HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 秋ワークショップ始まりました!!!

学校ブログ

秋ワークショップ始まりました!!!


秋のワークショップ始まりました!
今回の講師はデイヴィッド・シュナッケルさんです!
RITの先生で吹きガラスがめちゃくちゃ上手で背が高くて笑顔がとっても素敵で優しい!

DSCF1174.JPG

一週間よろしくお願いします!!

DSCF0950.JPG

授業の最初はまず経歴と作品紹介のスライドレクチャーからスタートです。

DSCF0954.JPG

子どもの頃からアメコミやバンドのジャケットなどに興味があったデイヴィッドさんは、自分の興味のあるところからどう作品に展開できるか考えていたそうです。

DSCF0972.JPG

デイヴィッドさんの代表作のアメコミゴブレット。大きい方はなんと80cmもあるそうです。

DSCF1001.JPG

そしてそこから色々あって...

DSCF1048.JPG
DSCF1088.JPG
DSCF1143.JPG

現在は、美しい形のカップ(ゴブレット)を制作し、熱や時間、重力などによって壊したり組立てたりしながら、上手につくらない中での素材と技術の意味について考ええながら作品制作をされています。
今回のワークショップでは吹きガラスの技術を身につけながら、実験的に制作を進めアイデアを展開していきます!

DSCF1220.JPG

言葉で言ってるとなんだか難しいですが、とりあえずブローしよう!!
デモンストレーションスタートです!

DSCF1301.JPG

薄吹きのやり方を丁寧に説明してくださるデイヴィッドさん。

DSCF1253.JPG

細やかな温度管理。ひとつひとつの動き全てに理由があります。

DSCF1236.JPG

ブライアン先生の持っていくビットにもご注目!

DSCF1258.JPG

形、温度、状態、タイミングなどを見極めるためガラスと対話するブライアン先生。繊細な仕事なので緊張感が走ります。

DSCF1274.JPG

講評会があったのでしばらくガラスを使っていなかったため、みゃくりが出てしまいました!
でも「みゃくりがあるのにキレイに吹けたら嬉しいからみゃくり大好きだよ」とすごくポジティブなデイヴィッドさん。

DSCF1262.JPG

この笑顔!楽しそう!

DSCF1418.JPG

さて午後からは学生ブロー時間です。
自分の全力のカップを制作します。

DSCF1417.JPG

講評会があったので久々ですね〜。
ワークショップでは学年ごちゃまぜなので普段一緒に吹かないひとと吹けるので楽しいですね。

DSCF1428.JPG

学生のブローを見守るデイヴィッドさん。

DSCF1429.JPG
DSCF1430.JPG

みんな上手に吹けたかな?
今日吹いたものは今後のプロジェクトに使います。

DSCF1450.JPG

ワークショップ初日が無事終了しました。
みなさまおつかれさまでした。
ここでデイヴィッドさんへみんなからのプレゼントタイム。

DSCF1454.JPG
DSCF1457.JPG

オリジナルデイヴィッドさんTシャツです!
プリントの中にデイヴィッドさんのメガネが隠れていますよ〜みなさん是非探してください。

DSCF1453.JPG

背が高い。モデルのよう。

DSCF1465.JPG

最後に今回のワークショップ張り切っていきましょー!ということで元気の出る動きをみんなで...ぅううううう〜

DSCF1463.JPG

イェ〜イ!※練習中

DSCF1464.JPG

はい本番です!ぅうううううう〜〜〜〜

DSCF1466.JPG

イェ〜イ!!!!
一週間がんばろーーーー!!!(W)


コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.