、先生方、助手のみなさん、事務所の方々、皆さん本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!



そしてアレナさん!素敵なワークショップをありがとうございました!
Thank you Alena !  We hope we can see you again sometime soon !

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今日はワークショップ6日目。
あっという間の6日間!
今日は、昨日窯から出したガラスの手を削る作業です。
大型切断機とスタニーさん!
ものすごくハイパワーな切断機なので、しっかりガラスを固定してから使いましょう〜
DSCF3936.JPG
うまく切れるかな〜?

DSCF3946.JPG
こちらは平盤で砂を使いながら、ガラスを削っています。

DSCF3948.JPG
所長さんも皆の作業の様子を見に、コールド室まで来てくれました!

DSCF3976.JPG

ハンドルーターで、細かい部分を削りながら整えています。

DSCF4005.JPG

アレナさんもご自身のガラスの手を加工しています!

DSCF4024.JPG
こちらは、アレナさんが学生さんの指を元に作った作品です!

DSCF4043.JPG
普段の優しいアレナさんとは全く違う、作家さんとしての真剣な表情。

DSCF4047.JPG
ガラスの加工が終わった学生さんは、
手とガラスの台を接着する作業に移ります。
1年生は初めてのガラスの接着ですね〜

DSCF4053.JPG
接着中は、ガラス同士がずれないように
テープで固定して固まるのを待ちます。

DSCF4055.JPG
さてさて、明日はいよいよガラスの完成です!!!
皆が、がんばって作ったガラスが一つの大きなパネルに展示されます!

そして明日は、アレナ・マチェイカさんのスライドレクチャーが
午後1時30分から2時30分に行われます!!!

アレナさんの素晴らしい作品と、ご自身の作品説明を聞くことが出来ます。
どうぞ、皆様ふるってご参加お待ちしています!(I)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

早いものでワークショップも後半戦。
今日は夕方から窯出しの予定!ドキドキしますね!

夕方までは汚した場所を掃除をしたり、各自作業をしたり、アレナさんと個別にミーティングをしたり。

DSCF3558.JPG
今日は快晴!洗濯物も良く乾く!
汚れた雑巾はしっかり洗って良く乾かしましょう!





DSCF3579.JPGのサムネイル画像DSCF3562.JPG
石膏取りをしたり、加工したり。作業は順調かな??
このワークショップ期間中に課題を通していろんなことを学べますね〜。




DSCF3570.JPG
DSCF3705.JPG
アレナさんはワークショップの課題以外のことも親身になって学生の相談にのってくださいました。
作家として、人として、様々な角度からアドバイスをくださいます。




お昼休みにはなぜかバトミントン大会が勃発!
DSCF3605.JPG
こんなイベントもワークショップならでは?




さて、そろそろ窯の温度もいい感じ!
窯を開けてみましょう!
DSCF3701.JPG
せーの.........、




DSCF3711.JPG
じゃん!!!!!
DSCF3712.JPG
きれいに溶けてる溶けてる!
早速ガラスをを割り出してみましょう!!

DSCF3847.JPG

DSCF3910.JPG
おっ!手が出来てる出来てる!
DSCF3917.JPG
細い部分はガラスを割らないように慎重に。

DSCF3923.JPG
一人一人みんな違うガラスの手が出来ました!
明日はこの手を加工してプレートに接着します。


そして明日明後日はいよいよ一般公開日!
公開時間は10:00〜16:00でアレナさんや学生たちの制作の様子をご覧いただけます。
また、明日は13:30から学校説明会も予定されています。入試説明や校内見学、学生への質問コーナーなど盛りだくさんです。
入場無料、事前予約不要ですので、皆様お誘い合わせの上、ぜひこの機会に富山ガラス造形研究所にお越しください!
お待ちしてまーす!(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ


本日はワークショップ4日目!
アレナさんのスライドレクチャーから始まりました。
アレナさんはガラス作家だけではなく、彫刻家としても活躍されている作家さんです。
チェコは冬場はものすごく寒いそうで、雪の中、彫刻をしているアレナさんご自身の写真です。

DSCF2972.JPG
「Magic Carpet(魔法のじゅうたん)」というタイトルの作品です。
この作品はガラスの重さ、なんと300kgなのだそうです!
なんともチャーミングなアレナさんの人柄が伝わってきます。

DSCF2976.JPG

今回のワークショップでは、アルジネートという印象材を使って
手を型どってガラスに置き換えていますが、
これらの作品は、同じ技法で
色々なテクスチャーをかたどって作られたシリーズだそうです。
こちらも250kg!大きな規模の作品が多いようです。

