HOME » 学校ブログ » 授業

学校ブログ

学校ブログ [ 授業の最近のブログ記事 ]

2月21日に造形科1年生の後期講評会が行われました。
今年は例年よりも雪がとても多かったですが、この日は晴れ間が見え、講評会日和となりました。
DSCF4516.JPG

今回のゲスト講師は、研究所顧問の武田厚先生です。
DSCF4523.JPG

そしてもう一人のゲスト講師は、ガラス作家の近岡令さんです。
DSCF4781.JPG


後期の講評会は2日間に渡っておこなわれ、
1日目は造形科1年生12名、2日目は造形科1年生4名と研究科1年生4名の
スケジュールで行われます。
それでは、講評よろしくお願いします!
DSCF4552.JPG
DSCF4563.JPG

DSCF4576.JPG
DSCF4668.JPG

DSCF4611.JPG
DSCF4633.JPG

DSCF4649.JPG
DSCF4645.JPG

DSCF4653.JPG
DSCF4664.JPG
後期の各授業で出された課題をもとに、作品を作ってきたこの半年。
前期で学んだことを踏まえながら、みんな頑張って発展させています。
講評ぎりぎりまで粘って作品を仕上げた学生もいました。

DSCF4597.JPG
作品を観る目も真剣です。

場所を移し、レクチャー室で講評再開です。
DSCF4703.JPG
DSCF4714.JPG

DSCF4679.JPG

これで、午前の講評が終わりました。
お昼休みをはさみ、午後からはまたギャラリーで講評です。

短い時間ですが、この間に展示を入れ替えなければいけません!
みんな急いでー!!


なんとか展示を終え、講評再開です。
DSCF4725.JPG
DSCF4743.JPG

DSCF4734.JPG

DSCF4747.JPG
DSCF4758.JPG

DSCF4752.JPG
DSCF4760.JPG

DSCF4770.JPG
DSCF4773.JPG
後半戦を向かえ講評にも熱が入ります。
作品作りだけではなく、置く展示台や展示方法などの見せ方も、
各自が考えて展示しています。
見せ方で作品の印象が変わるので、そこも大事なポイントです。

DSCF4595.JPG


さあ、本日の講評も終盤です。
次はホールに移り、講評です。
DSCF4792.JPG
DSCF4798.JPG

DSCF4803.JPG
DSCF4817.JPG

これで、1日目の講評が終わりました。
それぞれ指摘されるポイントは異なりますが、
講評を受けて次の課題が見えたのではないでしょうか。

DSCF4799.JPG

DSCF4521.JPG
ゲスト講師のお二人とも、適確で鋭い講評です。
みんなこの1年で、それぞれの興味や感心事が作品から伝わってくるようになりました。
今回の講評を受けて、更に作品を発展させられるように、自分の作品や講評の内容を振り返ってみてください。

DSCF4599.JPG

さあ、2日目の講評もみんな頑張りましょうー!!

(T)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

本日は造形科1年生後期講評会2日目です!
研究所のホールからスタートです!

DSCF4827.JPG

作品のテーマやコンセプト、作品を作る上で意識していることを
先生方に説明します。

DSCF4833.JPG

丁寧に作品を見てくださっている近岡先生。

DSCF4834.JPG

覗き込みながら、しっかり作品を見てくれています。

DSCF4839.JPG

今回の講評会は造形科一年生にとって、二回目の講評会。
一度は経験しているものの、言葉で自分の作品を説明するのはむずかしい、、、

DSCF4872.JPG

自分がどんな方向に向かって作品を作っているのか、、、
経験豊富な先生方に作品を多角的に見ていただきながら
いろいろなアドバイスをいただくことができます。

DSCF4870.JPG

場所が変わって、こちらはレクチャー室。

DSCF4915.JPG

時にはお褒めの言葉や、時には鋭いツッコミも、、、

DSCF4924.JPG

造形科1年生にとっては、一年間の集大成の講評会。
緊張やドキドキが入り混じった気持ちでしょうか。

DSCF4934.JPG

いつも優しい表情の本郷先生も、真剣な眼差しです。

DSCF4926.JPG

午後は研究科1年生の講評会です。
研究科はその名の通り「自分の研究をするコース」です。

DSCF4993.JPG

造形科と違って課題がないので、「自分自身の課題」を見つけて
作品制作に取り組みます。

「感覚」と「感情」は一体何が違うのか?「emotion」と「feeling」の違いは何なのか?

