HOME » 学校ブログ » 授業

学校ブログ

学校ブログ [ 授業の最近のブログ記事 ]

OYZK〜OSD編〜


OSDとは大阪産業大学の略でございまして、研究科1年生の応用造形で大阪産業大学の学生と合同のプロジェクトを進めております。

このプロジェクトで制作した作品は大阪産業大学のオープンキャンパスで展示されるそうです。
ガラスの性質上可能かどうか、また作り方やデザインについて、毎週スカイプで話し合いながらやり取りをしているのです。

P5090007.JPG

さて、スカイプの日。
向こうから送られてきたデザイン画をもとに制作したものを持ち寄ります。

P5090013.JPG

制作してみると、大きさや形や厚みの限界などがよくわかります。
そのことを伝え一緒にデザインを考えていきます。

そんなパソコンの画面の向こう側の皆様がなんと...


富山に来てくださいました!

P6190177.JPG

直接顔を見ながら話し合えるのは嬉しいですね。

P6190179.JPG

デザイン側の要望や

P6190171.JPG

作り手側の提案など

P6190188.JPG

お互いに話し合うことで今の問題点や改善点など色々見えてきたのではないでしょうか。
あと一ヶ月!素敵なテーブルウェア完成させましょう!

P6190184.JPG

大阪産業大学のみなさん遠くからわざわざありがとうございました!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

造形科1年生の平面の講評がありました。
第1課題のデッサンでモチーフは「自分を表現するもの」です!


まずはみんなの作品を並べてみんなで眺めます。

P6160112.JPG

「こんな機会ないですよ!舐めるように見てください!」と西先生

P6160128.JPG

こちらはモチーフや構図が楽しい作品。
ゾウのおもちゃやベイマックスがやいのやいのしていて、物語を感じるます。

P6160131.JPG

こちらはおそらくスカパラが好きなんでしょうね〜。
ノートパソコンやCDのジャケットなどよく描き込まれています。

P6160127.JPG

一部水彩で着色した作品。
色々な素材がしっかり描き分けられています。

P6160121.JPG

蛇好きでしょうか。
受験対策のデッサンとは違ってみんな個性がよくあらわれています。

P6160149.JPG

その後、西先生から一点一点丁寧に講評をいただきました。

P6160148.JPG

デッサンでは自分で考えずにモチーフのあるままの姿を描くことが大事。
シンプルですがそれはとても難しいことなんのです。

P6160140.JPG

中には構図に悩みすぎて時間が足りなくなってしまった学生も...。
悔しさをバネに頑張って完成させてください!

P6160115.JPG

みんな同じ時間の中で、それぞれが課題にどう取り組んだのか作品によくあらわれていました。
画家ではないのでじっくりデッサンをする機会は今後なかなかないと思いますので、今回の作品を是非大切にしてください。

次の課題は色彩構成です。(W)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ



金曜日、造形科1年生は立体の授業で、立山方面に校外学習へ行ってきました。


R0032507.JPG


立山と言えば「立山信仰」ですね。富山の文化を体験しましょう!

ということで、地獄から天国まで五感で体験出来る、まんだら遊苑にやってきました。

R0032510.JPG

怖っ!!(白黒撮影)



うぉぉぉぉぉぉお〜

ぴぎゃぁぁぁぁああぁぁ〜




入口では地獄からのうめき声が響いています...


DSCF5028.JPG

血の池地獄...を表現したスポット。地獄へようこそ。



閻魔様の裁きをうけて、ここから天国へ向かって歩いて行きます。



DSCF5038.JPG

あっ!!何かを指差す学生。

妖精でもいたのでしょうか?

DSCF5042.JPG

館内には様々なアトラクションやアート作品が展示されています。
地獄から天国までを五感で体験する施設。
館内は撮影ができないので、写真はここまで。


行くならやはり天国がいいなぁと思いました。悪い事をしてはいけませんねぇ〜





次は研究所の卒業生でもある小幡さんの工房へ。


R0032517.JPG

名称未設定 1.jpg

工房の外観と小幡さん。

小幡さんが在学中の時のお話や、どうしてこの場所を選んだのか等、
普段の学校生活ではほとんど聞けないお話をしてくださいました。

今の自分を比べながら話しを聞いていると、イメージしやすくて、スッと話しを聞く事ができました。

吹きガラスの道具を自分で作っていたよ〜と小幡さん。
自分でつくれるの!? と、学生達も興味津々です。
是非いろいろと未来に向かってチャレンジして欲しいですね〜。

小幡さん、作業中にも関わらずお話を聞かせていただき、ありがとうございました!





