HOME » 学校ブログ » 授業

学校ブログ

学校ブログ [ 授業の最近のブログ記事 ]

1年生の金曜日の午前は平面です。
最初の課題は鉛筆デッサン!受験でいっぱい描いてきた1年生ですが、今回は6月までじっくり時間をかけて制作します。
モチーフは「自分を表すもの」 

P4210242.JPG

配置の考え中。
迫力のある絵を描くために構図の中で高さを出すのはひとつの方法です◎
お花が良い役割を果たしていますね。

P4210235.JPG

西先生の構図についてヒントタイム!

P4210239.JPG

画用紙に描き始める前にクロッキー帳に描いてみて構図を考え中。

P4210237.JPG
P4210240.JPG
P4210238.JPG

配置が決まったようでみんな描き始めました。

P4280050.JPG
P4280053.JPG

次の週、西先生が自身の作品を持ってきてくださいました!
あまりの細密さにみんな見入っています。
こんな素敵な絵を描いてみたいですね〜。

P4210244.JPG

どんな作品になるのか楽しみです!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

造形科1年生は毎日違う技法を勉強しています。
毎週木曜はホットワーク!
竿の持ち方、ガラスの巻き方、道具の使い方など、はじめのうちは覚えることがいっぱいです!

P4200196.JPG

3週目に入って吹いたガラスに別の竿をつけて切り離すというところまでの練習をしています。

P4270021.JPG
P4270014.JPG

熱いガラスの状態を見極める、これがなかなか難しいのです!
中神先生が後ろからアドバイス!

P4200227.JPG

なにより竿を回し続けることが大事なので、空いた時間も練習をしています。

P4270005.JPG

ここでちょっとディスカッション。
作業の中で上手く出来ないところをひとりひとり聞いて、どうしたらうまくいくのかみんなで考えていきます。

P4270034.JPG

すかさずメモをとる学生。
勉強熱心です!

P4270006.JPG
P4270042.JPG

通りすがりのヴァーツラフ先生も見守ります。

P4270018.JPG
P4270038.JPG
P4270024.JPG

1日中ひたすら練習!みんなだんだんきれいな球を吹けるようになってきました!
これがコップになる日も近いですよ!みんな頑張れー!

P4200222.JPG

カラフルなひとたちも応援しています!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

応用造形


研究科1年生と留学生のラズマスくんは応用造形の授業で金沢に来ています。

P4250270.JPG

まずは21世紀美術館で「池田学展」

P4250268.JPG

とんでもなく細密な作品でしたよ!素晴らしい展示でした!
本ゴー先生とラズマスくんは画集をお買い上げです!

つづいてギャラリーO2へ

P4250290.JPG

早く来すぎてやってない!

P4250276.JPG

なので金沢を少しぶらぶら。
ソフトクリームに金箔がのっただけで値段が2倍だったのでノーマルで我慢。

P4250277.JPG
P4250281.JPG

尾山神社でお参り。

P4250287.JPG

なんか彫刻も色々ありました。

P4250292.JPG

そしていよいよO2で「アビルショウゴ展」を見学!
この独特の造形はキルンブローというアビルさん独自の技法で制作されているらしいのですが、
作品を見てもオーナーさんに説明してもらっても制作風景が想像ができません...!


そして最後はG-wing'sギャラリー。
ナビに翻弄され全然たどり着かなかったのですが...

P4250295.JPG

ついに到着!!!

P4250296.JPG

「山田睦美 珠洲焼展」を見学。
珠洲は石川県の最北端にある町です。珠洲焼は落ち着いた黒っぽい色の焼き物です。
興味のある方は是非!

ということで展覧会自体の写真は撮れないので移動の画像ばかりでしたが、どれも興味深い展覧会ばかりでした。

P4180185.JPG

応用造形では自分の過去の作品を振り返って分析するマッピングを制作しプレゼンしたり、
大阪産業大学のデザイン工学部の学生さんと合同で作品をつくるプロジェクトなどをやっています。(W)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

造形科の学生は前期選択授業があります!
バーナーワークの先生はコアガラス作家の僚子先生です!