DSCF4983.JPG

チェコ出身のヴァーツラフ先生からは
私たちが普段の生活の中で、明確に区別することのない言葉の選び方にも疑問を投げかけます。

DSCF5002.JPG

自分自身の制作を突き詰めて考えていくことは、容易にできることではありません。

DSCF5015.JPG

たくさんの先生方の意見を聞いて、自分なりに消化して
はじめて自分の作品への理解が深まっていきます。

DSCF5044.JPG

講評会の終わりに、近岡先生から総評をいただきました。

DSCF5046.JPG

「複数の先生方から頂いた言葉は宝物です。
時には触れられたくない、不快な時もあります。
けれども、この場所以外ではそういった言葉を得ることはできません。
一語一句残さず、しっかり話を聞いてください」

「作品を人に見せる時には覚悟が必要です。
どれだけ自分が考えて、不安であっても、作品にする時には覚悟を決めて出してください」

DSCF5060.JPG

武田先生からも総評をいただきました。
「今回は造形科、研究科を通して、アッと驚くすばらしい作品には出会えなかった。
全体的に、自分自身の持っている課題に取り組む姿勢が弱い。
逃げないで、取り組んで、立ち向かって戦う。
こじんまりまとまわず、大きく広がっていってください」


本郷先生からは
「今はいい作品を作ることではなく、失敗することが一番大事です。
失敗したら、もったいないと思わずに、しっかり戻ること!」
というお言葉をいただきました。


造形科1年生、研究科1年生のみなさん、
後期講評会、本当におつかれさまでした!

先生方から頂いた言葉を大事に、しっかり振り返って、
来年度に活かしていってください!!!

(I)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

応用造形毎年恒例の書き初めでございます!

R6235147.JPG

早速今年の欲望を...

R6235148.JPG

「女」!!!

R6235152.JPG

「肉と野菜」

R6235155.JPG

「さらに女」

R6235157.JPG

対して「漢」

R6235168.JPG

普通に書くのにも飽きて耳にかけた筆で書き始める本ゴー先生

R6235170.JPG

その向かいで「一夫多妻」...!!

R6235164.JPG

さて傑作がぞくぞくと出来上がって...

R6235160.JPG

ちがうちがう、みんな今年の目標を四字熟語で書くんですよ〜!

R6235176.JPG

いつまでも書けない彼女を見守る男子たち

R6235177.JPG

いっぱい書きましたね〜
さてみんなの今年の目標は...!?

R6235179.JPG
R6235187.JPG
R6235186.JPG
R6235183.JPG
R6235192.JPG
R6235188.JPG

まあ、なにはともあれ

R6235161.JPG


(W)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

あけましておめでとうございます!!!
本日1月4日はまだ学生は冬休み中ですが、今日はチーム応用造形(研究科1年生と本ゴー先生のクラス)グループ展の搬入なのでございます。

DSCF3077.JPG

朝からわいわい積み込中、雪がちらほら。
それではいってきます!!!

DSCF3087.JPG

会場は4年前まで卒制会場としてお世話になっていた富山市民プラザ!
卒制会場だっただけあってとても広いです!

DSCF3098.JPG
DSCF3110.JPG
DSCF3145.JPG

卒制は20人ですが今回は6人。こんな贅沢に展示できるなんてありがたいですね〜。

DSCF3104.JPG
DSCF3115.JPG

それぞれテキパキとセッティングしていきます。

DSCF3123.JPG
DSCF3141.JPG
DSCF3125.JPG

二日目は各自微調整やライティングなど。

DSCF3140.JPG

こちらは地獄の吊り展示中。繊細な仕事で神経すり減らしています...!

DSCF3136.JPG

そしたらなんと事務長さんが差し入れに来てくださいました!癒し!
ひとやすみひとやすみ。

DSCF3133.JPG

武士!?

