HOME » 学校ブログ » 授業 » 前期全体講評会 造形科1年生

学校ブログ

前期全体講評会 造形科1年生


DSCF9423.JPG
本日は、造形科1年生の前期全体講評会です!
この半年間の成果を皆さんに観てもらう大切な日です。
造1のみんな、初の講評会で少し緊張しているようです。

DSCF9424.JPG
今回の講評のゲスト講師は、東京で狩野グラススタジオを主宰されている
ガラス造形作家の狩野智宏さんです。
講評よろしくお願いします。

DSCF9433.JPG
さあ、トップバッター頑張ってください!
明快な説明で良いスタートです
自分の興味や関心事が素直に作品に表れていますね。

DSCF9491.JPG
個性的な観点と形です

DSCF9501.JPG
海外の先生方からも講評してもらえるので、また違った観点や考えからの意見をもらえます。

DSCF9507.JPG
やわらかなラインと色調を感じます

DSCF9528.JPG
人に観てもらう意識を高く感じる、展示とプレゼンです

DSCF9537.JPG
DSCF9623.JPG
ストーリー性を感じます

DSCF9556.JPG
こちらは屋外での展示。インスタレーションの作品にも挑戦。
自然光に照らされたガラスはやはり綺麗ですね。


DSCF9724.JPG
別の展示部屋に移動し、再開。
さあ次の作品は

DSCF9638.JPG
DSCF9644.JPG
こちらはクジラを飛行船としてイメージした照明、作者の世界間をとても感じます。

DSCF9662.JPG
作品から興味のあるものへの関心の高さをとても感じます。

DSCF9708.JPG
富山愛を感じる作品ですね。

DSCF9772.JPG
苦戦しながらも作りきりましたね!

DSCF9776.JPG
どの作品も丁寧に作られています。


DSCF9778.JPG
さあ、また展示部屋を移動し、講評再開です。

DSCF9813.JPG
和のテイストを感じます、着眼点が面白いです。

DSCF9834.JPG
カット技法の使い方が面白いですね。

DSCF9842.JPG
自身の経験や人柄が作品によく表れています。

DSCF9876.JPG
1点1点の作品が丁寧でクオリティが高いですね。

DSCF9922.JPG
DSCF9958.JPG
どの作品も完成度が高く面白いですね。こちらはクラゲをモチーフにした器。
カサの部分が器になり、触手の部分がスタンドになるというユーモアのある作品です。


DSCF9940.JPG
造形科1年生全員の講評が終わり、狩野さんから総評をいただきます。
技法を身につけることは大事だが、それだけではなく表現者として
どうガラスと向合い扱っていくかをそれぞれ模索し、
これからもっと挑戦していってほしい、とおっしゃっていました。

DSCF9950.JPG
最後に本郷先生からも総評をいただきます。
今回の講評会を自分の中でもう一度振り返り、改めて気がついたことや感じたことを整理する。
また、それが自分にとって何なのかををよく考える。
作品を直ぐに箱に片付けてしまうのではなく、自分の作品と向合う時間をつくる。
失敗して思い通りにならなかったことから何を学ぶか。
ということをおっしゃっていました。

DSCF9946.JPG
お二人ともとても貴重なコメントをおっしゃっていただけました。
造形科1年生のみんなには、今回の講評会をこれからの作品の制作の糧にしてほしいと思います。


なにはともあれ、みんな良く頑張りました講評会おつかれさまでした!
講評会に来ていただきました狩野さん、誠にありがとうございました。 (T)

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.