HOME » 学校ブログ » 日々 » 研究科中間講評

学校ブログ

研究科中間講評


研究科は基本授業が無く、自分の研究テーマにあわせて計画を立て制作を進めています。

P6230004.jpg

この日は前期中間講評。先生5人が作品を見ていきます。

P6230015.jpgP6230021.jpgP6230028.jpgP6230039.jpgP6230043.jpgDSCF5433.jpgDSCF5391.jpgDSCF5395.jpg

研究科1年4人はコールドワーク、ホットワーク、キルンワーク、インスタレーションと得意とするところがみんなバラバラで個性豊か。
技法も考え方も全然違うので、お互いによい刺激になっているのではないでしょうか。

DSCF5386.jpgDSCF5385.jpgDSCF5403.jpgDSCF5405.jpg

研究科2年生は研究所4年目のベテラン!もうすぐ2度目の卒制が始まろうとしています...!
卒制にどうつなげていくか、2年前からの進化が楽しみです。


DSCF5412.jpgDSCF5421.jpg

そして留学生のラスマス君はこの中間講評で最後になります(泣)
富山に来てからの集大成!ガラスのきのこのインスタレーションです。
違う環境でもリラックスして制作していたラスマスくん。はじめから研究所の学生だったんじゃないかというくらい学校に馴染んでいましたね。帰らないでほしい。

DSCF5418.jpg

とりあえずみんな中間講評おつかれさまでした!
次は前期講評にむけてファイトー!(W)


コメント(0) 授業,日々

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.