P4240245.JPG

まずは機材とガラスの説明。
吹きガラスで使っているガラスとは違って、バーナー用のガラスは溶解温度が500℃程度ととても低いです。
自分の家のガス栓からでもガスバーナーを使うことが出来ます。

P4240246.JPG

まずは基本となる細いガラス棒を引いてバーツをつくる!
先生のデモを見た後にレッツトライ!

P4240249.JPG

さすが2年生、ガラスの種類は違えど扱いは慣れています。

P4240253.JPG

ボーダー率の高さ

P4240259.JPG

さっきつくったパーツを組み合わせて別のパーツを作っていきます。

P4240260.JPG

これをのばして切ると断面にお花模様が!でるらしい!

P4240266.JPG

つづいてトンボ玉。
小さすぎてみづらいでしょうが、お花のパーツを埋め込んでいます!

P5020002.JPG

こちらが完成品!
バーナーワークで出来るものは小さいですが、その中にはとても緻密な世界が広がっています!

P4240263.JPG

これからなにが出来るかな?(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

DSCF0684.JPG

造形科1年生の初となる、キルンワークの授業は校外学習です!

みんなソワソワ、ワクワクしている様子ですね。


DSCF0692.JPG


DSCF0697.JPG

始めに見学したのは、富山市ガラス美術館キラリ です!

館内に展示してあるガラス作品を鑑賞し、ガラス技法を学びます。

みんな興味津々で作品を鑑賞しています。


DSCF0714.JPG

さて、今日のもう一つの目的である、

これからのキルンワークの授業で使う道具を揃えます。

まずは、100円ショプでお買いものです!


DSCF0717.JPG

DSCF0751.JPG

次に向かったのは最近オープンした、レガートスクエアです。

各所に研究所の先輩たちの作品が設置されています。


DSCF0756.JPG

お昼ご飯をはさみ、

ホームセンターで先ほど揃えられなった道具を探します!


DSCF0762.JPG

今日最後の見学場所となる、富山市舞台芸術パークを見学。

とても広い施設で、作業ができるスペースなども借りることができるそうです。



春日よりで桜も綺麗に咲いていた、気持ちの良い校外授業となりました。

展示されているガラス作品から、キルンワークが実際にどのような技法であるかを学ぶことができたと思います。

道具も揃いはじめて、来週からいよいよ実技の授業に入っていきますね。

造形科1年生の皆さん、これから頑張っていきましょう!


(T)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

後期講評会


2月28日と3月1日の2日間、造形科1年生と研究科1年生の後期講評会を行いました!

DSCF8391.JPG
DSCF8403.JPG

今回のゲスト講師は
右:研究所顧問の武田厚先生
左:ガラス作家の辻野剛さん
です!!よろしくお願いします!!

DSCF8434.JPG
DSCF8414.JPG
DSCF8442.JPG
DSCF8474.JPG

前期講評では教室を16分割した空間でしたが、後期講評会ではギャラリー、ホール、レクチャー室などでちゃんと空間を使って展示が出来ます。
なので先生方からは作品についてだけでなく展示方法についても色々とアドバイスが頂けます。

DSCF8452.JPG

所長さんも参戦!

DSCF8481.JPG
DSCF8486.JPG
DSCF8519.JPG

モチーフのどこにフォーカスして制作したのか、制作のきっかけはなんなのか、相手に分かりやすく説明することはとても難しいです。
しかし作家として必ず必要なので!今のうちに発表にもなれておかねば!