最後はKAKI工房さんへ。

DSCF5066.JPG


KAKI CABINET MAKERさんは、木材家具の老舗です。

簡単な挨拶のあと、ショールームへと案内していただきました。

R0032525.JPG

かっこいい!!
素敵ー!!
ワー!ワー!

R0032524.JPG

学生達はKAKIさんのセンスにすっかり虜に。

なかなか椅子から腰があがりません。


R0032530.JPG

制作現場の方にも入れさせていただきました!!
作業場を見てもかっこいい!!まだ見ぬ自分のアトリエに想いを馳せます。


KAKI工房さんのある所は、冬にはとっても雪が積もる山の奥。

冬の辛さを知っているから、こんなに暖かな、ぬくもりのある家具が出来るのかもしれませんね。

今度、家具を注文しに行こう。



さぁ、皆さんはどんな作家になるのでしょうか?


これからが楽しみですね。がんばりましょ〜





(S)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

応用造形の校外学習です!
黒部に来ています!

P5160113.JPG
まずは黒部市美術館!
3月まで助手だった横山さんが出展している「素材の息吹ー発展する工芸のかたちー」を見学します!
7月2日までです!是非!

P5160119.JPG

森へ寄り道

P5160146.JPG

そして下山芸術の森発電所美術館へ

P5160123.JPG

そう!なんと今発電所美術館では本ゴー先生の個展を開催中なのです!

P5160122.JPG

中央の鏡を使った大きな作品はなんとも不思議!
こっちにいるのか向こうにいるのかわからなくなります!

P5160130.JPG
P5160139.JPG

思わずぐるぐる周りを歩きたくなります

P5160135.JPG

こちらも7月2日までです!
是非ー!!!

P5160147.JPG

その後ガラス工房なないろKANへ行くも閉館日!
だったけど心優しいスタッフの方が少しだけ見学させてくださいました。(写真なし)

P5160150.JPG

なないろKANの向かいには何故か竪穴式住居が

P5160151.JPG

遠くを見つめる3人

P5160152.JPG

視線の先には謎の仏像が...!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

毎年恒例のキューブづくり!
造形科1年生がコールドの授業で制作するキューブの生地をつくります。

P6010202.JPG

まずは助手のササキさんによるデモンストレーション!
制作する上での注意点を丁寧に説明してくれます。

P6010216.JPG

ガラスを塊で4回巻くと結構な重さになります。
みんなできるかな?ドキドキ!


でも大丈夫!この日はなんと
P6010233.JPG
P6010257.JPG
P6010240.JPG
P6010261.JPG
P6010251.JPG
P6010266.JPG

先生3人助手3人が出動!!!

P6010274.JPG

真剣です!

P6010281.JPG

見守られます!

P6010219.JPGのサムネイル画像

素早い!!

P6010278.JPG

竿回しや火除けをしながらみんな同じグループの制作を手伝います。
ホットワークはチームワークが大切。大きいものを作るときは特に!
大変だけどみんなでつくると楽しいね!

窯出しが楽しみです!

みんなおつかれさま!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ


さぁ、今日は窯のチェックの日!
昨日、電気炉の中に入れたガラスと型をチェックしますよ〜
DSCF1572.JPG


現在、電気炉内の温度は860度!
電気炉自体も熱くなっていて、素手では熱くて触れない状態!
部屋中熱気で、真夏状態です。
DSCF1571.JPG


皮手袋を付けて、電気炉の小窓から中を覗いていきます。
DSCF1574.JPG


860度にもなると、窯の中が赤すぎて、一体どうなっているのか見えません。
懐中電灯を照らして、中を確認!
DSCF1576.JPG


確認するのもほんの一瞬です。
小窓を開けただけで、ひどい熱気が!
DSCF1575.JPG


わー!みんなの型とガラスはどうなっているのでしょうか?
このガラスは一週間かけて、ゆっくりゆっくり冷ましていきます。
DSCF1582.JPG


次週は待ちに待った窯出しです。
どんなガラスに仕上がっているのか、楽しみですね〜!!!(I)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

今日は造形科1年生のキルンクラス、本作品の窯入れの日です!