DSCF3135.JPG

お手伝い中。

DSCF3144.JPG

協力してライティング中。

DSCF3148.JPG

本ゴー先生もライティング中。
二日目ももう夕方です。
入り口ではポスターを貼ってくれています。

DSCF3157.JPG

奥でなにかが始まりました。

DSCF3159.JPG

手が冷たいよう。

DSCF3160.JPG

2階から水を引いているようです。
どんな作品が登場するのかお楽しみに。

DSCF3163.JPG

まだまだ続く地獄吊り展示。作業が終了したメンズ3人が高さを見てくれています。
なかよしです。

DSCF3164.JPG

富山ガラス造形研究所 研究科作品展「mixing」は明日6日から14日までやっております!
是非みなさまお越し下さいませ!(W)


コメント(0) 授業,求人・展示会

  

▲ページトップ

二泊三日で応用造形の研修旅行へ行ってきました!

R6234826.JPG

まずは福井のEZRA GLASS STUDIOへ!

R6234822.JPG

お休みだったにも関わらず中を見学させていただきました!
スタッフさんありがとうございます!

R6234811.JPG

大物制作といえばEZRA!山野宏さん!ってイメージですよね!
昔研究所の助手だった川辺さんがEZRAにいた頃、超ムッキムキで竿を回していたのが有名な話ですが、現在はスタッフ数も減って大きいものは作らなくなっているとのこと。

R6234800.JPG

スタッフさんが丁寧に説明をしてくださいました。
スタッフ募集中だそうです!是非!

R6234812.JPG

そして同じ敷地内の森の中には山野宏さんのアトリエがあり、中を見せてくれることに!

R6234817.JPG
R6234813.JPG

山野さんはこのアトリエで絵付けの作業をされているとのこと。
貴重な作品もたくさん見せていただきました!

R6234825.JPG

実は知り合いだったふたり。記念撮影!
また来ます!ありがとうございました!

R6234827.JPG

さて続いて京都へ。

R6234847.JPG

荒川尚也さんが運営する晴耕社さんを見学させていただきました。

R6234831.JPG

荒川さんはもはや発明家!こちらはマッサージ機を再利用し作った自動切断マシーン!

R6234835.JPG

こちらは窯の廃熱を利用しお湯の出る加工機です!

R6234840.JPG
R6234846.JPG

工房のほとんどが荒川さんオリジナルで、ガラスが溶解炉で溶けているのが当たり前の我々にとって、どうやって溶かしたら無駄が少ないのか、環境に優しいのかなど勉強になることばかりでした!
実際工房を立ち上げるまでのお話も実に興味深く、もっとお話を聞きたかったです。

荒川さんありがとうございました!

R6234852.JPG

日が暮れる前に八田先生が新しく建てた工房へ向かいました。

R6234864.JPG

すっかり夜になってしまいました。こちらがその工房です!

R6234854.JPG

建物も通気性が非常に良く素敵な工房でした。
実際のオープンは来年頃とのこと、今から楽しみです!

R6234853.JPG
R6234856.JPG

本日3つ目の工房です!
当然ですが研究所とは全然違って、とても勉強になりますね〜。
手作りの窯やガラスを見せていただきました!

R6234866.JPG

またもや知り合いに遭遇で記念撮影!良い旅ですな!

R6234868.JPG

そして本日の宿泊は八田先生邸!八田先生手作りのビーフシチューを振る舞ってくださいました!

R6234873.JPG

いただきま〜す!!!


〜2日目〜
本日は滋賀へ戻り日本電気硝子さんの工場見学です!

R6234886.JPG

残念ながら工場内は撮影不可ということで写真はありませんが、このときだけ富山から先生助手さんと合流して見学しました!
日本電気硝子さんは車や機械、医療の現場など生活の中の様々な場面で必要とされる製品を多く作っている、もはや日本になくてはならない存在なのです!
日本電気硝子さんありがとうございました!

R6234888.JPG

続いてミホミュージアムへ。

R6234889.JPG

I.M.ペイの建築が素晴らしいです!