DSCF8507.JPGDSCF8505.JPG

造形科1年生は初めてガラスを扱うところから始まり、技術習得のため課題がとても多いので毎日ものすごく忙しかったと思います。
納得いっていないものを発表しなくてはいけなくて悔しい思いをした学生もいたようです。
Amy先生の「プロでも良い作品が1つ出来た背景にはダメな作品が5個は出来ている。」という言葉がとても心に残りました。

DSCF8579.JPGのサムネイル画像DSCF8595.JPGのサムネイル画像

なんとホットショップでこんなインスタレーション展示をした学生も!

DSCF8535.JPGのサムネイル画像
DSCF8557.JPGのサムネイル画像
DSCF8566.JPGのサムネイル画像

課題へどう取り組むかはひとそれぞれですが、一生懸命取り組んだこの1年間の成長っぷりをしっかり見せていただきました!造形科1年生のみんなお疲れさま!

DSCF8625.JPGDSCF8607.JPG
DSCF8697.JPGDSCF8703.JPG
DSCF8717.JPGDSCF8710.JPG

続いての研究科1年生は造形科から進学した学生たちです。
それぞれがまだまだ課題はあるようですが、やはり造形科とのレベルの違いを見せてくれました!
研究科のみんなもお疲れさま!

DSCF8744.JPG
DSCF8752.JPG

最後にゲストのおふたりに総評をいただきました!
武田先生、辻野さん、2日間ありがとうございました!

講評の中では先生方の意見が異なることもあり、学生のみなさん混乱する場面もあったかもしれません。
ですが、本郷先生もおっしゃっていたように、講評は見た人が一方的に意見を言う場ではなく、自分では気づかない可能性を引き出す機会なのです。
この機会を全力で利用してやる!ぐらいの気持ちで今回の講評を次の制作にいかしていきましょう!

DSCF8760.JPG

明日からはメンテナンスですよ〜。(W)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

HOT1最終課題の講評です。
最終課題は「感想と私と源」

特別講義で来られた名和晃平さんのレクチャーを聴いた感想からキーワードを抜き出し、そこから作品を展開させていくというもの。
また自分の作品制作の源となっているものついても考えていきます。

P2020039.JPG
P2020009.JPG

キーワードの「癒し」から、茶道に使われる皆具を制作したものです。
茶道についての資料も作ってきて丁寧に説明してくれました。

P2020012.JPG
P2020013.JPG

こちらはガラスの中に世界を閉じ込めたいという思いから、中に銀箔や鉱石を砕いたものをいれて実験的な制作をしたもの。
中の物がガラスと反応して泡や色が発生しています。
ひとつひとつは小さくても、たくさん集まると見応えがあってとてもきれい。

P2020019.JPG
P2020021.JPG

キーワードの「映像」から一時停止と連想して流れる水の様子を表現した作品。
昔働いていた山小屋で数日かけて遠くから水をひいた経験がこの作品に繋がっているようです。

P2020014.JPG
P2020032.JPG

キーワード「シュール」からシュールについて色々リサーチする中で、ある先生からお酒とタバコで幻覚を見るしかない!という話をきいたところから煙の器へと展開させて制作した作品。
煙のもやっとした表情がきれいに表現されています。

P2020010.JPG
P2020034.JPG

キーワードの「表皮」からゴジラの皮膚ようなゴツゴツとした表情を追求した作品。
助手さんの吹きのアシスタントをする中で色々な技法を教えてもらって自分の制作に取り入れたとのこと!
授業時間以外でも頑張っていたようですね。

P2020060.JPG
P2020053.JPG

前回の牛に続いて彫刻的な制作を続けている彼は、今回は宙吹きの技法も取り入れた金魚を制作しました。
まだまだ課題は多いようですが着実に成長しています!

P2020076.JPG
P2020044.JPG

「重力」がキーワードでスノードームを制作したもの。
なんと中のふきのとうもガラスで出来ています!春の訪れを感じられる作品です。

P2020027.JPG
P2020004.JPG
P2020085.JPG

さて、ギャラリーでの展示はすべて講評を終えました。
最後の作品はホールにあるようです。

P2020092.JPG

ホールに移動する途中で校内放送をかけているご様子。
校内のみなさま、お手透きでしたら是非ホールへお集まりください!

