HOME » 学校ブログ » 授業 » HOT1講評「シンプルな形」

学校ブログ

HOT1講評「シンプルな形」


前期授業も大詰め。造形科1年生ホットワークの講評がありました。
テーマは「シンプルな形」です。

R6233905.JPG
R6233910.JPG

外での展示はあいにくの雨でしたが、↑大地が呼吸をしているイメージをもって制作したというこの作品には湿気がとても似合っていました。

R6233917.JPG
R6233921.JPG

ホットショップには風鈴の作品が。
二重構造になっており2種類の音がします。

R6233929.JPG

ガラスの魚に植物が生えている作品。
中にまりもが入っているのもあります。

R6233938.JPG
R6233939.JPG

クラゲをモチーフに制作されたボウルとボウルを干す台。
ボウルの形や細長いビットワークなどは少し難しいのですがなかなか上手にできています!

R6233947.JPG
R6233950.JPG

口当たりの良さを意識して制作したグラス。実際に使ってみた中神先生もにっこり。

R6233953.JPG
R6233965.JPG

雪と氷をモチーフに制作した花器には野草を摘んできて生けられていました。

R6233982.JPG
R6233988.JPG

ひたすら吹いた球に、カットやサンドブラストを施し照明器具を制作。


R6233994.JPG
R6233998.JPG

実際家で使う事を考えて制作したグラスを、花器、グラス、キャンドルホルダーとして展示された作品。
体験型の展示はいいのですが、家具のカタログのようになってしまったりするので難しいです。

R6233999.JPG
R6234002.JPG

水の波紋をモチーフに制作した作品。
展示場所に悩んで校内をさんざんうろうろしていましたが、雨粒が当たるこの場所でいい音が鳴っていました。

R6233986.JPG

技術が身に付くまで時間のかかるホットワークですが、見せ方やちょっとした工夫でとても素晴らしい作品が出来ます。
そんな今だからこそ出来る作品を是非大事にしてください。

さて、後期からは吹きガラスの授業は週2になりますよ!!やった〜!!!!
後期も張り切って吹いていきましょう!

おつかれさまでした(W)


コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.