R6234891.JPG

そして眺めも素晴らしい!
お腹が痛かったので記憶がうっすらですが、I.M.ペイ氏が、今年4月に満100歳を迎えられたことを寿ぐ意味を込め、「桃源郷はここ -I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」と題して開館20周年記念特別展が開催され、全展示室を使ってMIHOコレクションの名品を展示されておりました。

R6234907.JPG
R6234910.JPG
R6234908.JPG

そして4時間かけて広島へ移動。
尾道で一泊しました。


〜3日目〜

ついに来ました!福山の神勝寺!

R6234925.JPG

我々の目的はこちら!

R6234936.JPG

昨年度特別講義に来られた彫刻家の名和晃平さん率いるSANDWICH設計の洸庭!

木材で包まれたワンマテリアルの舟型の建築とその内部の空間で、波に反射する光を体験するインスタレーション作品です!


R6234949.JPG

下には京都の老舗、中根庭園研究所代表の中根金作さんの息子さんが作られた美しい庭園が広がっています!

R6234952.JPG

そして季節が最高!!紅葉きれい!!!

R6234961.JPG
R6234962.JPG

広大な敷地には、滋賀県から移築した17世紀の堂宇や、復元された千利休の茶室、建築家・建築史家の藤森照信が、山陽道から瀬戸内一帯を象徴する植物の松を多用して設計した寺務所などが点在し、その建物の間を結ぶように、趣向を凝らした禅庭が配されておりました!
癒されますねー。

R6234968.JPG

さて、ここから富山まで7時間!

R6234900.JPG

本郷先生長時間運転ありがとうございました!!!

R6234971.JPG

学生のみんなもさすがにお疲れの様子。
帰ったらまた制作がんばろー!お疲れさまでした!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

今日の造形科1年生のホットの授業はこのひとの多さ!!!

DSCF6432.JPG

本日のデモは題して「ビッグバンリターンズ」
昨年度まで助手だったペイさんは吹きガラスでとても大きい作品を制作しています。
大物の仕事を間近で見ることで、吹きガラスの可能性を1年生にも知ってもらいたいという中神先生の思いから今回のデモが企画されました。

DSCF6470.JPG

作業するのに2ベンチ使います。
この太い竿に7回もガラスを巻いてくるのです!

DSCF6513.JPG

ササキ&ペイベンチと本ゴー&ブライアンベンチ
そしてそれぞれにアシスタントが10人以上!
この大人数にペイさんが指示を出していきます。

DSCF6555.JPG

サイズを確認するササキさん。
同時進行で作っていくのでお互いのベンチで比較しながら吹いていきます。

DSCF6580.JPG
DSCF6587.JPG

5回までの巻きを任された造形科2年生のダイゴ!!

DSCF6592.JPG

ガラスを始めてまだ1年半だというのにこの成長っぷり!
ペイさんも思わず笑顔に。

DSCF6600.JPG

体力温存中の本ゴー先生。

DSCF6616.JPG

こっちの巻きは研究科のケンヤくん!!ダイゴに負けじと巻いてきます!

DSCF6634.JPG
DSCF6648.JPG
DSCF6598.JPG

竿を回す人、熱さから守るひと、ベンチを押さえる人、ブローをするひと、エアーをかけるひとなど、大きいものを作るためにはたくさんの人手が必要なのです。

DSCF6675.JPG

この大きさで軽々マーバーをかけるササキさん!
日々の筋トレ成果か最近ガタイがどんどんよくなっております。

DSCF6771.JPG

そろそろふたつを合体させる準備が整って参りました。

DSCF6787.JPG

最後まで丁寧に熱管理をする本ゴー先生。
さていよいよです!!!

DSCF6803.JPG

お手製のビッグバンマシーンに乗せペイさんの指示に合わせてくっつけます!

DSCF6809.JPG

ハイ!ドーン!!!!
ガストーチの音で声がなかなか届きません!みんなで声を掛け合いながら本ゴー先生とササキさんが全力で吹き上げていきます!!

DSCF6811.JPG

ひとが多すぎてどうなっているのでしょうか!!
銀色の消防服を来た人がくくっていきます!