DSCF2986.JPG
これは"GATE(ゲート)"というテーマで作られた作品です。

DSCF3043.JPG

こちらの作品は、しばしば「日本の鳥居に似ているね」と言われるそうです。


DSCF3045.JPG
こちらはアラバスターという白い石で作られた作品です。

DSCF3080.JPG
そしてこちらは、石をかたどりガラスに置き換えて作った形です。
同じ形でも素材を変えると、ぐっと作品の印象が変わりますね。

DSCF3082.JPG
巨大な石を削るアレナさん。
かっこいいですね!
DSCF3092.JPG
こちらは、北欧のスカンジナビアのレースやエンブロイダリーに
インスパイアされて作った作品だそうです。

DSCF3098.JPG
こちらは "Three Roses"というタイトルのバラをモチーフにした作品です。
アレナさんはお庭も、お花も大好きだそうで、
お庭に咲いているバラの蕾に感動して作った作品だそうです。
こちらの作品も、まずは石彫で作った後、
ガラスで色を変えて作っています。
DSCF3113.JPG
こちらはアレナさんの代表作。
"The Sea between us"という作品です。
左がアレナさん、右が旦那さまのラースさん。

ラースさんはスウェーデンの方で、
旦那さまに会いにいく時、いつもチェコとスウェーデンの間にある海を見て作られた作品なのだそうです。 

DSCF3153.JPG

本当はもっとお見せしたいところですが、、、
6月5日(日)13時半から一般公開のスライドレクチャーがあります!!!!

本当に素晴らしい作品の数々と、
アレナさんの作家としての生き方がよく分かる素晴らしいスライドショーです。
皆様、ぜひお越しください!


さてスライドレクチャー後、
みんなそれぞれの作業に戻ります!

おっ電気炉が最高温度に達しています!
ただいま860℃!!窯の中は真っ赤で、照明を付けないと肉眼では見えないほど。

DSCF3379.JPG
みんなはガラスの板材を削ったり、模様を彫ったり、とコールド作業を頑張っています。

DSCF3424.JPG

DSCF3422.JPG
こちらも何やら楽しそう。
新たに小さい作品のワックス原型を作ったようです。
DSCF3434.JPG
さてさて、明日はどきどきの窯だしです。
皆の手が、窯から出てきます。
どうなっているかなー。楽しみですね!(I)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今日はワークショップ三日目。
昨日窯入れできなかった学生が引き続き窯入れ準備。

その他の学生がガラスのプレートの加工作業に入ります。



DSCF2723.JPG
脱ロウをして蝋を溶かし出したら窯入れまであと少しです!がんばれ!



DSCF2731.JPG
脱ロウの間に電気炉の中に棚板をセットしてしっかり水平をチェック!



DSCF2738.JPG
留学生のクリスティーナさんもこれから窯入れしますよ〜。



DSCF2766.JPG
脱ロウ出来たら型に詰めるガラスの重さを計算します。

DSCF2765.JPG
ちゃんと合ってるかな???
準備ができたらいよいよ窯入れです!


DSCF2780.JPG
キレイに窯に詰めることができました。

DSCF2784.JPG
やれることはすべてやった!あとは天に祈るのみ!!!






DSCF2817.JPG
そのころアレナさんはキルン室でなにやら型取りの準備中。

DSCF2822.JPG
指が三本絡み合った複雑な形ですね。身体のパーツを組み合わせることで面白い造形ができるんですね。
作品の一部になるのかな?どうなるか楽しみです。





コールド室ではたくさんの学生が加工作業の真っ最中。
コールドワークのことはスタニーさんにお任せ!
助手の伊藤さんもしっかりサポート!
DSCF2874.JPG
DSCF2876.JPG
DSCF2883.JPG
順調に進んでいるかな?
作業は焦らず丁寧に!





そうこうしているうちに昨日窯入れした窯が最高温度に到達。
皆で窯の中の様子をチェック!
DSCF2896.JPG
DSCF2900.JPG
窯の温度は860℃!赤い!熱い!
だけど型は異常なし!ガラスもちゃんと溶けてるのを確認出来ました。



明日はアレナさんが学生のためにスライドレクチャーをしてくださる予定です。
チェコでの制作や作品についてたくさんお話をしてくださいます。
海外の作家さんのお話を聞ける貴重なチャンスです。学生の皆さんはたくさん質問をぶつけて色んなことを吸収して下さいね。
明日も思いっきり楽しんで、頑張っていきましょう!(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

春のワークショップ2日目!
チェコからアレナマチェイカ氏が来てくれています!
今日はどんなことをするのかな?

DSCF2475.JPG

美しい手!
昨日みんながワックスで型取りした手ですよ〜!
こんなにきれいに出来上がりました!!!
DSCF2486.JPG

がおー!みんなそれぞれ、色んな手がいっぱい!

