HOME » 学校ブログ » 求人・展示会 » 富山ガラス造形研究所 造形科1年生グループ展 「融展〜ガラスと溶け合う〜」

学校ブログ

富山ガラス造形研究所 造形科1年生グループ展 「融展〜ガラスと溶け合う〜」


造形科1年生のグループ展「融展 〜ガラスと溶けあう〜」が、
 2月3日(土) 〜 2月12日(月)まで、富山市篁牛人記念美術館の2階で開催されています。

「融展」は、固体が溶解し流動し始める温度帯「融点」と、造形科1年生の展覧会の「展」を合わせた造語です。
彼らは研究所で1年間ガラスと向き合い、素材を生かす作品制作のために様々な角度から研究を重ねてきました。
流動し始めたガラスのように、変幻自在に変化できる彼らの可能性への第一歩の展覧会です。


搬入を終え、無事に展覧会初日を迎えることができました。
本日は、みんなが頑張って作った作品を講師の方を招いて講評をしていただきます。

DSCF5469.JPG


すっきりと観やすい展示空間になっています。
この展示の構成も、みんなで会場と作品のマケットを作って展示プランを立てました。
DSCF3702.JPG

DSCF3703.JPG


さあ、いよいよ講評会がはじまります。
講評会講師には、富山市ガラス美術館 館長 渋谷良治 氏をお招きしました。

ガラス作家でもあり、数年前まで富山ガラス造形研究所の主任教授を務め、
現在も本校の制作アドバイザーとして学生に指導していただいております。
DSCF3802加工.jpg


みんな緊張した様子です。

簡単な自己紹介と作品についての説明をおこない、
講師の方から講評をしてもらいます。
DSCF3730.JPG

DSCF3733.JPG

DSCF3740.JPG

DSCF3741.JPG

DSCF3745.JPG

DSCF3752.JPG

DSCF3757.JPG

DSCF3758.JPG

穏やかな雰囲気で講評は進んでいきます。
半分の人数が終わったところで、休憩タイムです。

ここで、サプライズゲストで
富山県美術館 学芸員の八木宏昌 氏が講評会に参加してくださいました。
DSCF3763.JPG

後半の講評会スタートです。
ここからは、お二人の講師の方に講評していただきます。豪華ですね。
DSCF3764.JPG

DSCF3765.JPG

DSCF3767.JPG

DSCF3769.JPG

DSCF3778.JPG

DSCF3793.JPG

DSCF3795.JPG

DSCF3800.JPG

これで造形科1年生全員の講評が終わりました。
講師の方がお二人になった分、また違った観点から意見をもらうことができたと思います。


そして、講評会講師のお二人から総評をいただきました。
1年間という短い期間ですが、研究所で学んだことにより、
ここまでの作品を作り上げたことへの驚きと感心を感じていただけたこと。
ここから更にどう作品を展開していくかを、それぞれがしっかり考えて模索していってほしいということ。
など、1年生のみんなに向けて激励のお言葉をいただきました。

最後に、この立体授業の担当教員の加治先生にしめていただき、
無事に講評会を終えました。
DSCF3802.JPG


DSCF3712.JPG

みんなお疲れさまでした!
それぞれ作品作りも頑張りましたが、
みんなで協力し合って展覧会を作り上げたことは、貴重な経験になると思います。
これからまだ在廊、搬出などありますが最後まで頑張りましょう。

展覧会の会期は12日迄ですので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。  (T)

コメント(0) 求人・展示会

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.