DSCF6814.JPG
DSCF6816.JPG

吹きガラスでこの大きさ!!めちゃくちゃ熱いです!!!

DSCF6817.JPG

「ササキさん側を落とします!!!!」

DSCF6818.JPG

除冷炉へ運ぶのにも神輿で支えて運びます!

DSCF6821.JPG

ブライアンさんと本ゴー先生でかけ声合わせて持ち上げて突っ込みます!
「せぇーーーのっ!!!!!」

DSCF6824.JPG

みんなが見守る中見事除冷炉へ入りました!!!

DSCF6827.JPG

今回このデモを企画してくださった中神先生
練習から本番まで何度も参加してくれた学生のみんな
今回のためにわざわざかけつけてくれた卒業生たち
ずっと竿を回し続けてどんどんムキムキになっていく本ゴー先生、ブライアンさん、ササキさん
そしてそれだけたくさんのひとたちの心を動かす力のあるペイさん

このプロジェクトに関わってくれたみんなのおかげで、大きい作品を作るための大変さ、チームワーク、感動、そしてガラスの可能性を改めて知ることが出来た素晴らしいデモンストレーションになりました!!!

おつかれさまでした!!(W)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

久々に応用造形です!
クイックプロジェクト略してQP後期もやっております!

形がないものを形にするトレーニングということで今回のテーマは「火・水・風」

R6234517.JPG

風が実際肉眼で見える存在だったらという状況を仮定したゴーグルです。
風が見えたら視界が妨げられてもはやなにも見えないです!

R6234519.JPG

命や魂は燃やすと表現されることからライターから火の代わりに心臓が出ている作品。
なんとこの心臓ガラスで出来ています!

R6234535.JPG

こちらは乾燥した食べ物から水を連想させる作品。
逆の発想から見えないものを見事に表現しています!

R6234538.JPG
R6234540.JPG

スチールウールで出来たぬいぐるみが燃えていくこの作品は、子どもの頃の火遊びの記憶からアイデアがきているそうです。

R6234523.JPG

〜そして次の週〜

今回のテーマは「別の素材を使ってなにかにそっくりなものをつくる」

R6234553.JPG
R6234548.JPG

と、冷蔵庫から取出されたのは巨大な寿司!
スポンジと消臭ビーズで作られています。
イクラっぽい!(でかいけど)

R6234558.JPG

こちらはナイフ?

R6234557.JPG

と思いきや山菜掘り用のスコップだそうで、見た目は完全にナイフ!
しかも無加工だそうで、ホームセンンターあなどれないですね。

R6234559.JPG

こちらは油揚げで出来たエジプトの石盤。

R6234561.JPG

リアルさを追求してくると思ったら、みんな今回変化球で来ましたね〜。
明日は研1チェックがあるので、今日はこの辺でQPは終わりにして...


ちょっと見学へ!

R6234565.JPG

やってきたのは富山県美術館です。

R6234580.JPG


「ビエンナーレTOYAMA」は、富山県在住のアーティストがみずから企画・運営する手作りの展覧会です。この展覧会の前身である「太閤山ビエンナーレ」は、2013年、2015年に太閤山ランドを会場として、富山を拠点に県内外で活躍する作家が集いました。世代や分野を超え、平面、立体、インスタレーションの作品を屋内・野外展示する試みは、富山における新たなアートシーンを切り開く機会となりました。今回、「ビエンナーレTOYAMA 2017」は、会場を富岩運河環水公園および富山県美術館TADギャラリーに移し、過去2回の展覧会の流れを引き継ぎながら、更なる展開をはかるために開催いたします。若手からベテランまで世代を超え、総勢50名の作家による意欲的・挑戦的な作品を5期に分けて紹介いたします。会期ごとに全く違った風景をみせる、富山の美術家たちの今を是非ご覧下さい。

R6234568.JPG

ということで第1回は金工の中村先生が出展されておりましたが、第2回はなんと

R6234571.JPG
R6234572.JPG

中神先生が出展されております!

