HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春のワークショップ2日目

学校ブログ

春のワークショップ2日目


ワークショップ2日目。
本日も、カイさんによるスライドレクチャーから始まりました。
まずは初日の続き。カイさんの作品の紹介です。キャリアがとても長いので、作品数も多く内容も深い。

20180529-1.JPG

ガラスを素材とした作品。いくつかのガラスのパーツを接着して制作されています。

20180529-2.JPG

最新の展覧会の写真も。

20180529-3.JPG

展示空間から、コンセプトから、色んな視点からどんな作品を作り、どう展示するかを考えます。

20180529-4.JPG


20180529-5.JPG

20180529-6.JPG
カイさんはドローイングも素晴らしいのです。↑

博学なカイさん。お話の内容も、コンセプトも深い。難しい内容も多いので、通訳の中神先生も必死です。

20180529-7.JPG


さて、ここからは今回のワークショップの内容説明。
「In - Between - space 」の説明です。
タイトルからも分かるように、今回のワークショップのキーワードは「空間」。
日本における「空間」についても調べたそうです。

20180529-8.JPG


20180529-9.JPG


1つ目の課題。

① 「In - Between - space 」をドローイング。
② ①を隣の人に渡す。
③ ③で渡されたドローイングを立体へ。

20180529-10.JPG
指の間を、


20180529-11.JPG
再構成。


カイさんのによるデモンストレーションです。
20180529-12.JPG

ヴァーツラフ先生も参戦!
20180529-13.JPG


第一課題の始まりです。
研究所の中や外、色んな場所にある「In - Between - space 」。

20180529-14.JPG

ドローイングをみてみましょう。

20180529-17.JPG

隣の人に渡して、
20180529-16.JPG

立体へ。

20180529-18.JPG


完成!!!

20180529-19.JPG

今回はここまで。明日は①のドローイングを描いた本人に戻し、今度は本人が立体作品を作ります。
20180529-21.JPG

皆、頭の中は新しい情報でいっぱい。明日から、沢山アウトプットしていきましょう!!!


お疲れさまでした。


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.