HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春のワークショップ オープンデー

学校ブログ

春のワークショップ オープンデー


今日は春のワークショップのオープンデーです!
ヒロミさんと研究所の先生方で、ただいまデモンストレーションの準備中です。
今日はどんな公開制作になるのでしょうか!

DSCF4013.jpg

ヒロミさんは事前に作っておいたガラスのパーツをきれいに並べています。

DSCF4021.jpg

吹きガラスを始める前に、並べたパーツをしっかり温めておきまーす。

DSCF4061.jpg

さあ、準備が整いました!
吹きガラスの公開制作、いよいよ始まりま〜す!
会場には学生をはじめ、観客のみなさんもたくさん来てくれています。

DSCF4054.jpg

こちらは、ケーンというガラス棒を作っているところ。
上から真っ赤な熱いガラスを垂らしました。

DSCF4065.jpg

その後は、ガラスを伸ばしていきます。

DSCF4074.jpg

レース棒を作っています!
こんな風にガラスの棒を作って、作品のパーツとして使うんです。

DSCF4077.jpg

これは作ったレース棒を板の上に並べたもの。

DSCF4181.jpg

レース棒が底面に付いたガラスを膨らませています。

DSCF4127.jpg

どんどん丸く膨らませて〜

DSCF4130.jpg

コルクで両側から押さえて、つぶしたような形にします。

DSCF4144.jpg

ガラスはすぐに冷めてしまうので、冷めてしまわないように
何度も温め直します。
火にむかうヒロミさん。真剣な表情です。

DSCF4206.jpg

ガラスの口元をどんどん広げていくと、、、

DSCF4156.jpg

おお!楕円形のお皿の形になりました〜!!!

DSCF4165.jpg

吹きガラスのデモンストレーションが終わったあとは、、、
あらかじめ電気炉の中にセットしていた
ガラスの球をチェックしています。

DSCF4212.jpg

小さなガラスの球体が、土台の板状のガラスに焼成されたようです!
ここからガラスを室温まで、ゆっくり時間をかけて冷ましていきます。
完成作品は明後日までのお楽しみ〜

DSCF4211.jpg

今朝はみんなで作ったガラス作品も、屋外に設置しました。
1パーツごと、固定させていきます。

DSCF4028.jpg

これは松尾芭蕉の「月日は百代の過客にして、いかふ年も又旅人也。」
という俳句を一文字づつ、ガラスに書き込んだ作品です。

DSCF4030.jpg

位置はどうかなー?
バランスをチェックして、完成です!

DSCF4048.jpg

そしてもう一つのプロジェクト、
ベルジャーというガラスドームの作品も設置しました。

DSCF4032.jpg

吹きガラスを初めて間もない一年生も、一生懸命作ったガラスドーム。
その中に皆が見つけてきたものを入れました。

DSCF4034.jpg

色んなものが中に入っています。
みんなの思いやアイデアがいーっぱい詰まっています!

DSCF4036.jpg

春のワークショップもいよいよ終盤!
皆の作品も明日で完成です。

みんなは、どんな作品を見せてくれるのかな。
グループでしっかり話しあって、納得いく作品に仕上がるといいですね!!!

(I)









コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.