P2020093.JPG

なぜかというと、最後の講評は全身真っ白な彼↑の人生初個展「白の感触」のアーティストトークなのです!

P2020102.JPG

所長さんや本ゴー先生、2年生も見に来てくれました!

P2020097.JPG

今回彼は自分の個展として作品を展示したいということで、DM制作や空間展示にも取り組み個展を開きました。
また、作品を手に取って触って欲しいという思いから、畳を用意して展示するなど工夫をこらしていました。

P2020003.JPG

出来た作品をどう見せるのかというところまでが作品制作です。
課題にどう取り組むかは自分次第!やりたいことは今のうちにどんどんやっていきましょう!
頑張っただけ得られるものはたくさんあるはず!

これでHOT1は終了です。
みんな1年間お疲れさまでした!(W)



コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

今更ながらあけましておめでとうございます!
応用造形新年一発目は毎年恒例の書き初めです!

P1180016.JPG

久々の習字セットにテンションが上がる!

P1180014.JPG

テーマは今年の抱負を四字熟語で!自作四字熟語も可!

P1180021.JPG

いきなり四字熟語でもなんでもない!胃薬!

P1180023.JPG

抱腹絶倒

P1180024.JPG

水遊!コールドワークのことらしいです

P1180031.JPG

もはや字ですらない!おやすみプンプン!

P1180032.JPG

お子さんの成人を祝って...!!!

P1180034.JPG

人間活動

P1180035.JPG

字が上手!!

P1180037.JPG

喜色満面

P1180039.JPG

妖怪だもの...

P1180041.JPG

眠眠打破!

P1180042.JPG

字が上手!温和丁寧

P1180044.JPG

一点一画

P1180058.JPG

まだまだ書く

P1180064.JPG

最近バイト始めたそうで、紙幣大切!小銭は?

P1180066.JPG

元気一杯

P1180070.JPG

細い!酒池肉林!

P1180071.JPG

おじさんの目標みたい!禁酒!

P1180072.JPG

跳躍

P1180073.JPG

PPAP!!!笑

P1180074.JPG

この時なぜか板東英二さんの話をしていました

P1180076.JPG

妖怪なので人間になりたい

P1180077.JPG

板東英二作「卵」

P1180083.JPG

似顔絵!!!




P1180085.JPG

...さて、たくさん書きました
それではみんなの今年の抱負を発表してもらいます



P1180086.JPG

「人間活動」
地球上において人間が文明などといった形で行っている活動のこと(Wikipediaより)
いやほんとに生きていくだけで大変すぎて...
ちゃんと活動していきたいです

P1180088.JPG

「喜色満面」
喜びの表情が心の中で包みきれず顔中に溢れているさまのこと
これはそのまんまですね、笑顔で過ごしていきましょう

P1180090.JPG

「一点一画」
細かいところに気を配り、ひとつひとつ丁寧に文字を書くこと
そんな風に何事も丁寧にやっていこうという感じです

P1180092.JPG

「温和丁寧」
穏やかで優しく、心が行き届いてること
一点一画に似てますね

P1180096.JPG

「抱腹絶倒」
腹を抱えてひっくり返るほど大笑いすること
これは腹筋が割れそうです


P1180097.JPG

ということで今年もどうかひとつ!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

点火デモ


ホットショップでは曜日ごとに全学年の授業があるので、毎日朝8時から学生たちは窯当番なるものをしてくれています。
溶けたガラスのゴミを取ったり掃除をしたり除冷炉の温度を上げたりして、9時から授業をスムーズに始められるよう準備してくれるのです。
そして後期からは卒制で忙しくなる2年生のために、1年生だけで窯番をまわしています。

P1160043.JPG

これは作業中のガラスをあたため直す↑グローリーホールというものですが、寒い時期は点火がしづらくなります。
なのでこの日のデモは点火の際の注意点を本ゴー先生に改めて教えていただくというものでした!