DSCF2497.JPG

ワックスに丁寧に耐火石膏をぬっていきます。
きれいに塗ってますね〜
最終的には、自分の手の形がガラスになっちゃいます!
DSCF2490.JPG

我らが本郷先生も石膏塗りに参戦!
なかなかレアな光景です!
DSCF2502.JPG
みんな黙々と石膏を塗っています。
石膏は意外と早く固まってしまうので、
手早くきれいに塗り上げるのがコツ。
DSCF2513.JPG

お!
石膏型、しっかり作れたかなー。
DSCF2570.JPG
石膏型、完成しましたー!!!
中にはワックスが入っているので、
今から型からワックスを溶かし出します〜

DSCF2637.JPG
蒸気を利用してワックスを溶かしていきます。
松藤先生がしっかりサポートしてくれています。
頼もしい〜!!!
DSCF2526.JPG

無事に脱ロウ完了しましたー!!!
やったね!!!
DSCF2645.JPG
みんなが窯入れするのは、研究所で一番大きな1号炉!
水平をとりながら、きれいに棚をくんでいきます。
DSCF2619.JPG
じゃじゃーーーーーん!
本日、こーんなにきれいに窯入れできたのでした〜!!!
想像以上にたくさんの学生さんが窯入れできて、
ほっと一安心。
アレナさんも褒めてくれ、みなさん本当にがんばりました〜
しっかり休んで明日に備えてね〜〜 ( I )
DSCF2701.jpg

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今日から春のワークショップがスタートしました!
毎年海外から著名なガラス作家の方々をお招きし、年に二度、一週間のワークショップを行います。

今回お招きしたのはチェコのガラス作家のアレナ・マチェイカさんです。

DSCF1850.JPG
主にキルンキャストの技法を使って大きな彫刻作品や空間作品を制作されています。
アレナさんの作品はご自身のホームページでご覧になれます。(作家HPはこちら→www.alenamatejka.com)

DSCF1839.JPGアレナさんは自己紹介もそこそこに学生一人一人と握手を交わし言葉をかけてくださいました!

DSCF1842.JPG
この行動に表れている通り、アレナさんはとてもやさしく気さくな方です。
TIGA一同すぐにアレナさんのことが大好きになりました!



そして課題説明の後、早速デモンストレーション開始。
今回の課題は手を主題にしたもので、全員の手を象ったガラスを作り、それを構成して最終的に一つの作品にします。

まずは二人一組になって、アルジネイトという型取り材を使って手の型をとっていきます。
DSCF1920.JPG DSCF1933.JPG
アルジネイトで手を包んで...

DSCF1962.JPG DSCF1981.JPGのサムネイル画像
アルジネイトがある程度固まったらゆっくり外して...

DSCF1985.JPG
見事に手の型が取れました!

DSCF2004.JPG
そこに溶かしたワックス(蝋)を流し込んで手の形をワックスに置き換えます。
新任の松藤先生も真剣な眼差し!

それでは、みんなもここまでの作業を実際にやってみよう!

DSCF2031.JPG DSCF2072.JPG
アルジネイトはひんやりして気持ちいいけど、盛り上げるのがなかなか難しい!助手のSさんWさんも参加してます。
うまくできるかな?

DSCF2300.JPG
アルジネイトが固まったらワックスを流しますよー。こぼさないようにね!



DSCF2318.JPG
再びデモに戻って、アレナさんがワックスを型から取り出す行程を丁寧に説明して下さいました。
型から慎重に取り出して.........。

取り出したワックスの手を持っていざキルン室へ!
ここでワックス原型を耐火石膏で型取りします。行程が多くて大変ですが、丁寧に行程をこなせば最後はちゃんとガラスになってくれます。

DSCF2322.JPG DSCF2362.JPG
ここでもアレナさんは自分の実体験も交えながら分かりやすく丁寧に説明してくださいました。
今日の行程はここまで。学生達は各自で明日までに作業を進めておきます。
アレナさん1日お疲れさまです!



でもワークショップ1日目はまだ終わりません!
学生達がアレナさんのためにウェルカムパーティを開催してくれました!

DSCF2406.JPG会場係の学生がホットショップをパーティ用にセットしてくれました!

DSCF2414.JPG
かんぱーい!!!!!!!改めて、アレナさんようこそ富山ガラス造形研究所へ!

DSCF2433.JPG
DSCF2439.JPG
今日のメインディッシュは鳥の丸焼きと巨大なピザだー!おいしそー!!!
この他にもカレーライスやポテトサラダなど食事係の学生がおいしい料理をたくさん作ってくれました。
ごちそうさまです!

DSCF2450.JPG
食事の合間に○×クイズも企画してくれました。
チェコの国民1人あたりのアルコール摂取量は世界一?みなさん○か×かどちらだと思いますか?
イベント係の学生さん楽しい企画をありがとう!


DSCF2457.JPG
DSCF2462.JPG

そして最後はTシャツ係の学生がこの日の為にデザインしてくれたTシャツをみんなで着てアレナさんにサプライズ!
もちろんアレナさんにもプレゼント!とても喜んで下さいました!

DSCF2469.JPG盛りだくさんの一日でしたが、皆さんのおかげでとっても良い雰囲気の中ワークショップをスタートすることができました!
このままの勢いで明日も頑張っていきましょー!おーーーーーーーーーーーーー!(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.