HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春のワークショップ5日目

学校ブログ

春のワークショップ5日目


さあ、早いものでワークショップ5日目になりました。
いろいろなプロジェクトが進行していますが、明日には完成を目指します!
残された時間は余りありませんが、みんな頑張りましょう!
DSCF3748.jpg


今日の吹きのデモンストレーションは、
電気炉で色ガラスのパウダーを焼いて作ったパーツを合わせるようです。
どんな作品になるのか楽しみです!
DSCF3763.jpg

デモが始まりました、なかなか大きくなりそうです。
アシスタントしてくれている学生も頑張ってくれています。
DSCF3813.jpg

程よい大きさまで膨らませたら、今度はコルクを使って形を変形させていきます。
DSCF3825.jpg
DSCF3828.jpg

側面が整ったら、次は上面になる部分を平にしていきます。
DSCF3835.jpg

先端部分をよく炙って、パーツがしっかりくっ付くようにします。
DSCF3837.jpg

さあ、いよいよ温めておいたパーツを付けます!
緊張の瞬間!!
DSCF3849.jpg

おぉ!きれいに付きました。
DSCF3852.jpg

パステルトーンの綺麗な色合いです。
DSCF3861.jpg

整えたら完成ですー!!拍手〜
DSCF3864.jpg


デモンストレーションの後は、
グループプロジェクトに向けた学生たちの制作になります。
みんな一斉に作り始めましたね。
DSCF3878.jpg

それぞれのチームの作品が段々とかたちになってきました!
どのチームの作品も面白そうです。
DSCF3874.jpg
DSCF3940.jpg
DSCF3958.jpg

こちらのチームは設置に取り掛かっています。
DSCF3894.jpg
DSCF3947.jpg

ヒロミさんにアドバイスをもらいながら、アイデアを詰めていきます。
DSCF3952.jpg
DSCF3975.jpg

?!
なにやら怪しげな様子...
一体どんな作品になるのでしょうか?!
DSCF3897.jpg


変わって、こちらはヒロミさんと教職員でプロジェクト1のベルジャー(ガラスドーム)
作品の展示場所を検討中。今回は屋外での展示が主になりそうです。
DSCF3889.jpg

こちらは、別のプロジェクトで、学生たちがケーンドローイングで文字を書いて作った作品。
展示場所は何とか決まりましたが、配置のバランスがなかなか難しい...
みんなで案を出し合って考えます。
DSCF3918.jpg
DSCF3921.jpg

自然光の下のガラスはやはり綺麗ですね。
公開展示の土、日曜も晴れてくれることを祈ります!
DSCF3954.jpg


そして、こちらはまた別のプロジェクトの作品です。
デモで作った大きなロンデールに、学生たちが色パウダーで作ったパーツを
思い思いに載せていきます。
DSCF3979.jpg

またまた、別のプロジェクト作品です。
昨日に引き続き、みんなが集めた音の形を可視化した作品の制作です。
DSCF3976.jpg

集めて来た音をスピーカーから鳴らすと、ガラスの球が散らばって
それぞれの音の地図が出来上がります。
DSCF3987.jpg
DSCF3988.jpg

チームごとに分けられた色が合わさり、カラフルでかわいい感じになりました。
DSCF4001.jpg

この状態のまま電気炉の温度を上げて、ガラス球を板ガラスに焼き付けます。
いい感じに焼き上がるようにプログラムを検討しています。
DSCF3995.jpg


もう日も暮れてきたころ、
先程の文字のプロジェクトの作品に変化が...!?

影部分に書かれた文字が写し出されました!
この位の日差しだと綺麗に写し出されるんですねー
DSCF4011.jpg

ワークショップも終盤になり、
それぞれのプロジェクトの全貌が見えてきましたね。
どんな作品になるのか完成がとても楽しみです!
みなさん残りも頑張りましょう〜!! (T)
DSCF4010.jpg

コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.