キルンクラスでは、電気炉(=キルン)を使ってガラス作品を作る技術を学びます。
今回はガラスの鋳造(キャスティング)です。


こちらでは、ガラスの重さを測っています。
ガラスを電気炉に入れる準備をしてるんですね。
DSCF1463.JPG


ハンマーでガラスを細かく砕いています。
指を叩かないようにねー
DSCF1471.JPG


こちらではガラスをふるいにかけて、ガラスの粒を仕分けしています。
DSCF1459.JPG


細かくしたガラスを石膏の中に詰めていきます。
どの色をどこに詰めようかな〜
DSCF1497.JPG


石膏の中にスプーンを使ってガラスを詰めています。
これはプレス型という、ちょっと作るのが難しい型にチャレンジしました。
DSCF1458.JPG


うまくガラス詰めできたかな〜?
先生もチェックしてくれています。
DSCF1473.JPG


今回みんなが使うのが、研究所にある一番大きな電気炉!
人が入れちゃう大きさです。
DSCF1480.JPG


みんなの作った石膏型を電気炉に並べていきます。
DSCF1500.JPG


じゃじゃーーーん。
無事に窯入れ完了!!!
さぁ、これから温度を上げていきますよ〜。
DSCF1501.JPG


明日は窯の温度チェックをします!
窯の中でガラスがどうなっていくのか楽しみですね〜!(I)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

1年生の金曜日の午前は平面です。
最初の課題は鉛筆デッサン!受験でいっぱい描いてきた1年生ですが、今回は6月までじっくり時間をかけて制作します。
モチーフは「自分を表すもの」 

P4210242.JPG

配置の考え中。
迫力のある絵を描くために構図の中で高さを出すのはひとつの方法です◎
お花が良い役割を果たしていますね。

P4210235.JPG

西先生の構図についてヒントタイム!

P4210239.JPG

画用紙に描き始める前にクロッキー帳に描いてみて構図を考え中。

P4210237.JPG
P4210240.JPG
P4210238.JPG

配置が決まったようでみんな描き始めました。

P4280050.JPG
P4280053.JPG

次の週、西先生が自身の作品を持ってきてくださいました!
あまりの細密さにみんな見入っています。
こんな素敵な絵を描いてみたいですね〜。

P4210244.JPG

どんな作品になるのか楽しみです!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

造形科1年生は毎日違う技法を勉強しています。
毎週木曜はホットワーク!
竿の持ち方、ガラスの巻き方、道具の使い方など、はじめのうちは覚えることがいっぱいです!

P4200196.JPG

3週目に入って吹いたガラスに別の竿をつけて切り離すというところまでの練習をしています。

P4270021.JPG
P4270014.JPG

熱いガラスの状態を見極める、これがなかなか難しいのです!
中神先生が後ろからアドバイス!

P4200227.JPG

なにより竿を回し続けることが大事なので、空いた時間も練習をしています。

P4270005.JPG

ここでちょっとディスカッション。
作業の中で上手く出来ないところをひとりひとり聞いて、どうしたらうまくいくのかみんなで考えていきます。

P4270034.JPG

すかさずメモをとる学生。
勉強熱心です!

P4270006.JPG
P4270042.JPG

通りすがりのヴァーツラフ先生も見守ります。

P4270018.JPG
P4270038.JPG
P4270024.JPG

1日中ひたすら練習!みんなだんだんきれいな球を吹けるようになってきました!
これがコップになる日も近いですよ!みんな頑張れー!

P4200222.JPG

カラフルなひとたちも応援しています!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

応用造形


研究科1年生と留学生のラズマスくんは応用造形の授業で金沢に来ています。

P4250270.JPG

まずは21世紀美術館で「池田学展」

P4250268.JPG

とんでもなく細密な作品でしたよ!素晴らしい展示でした!
本ゴー先生とラズマスくんは画集をお買い上げです!

つづいてギャラリーO2へ

P4250290.JPG

早く来すぎてやってない!

P4250276.JPG

なので金沢を少しぶらぶら。
ソフトクリームに金箔がのっただけで値段が2倍だったのでノーマルで我慢。

P4250277.JPG
P4250281.JPG

尾山神社でお参り。

P4250287.JPG

なんか彫刻も色々ありました。

P4250292.JPG

そしていよいよO2で「アビルショウゴ展」を見学!
この独特の造形はキルンブローというアビルさん独自の技法で制作されているらしいのですが、
作品を見てもオーナーさんに説明してもらっても制作風景が想像ができません...!


そして最後はG-wing'sギャラリー。
ナビに翻弄され全然たどり着かなかったのですが...

P4250295.JPG

ついに到着!!!

P4250296.JPG

「山田睦美 珠洲焼展」を見学。
珠洲は石川県の最北端にある町です。珠洲焼は落ち着いた黒っぽい色の焼き物です。
興味のある方は是非!

ということで展覧会自体の写真は撮れないので移動の画像ばかりでしたが、どれも興味深い展覧会ばかりでした。

P4180185.JPG

応用造形では自分の過去の作品を振り返って分析するマッピングを制作しプレゼンしたり、
大阪産業大学のデザイン工学部の学生さんと合同で作品をつくるプロジェクトなどをやっています。(W)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.