HOME » 学校ブログ » 授業 » 造形科1年生 研究科1年生 後期講評会2日目

学校ブログ

造形科1年生 研究科1年生 後期講評会2日目


本日は造形科1年生後期講評会2日目です!
研究所のホールからスタートです!

DSCF4827.JPG

作品のテーマやコンセプト、作品を作る上で意識していることを
先生方に説明します。

DSCF4833.JPG

丁寧に作品を見てくださっている近岡先生。

DSCF4834.JPG

覗き込みながら、しっかり作品を見てくれています。

DSCF4839.JPG

今回の講評会は造形科一年生にとって、二回目の講評会。
一度は経験しているものの、言葉で自分の作品を説明するのはむずかしい、、、

DSCF4872.JPG

自分がどんな方向に向かって作品を作っているのか、、、
経験豊富な先生方に作品を多角的に見ていただきながら
いろいろなアドバイスをいただくことができます。

DSCF4870.JPG

場所が変わって、こちらはレクチャー室。

DSCF4915.JPG

時にはお褒めの言葉や、時には鋭いツッコミも、、、

DSCF4924.JPG

造形科1年生にとっては、一年間の集大成の講評会。
緊張やドキドキが入り混じった気持ちでしょうか。

DSCF4934.JPG

いつも優しい表情の本郷先生も、真剣な眼差しです。

DSCF4926.JPG

午後は研究科1年生の講評会です。
研究科はその名の通り「自分の研究をするコース」です。

DSCF4993.JPG

造形科と違って課題がないので、「自分自身の課題」を見つけて
作品制作に取り組みます。

「感覚」と「感情」は一体何が違うのか?「emotion」と「feeling」の違いは何なのか?

DSCF4983.JPG

チェコ出身のヴァーツラフ先生からは
私たちが普段の生活の中で、明確に区別することのない言葉の選び方にも疑問を投げかけます。

DSCF5002.JPG

自分自身の制作を突き詰めて考えていくことは、容易にできることではありません。

DSCF5015.JPG

たくさんの先生方の意見を聞いて、自分なりに消化して
はじめて自分の作品への理解が深まっていきます。

DSCF5044.JPG

講評会の終わりに、近岡先生から総評をいただきました。

DSCF5046.JPG

「複数の先生方から頂いた言葉は宝物です。
時には触れられたくない、不快な時もあります。
けれども、この場所以外ではそういった言葉を得ることはできません。
一語一句残さず、しっかり話を聞いてください」

「作品を人に見せる時には覚悟が必要です。
どれだけ自分が考えて、不安であっても、作品にする時には覚悟を決めて出してください」

DSCF5060.JPG

武田先生からも総評をいただきました。
「今回は造形科、研究科を通して、アッと驚くすばらしい作品には出会えなかった。
全体的に、自分自身の持っている課題に取り組む姿勢が弱い。
逃げないで、取り組んで、立ち向かって戦う。
こじんまりまとまわず、大きく広がっていってください」


本郷先生からは
「今はいい作品を作ることではなく、失敗することが一番大事です。
失敗したら、もったいないと思わずに、しっかり戻ること!」
というお言葉をいただきました。


造形科1年生、研究科1年生のみなさん、
後期講評会、本当におつかれさまでした!

先生方から頂いた言葉を大事に、しっかり振り返って、
来年度に活かしていってください!!!

(I)




コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.