HOME » 学校ブログ » 授業 » すごいよ!ブライアンさん!!

学校ブログ

すごいよ!ブライアンさん!!




今日は夏休みが開けて、造形科2年生は最初のホットワーク(吹きガラスなど)の日でした。

エイミー先生に代わり、今日からはBrian corr(ブライアン・コア)先生が指導してくださいます!

DSCF8501.JPG

ブライアン先生はアメリカ出身。
富山に来る前は、オーストラリアのキャンベラグラスワークスでお仕事をされていました。
声が(も)とてもワイルドですが、とっても優しい先生です!

そしてなにより、筋肉がすごい...

そんなブライアン先生。今日から授業スタートです!!



はじめはご挨拶。
コンニチワ〜。日本語も少しずつ覚えようとしてくれています。うれしい〜!!

DSCF8732.JPG


挨拶もほどほどに、早速作業開始。
まずはブライアンさんのデモンストレーションから。

どんなデモを見せてくれるのかな。学生達も先生たちもワクワクです。

DSCF8736.JPG

DSCF8749.JPG

楽しそうなブライアンさん。吹きガラスが好きな人だというのがわかりますね。

DSCF8762.JPG

ブライアンさんが何か別のガラスをつけています。

DSCF8765.JPG

細かなピッチで、糸のようなガラスが巻き付けられていきます!すごい!

DSCF8768.JPG

端まで綺麗に巻き付けれました!

DSCF8780.JPG

鉄板(マーバー)の上で先ほどの線をなじませていきます。

DSCF8797.JPG

少しずつ形にしていきます。どんな形になるのかな。

DSCF8808.JPG

DSCF8812.JPG

温めたガラスを伸ばします。
伸ばしながら、どのようにしたらどのように伸びるのか等、細かく説明をしながら作業しています。

DSCF8822.JPG

伸びました!長いですね〜!

DSCF8834.JPG

先端のほうの形を整えていきます。

沢山の手が見えますが、竿を回す人、根元が冷えないようにバーナーであぶる人、
ブライアンさんの手元を手伝う人、作業中のガラスは500度以上あるのでとても熱いですから、
その熱気が手に伝わらないように木の板でブライアンさんの手を守る人等など...
大きな作品になると、沢山のお手伝いが必要になります。

しかし、さすが2年生。自然に身体が反応し、何をしたら良いのかを自分で判断し、的確にお手伝いしています。
すごいです。まさに阿吽の呼吸。チームプレーはホットワークの醍醐味の一つでもあります。



DSCF8838.JPG

先ほど、吹き竿で下の形を成形しました。次は別の竿「ポンテ竿」に移し替えていきます。
ブライアンさんが持っている竿がポンテ竿です。
オレンジ色のTシャツを着たアシスタントが持っている竿が、吹き竿になります。

これから吹き竿の根元からガラスを切り離し、ポンテ竿にガラスを移し替えていきます。

DSCF8842.JPG

作品の中心にポンテ竿が来るように、微調整をしていきます。
その間、吹き竿の根元が冷えてしまい、ガラスが割れる可能性があるので、
バーナーで根元をあぶり、冷えて割れない様に温度を保っています。

DSCF8844.JPG

吹き竿の根元から、ガラスを切り離しました。
少し見えにくいですが、切り離した所に息を入れていた穴が見えます。
今度はその穴の方を整えて行きます。
コップなどの形をした物も、基本的には同じ手順で制作していきます。

DSCF8846.JPG

DSCF8849.JPG

形を整えていきます。長い作品は、身体を横に倒し、腕を伸ばしながら作業をしていきます。
ブライアンさんの身体にガラスが触れてしまいそうです...。

DSCF8853.JPG

根元の方から水でぬらした新聞紙をあてて、形を整えていきます。
先端の方ばかりを整えると、全体のバランスが崩れてしまう事があるので、
たまに根元の方から形を見てあげます。真剣な表情のブライアンさん。

DSCF8859.JPG

二年生も真剣!!
皆で熱くない様に木の板(パドル)を持って、ガラスの熱から手を守ってあげています。
そしてさらには、守っている人を守っています。いいですね〜。思いやりですね。

さて、作業はいよいよ佳境に!!

DSCF8860.JPG

って、長っ!! 先が床についてしまいそうです!!

DSCF8861.JPG

そしてさらに伸ばします!! すごすぎます!! オラオラ〜!!

DSCF8867.JPG

外に出て、形を整えていきます。

DSCF8868.JPG

綺麗な形ですね。
表面に見えている線は、最初の方でブライアンさんが巻き付けていたガラスです。

DSCF8873.JPG

まだまだ整えます!
さっきは作業台の外からでしたが、今度は中から!
作品をさまざまな角度から見て、全体のアウトラインをつなげていきます。

DSCF8877.JPG

えぇぇ〜!!長い!!長過ぎる!!!
そして何よりも、形が美しい〜!!!!!

DSCF8881.JPG

完成したガラスはまだまだほかほかです。500度位はあるでしょうか。
出来た物をそのままにしておくと割れてしまうので、ゆっくりと冷ましてあげます。
冷ます為には「徐冷炉」と呼ばれる電気窯に入れます。
500度位から、約18時間程度かけて、ゆっくりと冷やしていきます。

DSCF8882.JPG

その徐冷炉に入れるため、耐火手袋をつけたアシスタントがガラスを掴んで、
安全にガラスを徐冷炉の中に運んでいきます。

作品は割れる事無く、無事に完成!!

その後は学生達の作業時間へ。

DSCF8891.JPG

DSCF8892.JPG

DSCF8894.JPG

学生達とも既に仲良し!!
なぜかというと、ブライアンさんは夏休み中に学生達の顔と名前を覚えていたのです!!

すごい。なんて人なんだブライアンさん。素敵すぎる!!!

明日も、ホットワークの授業があります。
どんな授業になるのかな。楽しみです。





最後に。
今日作った作品はブライアンさんにとって、Sサイズ?Mサイズ?Lサイズ?と聞いた所、

「ん〜、Mサイズかな。」

ひぇぇぇ〜...。すごすぎる...。




ブライアンさん、ありがとうございました。
これからもお手柔らかに、よろしくお願いします!




(S)

コメント(0) 授業

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.