R6234575.JPG
R6234576.JPG

第3回以降は昨年まで助手だった横山さんや本郷先生の作品も展示されますので皆様是非!!!(W)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

コラボ授業


後期授業スタートしております!

造形科1年生のホットワークはコールドワークの授業でカットする生地の器を制作します!

R6234437.JPG
R6234451.JPG

まずヴァーツラフ先生がチェコスタイルのデモを見せて下さいました。

R6234455.JPG
R6234458.JPG

続いて中神先生の色ガラスを着せるデモ。
いよいよ1年生も色ガラス使えます!!(前期はクリアのみだったのでした)

DSCF5367.JPG
DSCF5374.JPG

さぁ制作スタート!さっそく大きいですね!!

DSCF5392.JPG
DSCF5393.JPG

型吹きチームはヴァーツラフ先生が手伝ってくれます!

DSCF5555.JPG
DSCF5389.JPG

こちらは青色のパウダーを付けています。
色によってガラスのやわらかさが変わるので扱いも大変になります。

DSCF5403.JPG
DSCF5597.JPG

ヴァーツラフ先生には「コールドワークの仕事はコールド室だけでするものではない」という考え方があります。
カットをする生地づくりからコールドワークは始まっているのです!

DSCF5417.JPG

きれいにできました!どんな作品になるのでしょうか〜。

DSCF5405.JPG

お楽しみに!(W)








コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

前期全体講評2日目!
今日は造形科2年生です

DSCF0014.JPG

今回のゲスト講師は

DSCF0658.JPG

美術評論家の外舘和子さん

DSCF0902.JPG

東京藝大の藤原信幸先生

DSCF0138.JPG

そして通訳は宍戸さんです!
よろしくお願いします!

DSCF0032.JPG
DSCF0056.JPG
DSCF0068.JPG

さすが2年生!壁や空間をうまく使って展示をしています。
この展示方法で本当に良かったのか、作品にとって最も良い展示はなんなのかという話も上がりました。
うまく展示するのに必要なのは経験値なので、まずやってみることが大事ですね。

DSCF0071.JPG

ちらっ

DSCF0106.JPG
DSCF0110.JPG

秋晴れの中、野外展示も。きもちいい!
自然の中での展示では、作品が自然に負けないようにしなくてはいけないのでなかなか難しいですね〜。

DSCF0174.JPG

こちらはホットショップを大胆に使ったインスタレーション展示。

DSCF0205.JPG

えー、ここで一曲...

DSCF0209.JPG

ではなくて、機械音が大きいのでマイクを使っての講評なのでした。

DSCF0231.JPG

講評が盛り上がって予定時間を大幅にオーバー。それだけ作品の見応えがあるということですね。
司会の助手さんがスケジュール調整をしております。

DSCF0286.JPG
DSCF0374.JPG

真剣な眼差しの学生。

DSCF0407.JPG

と見せかけ余裕のこの笑顔。

DSCF0400.JPG
DSCF0437.JPG
DSCF0444.JPG

順番が最後だったブロー大好きなナイスガイのふたり。
のびのびと素直に制作に取り組んだ結果が作品に表れており、楽しい講評となりました。

DSCF0421.JPG

2年生は後期から卒制へ突入するので、作品の今後の展開をどうするのかという話題も度々上がりました。
藤原先生の「しっかりやっても、適当にやっても、1日は1日、1ヶ月は1ヶ月、1年は1年なので」という言葉の通り、後期も精一杯制作していきましょう。
1日お疲れ様でした。

DSCF0462.JPG

講評終わってさっそく作業!明日は研究科!頑張って!

DSCF0471.JPG

講評後あのホットショップでの作品が夕日に照らされて輝いておりました。
時間帯によっても見え方が全然違いますね〜。



********************



さて、講評会3日目!本日は研究科の講評です!

DSCF0498.JPG

ギャラリーに入った瞬間この迫力!さすが研究科!

DSCF0497.JPG
DSCF0552.JPG
DSCF0662.JPG
DSCF0776.JPG

吹きの大物の作品やキルンとバーナーの細かい仕事、時間をかけてコールド加工を施したものやパフォーマンスなど
相変わらず個性が爆発した4人の半年の成果をしっかり見せてもらいました!
後期も頑張ろうー!