P1160046.JPG

まず、学生たちに普段通りに点火してもらします。
なかなか上手くつきません。

P1160048.JPG

本ゴー先生も見守ります。

P1160050.JPG

先ほど点火してくれた学生にどんなところを気をつけたか話してもらいました。
どうやらガスの量が少なかったようですね。

P1160055.JPG

それでは、本ゴー先生にお手本を見せていただく前にグローリーホールの仕組みについて教えていただきます!

P1160065.JPG

ガスとエアーがバランスよく混ざることで火がつきます。

P1160062.JPG

なのでガスが多すぎてもいけません!このようになってしまいます!※わざとやっています
バルブで調節しましょう。

P1160113.JPG

炎の色や火を付けたときの音も判断材料になります。
本ゴー先生がどうなっているのがどういう状態なのかを丁寧に教えてくださいました!

P1160073.JPG

みんな真剣に聞いています。

P1160097.JPG

ガラスの仕事はガスや火を扱うので、仕組みや安全な手順を理解していないと事故にも繋がります。
みんな大変だけどしっかり覚えよう!そしていつも窯番ありがとう!!

P1160114.JPG

本ゴー先生ありがとうございました!

P1160118.JPG
P1160121.JPG

続いて中神先生からガレージ(ガラスのパーツを温めておく所)の点火の注意点も教えていただきました。
後期に入ってみんなの仕事もだんだん複雑に、扱う機材も増えてきたので覚えることがたくさんです。

P1160133.JPG
P1160143.JPG

さて授業も残すところあと4回です。課題はみんな順調でしょうか?

P1160158.JPG
P1160160.JPG

1年生は立体の授業でのグループ展を控えていて、ホットの作品を展示する学生もいるようで、担当の助手さんも手伝いに来てくれています。

P1160131.JPG

今が頑張りどころだ!窯番も課題もがんばれ〜!!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

毎週月曜はホットワーク1のデモンストレーションがあります。
この日はゲストに助手の佐々木さん!みんなで巨大ツリーを作ります!

PC190115.JPG

佐々木さんはツリー本体をつくります。

PC190118.JPG
PC190119.JPG

学生たちは飾りをつくります。
ドーナツやベルや雪だるまや星など、考えただけでもワクワクしますね〜。

PC190125.JPG
PC190126.JPG

木の形になってきました。
パーツがたくさん付くので薄くならないようにガラスをたくさん巻いて大きくしていきます。

PC190132.JPG

ツリー本体にも緑や赤の色ガラスでデコレーションしていきます。

PC190134.JPG

アシストしてくれる学生たちに佐々木さんが的確な指示を出します。
いよいよツリーが出来上がってきました。

PC190131.JPG

学生たちも着々と飾りをつくっているようです。

PC190114.JPG
PC190116.JPG

雪だるまかな!?

PC190137.JPG

飾りをどんどんくっつけていきます!

PC190139.JPG

飾りが増えれば増えるだけ重くなっていきます。
また場所によって暖まり方が違い、パーツの大きさも様々なので温度管理も難しくなっていきます。

PC190157.JPG

学生たちがパーツを運び、佐々木さんと中神先生でパーツをくっつけていきます。

PC190155.JPG

ついに最後の星がつきました!

PC190147.JPG

それぞれの個性がつまったツリーの完成です!!!

PC190166.JPG

2時間以上ツリーをキープし続けてくださった佐々木さん!!!
ありがとうございます!!!

PC190170.JPG
PC190171.JPG

残念ながら最後に竿から切り離すときに割れてしまったのですが、とても勉強になる楽しいデモンストレーションでした。
中神先生、佐々木さん、学生のみんなお疲れさまでしたー!

今年の授業はこの日で最後でした。
みんなよいクリスマスを!(W)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.