HOME » 学校ブログ » 特別講義 » カーリン・スザーランドさん 特別講義

学校ブログ

カーリン・スザーランドさん 特別講義


今日はアーティスト・イン・レジデンス2018滞在作家の
カーリン・スザーランドさんの特別講義です!

DSCF3659-b.JPG

こちらがカーリン・スザーランドさん!

今日はカーリンさんのご出身のスコットランドのことや、
作品のことについてお話いただきます!

DSCF3887-b.JPG

カーリンさんは、スコットランドの北東端のケイスネス(Caithness)のご出身!
赤く印のある場所です!

DSCF3667-b.JPG

こちらがケイスネスの景色です。美しいですね〜〜〜

DSCF3673-b.JPG

海岸部では富山県のように、
一日のうちで天気がコロコロと変わるそうです。

DSCF3675-b.JPG

こちらはノースランド・クリエイティブ(North Lands Creative)という
ガラス制作が行える工房になります。

DSCF3686-b.JPG

こちらはガラスの加工を行うコールドショップ。

DSCF3692-b.JPG

電気炉を扱うキルン室。
カーリンさんはこちらの電気炉を利用したり、プロジェクトでお仕事をされています。

DSCF3690-b.JPG

こちらは吹きガラスを行うホットショップ!

DSCF3694-b.JPG

こちらはカーリンさんの大学時代。
窓の外に見えるのはエジンバラ城!すばらしい景観です!

DSCF3695-b.JPG

カーリンさんはもともと建築を学び、エジンバラ大学で博士号まで取得されています。
これはカーリンさんが初めて作ったガラス作品とそのプロセス!

DSCF3703-b.JPG

カーリンさんは制作するうえで、「場所」や「光と影」に
着目し、作品を制作されています。

DSCF3705-b.JPG

制作する時は、まず写真を撮り、次にドローイングをおこします。
こうやって透視図法から作品を展開していきます。

DSCF3712-b.JPG

パソコン上に取り込み、形を検討します。

DSCF3714-b.JPG

こちらはカーリンさんの初期の作品。

DSCF3718-b.JPG

近年はブルズアイという会社の板ガラスを使って
作品を作られています。

DSCF3760-b.JPG

この作品はブルズアイの社長さんの納屋で行われた展覧会のインスタレーション作品です。

DSCF3762-b.JPG

ただ板ガラスを吊り下げているのではなく、
形や吊り下げる角度まで、パソコンでしっかり計算されつくされた作品です。

DSCF3768-b.JPG

昨年度はアメリカの有名なコーニングガラス美術館に選ばれて、
滞在制作、展覧会を行ったそうです。

DSCF3816-b.JPG

こちらが展覧会の会場!

DSCF3826-b.JPG

この作品は、コーニングから出版されているNew Glass Review の表紙を飾りました!!!
背景に見えているのは、この作品のテーマになった故郷の景色です。

DSCF3828-b.JPG

最近は、色を使った作品も展開されています。

DSCF3849-b.JPG

DSCF3858-b.JPG

富山の滞在制作では、これからどんな作品が展開されるのでしょうか?

DSCF3903-b.JPG

カーリンさんが6週間の滞在制作、楽しみにしています!

カーリンさんの作品展は
富山市ガラス美術館で11月20日(火)〜11月25日(日)6階レクチャー室で行います!

みなさま、ぜひ来てくださいね〜!!!!

(I)










コメント(0) 特別講義

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.