DSCF0573.JPG
DSCF0594.JPG
DSCF0735.JPG
DSCF0840.JPG

研究科2年生の4人はもうすぐ2度目の卒制です。今回の作品から卒制に向けてどう展開していくのか楽しみです!
研究所での残り半年、思いっきり制作して下さい!

DSCF0908.JPG

最後に先生方より総評をいただきました。
本郷先生の言葉のとおり、今回の講評で言葉に詰まったり言い訳をしてしまったひとは、そこを自分の伸びしろと思ってこの先を切り開いていってください!

みなさま長い3日間お疲れさまでした!来週からはなんとワークショップです!!!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

DSCF9423.JPG
本日は、造形科1年生の前期全体講評会です!
この半年間の成果を皆さんに観てもらう大切な日です。
造1のみんな、初の講評会で少し緊張しているようです。

DSCF9424.JPG
今回の講評のゲスト講師は、東京で狩野グラススタジオを主宰されている
ガラス造形作家の狩野智宏さんです。
講評よろしくお願いします。

DSCF9433.JPG
さあ、トップバッター頑張ってください!
明快な説明で良いスタートです
自分の興味や関心事が素直に作品に表れていますね。

DSCF9491.JPG
個性的な観点と形です

DSCF9501.JPG
海外の先生方からも講評してもらえるので、また違った観点や考えからの意見をもらえます。

DSCF9507.JPG
やわらかなラインと色調を感じます

DSCF9528.JPG
人に観てもらう意識を高く感じる、展示とプレゼンです

DSCF9537.JPG
DSCF9623.JPG
ストーリー性を感じます

DSCF9556.JPG
こちらは屋外での展示。インスタレーションの作品にも挑戦。
自然光に照らされたガラスはやはり綺麗ですね。


DSCF9724.JPG
別の展示部屋に移動し、再開。
さあ次の作品は

DSCF9638.JPG
DSCF9644.JPG
こちらはクジラを飛行船としてイメージした照明、作者の世界間をとても感じます。

DSCF9662.JPG
作品から興味のあるものへの関心の高さをとても感じます。

DSCF9708.JPG
富山愛を感じる作品ですね。

DSCF9772.JPG
苦戦しながらも作りきりましたね!

DSCF9776.JPG
どの作品も丁寧に作られています。


DSCF9778.JPG
さあ、また展示部屋を移動し、講評再開です。

DSCF9813.JPG
和のテイストを感じます、着眼点が面白いです。

DSCF9834.JPG
カット技法の使い方が面白いですね。

DSCF9842.JPG
自身の経験や人柄が作品によく表れています。

DSCF9876.JPG
1点1点の作品が丁寧でクオリティが高いですね。

DSCF9922.JPG
DSCF9958.JPG
どの作品も完成度が高く面白いですね。こちらはクラゲをモチーフにした器。
カサの部分が器になり、触手の部分がスタンドになるというユーモアのある作品です。


DSCF9940.JPG
造形科1年生全員の講評が終わり、狩野さんから総評をいただきます。
技法を身につけることは大事だが、それだけではなく表現者として
どうガラスと向合い扱っていくかをそれぞれ模索し、
これからもっと挑戦していってほしい、とおっしゃっていました。

DSCF9950.JPG
最後に本郷先生からも総評をいただきます。
今回の講評会を自分の中でもう一度振り返り、改めて気がついたことや感じたことを整理する。
また、それが自分にとって何なのかををよく考える。
作品を直ぐに箱に片付けてしまうのではなく、自分の作品と向合う時間をつくる。
失敗して思い通りにならなかったことから何を学ぶか。
ということをおっしゃっていました。

DSCF9946.JPG
お二人ともとても貴重なコメントをおっしゃっていただけました。
造形科1年生のみんなには、今回の講評会をこれからの作品の制作の糧にしてほしいと思います。


なにはともあれ、みんな良く頑張りました講評会おつかれさまでした!
講評会に来ていただきました狩野さん、誠にありがとうございました。 (T)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.