HOME » 学校ブログ » ワークショップ » 春のワークショップ4日目

学校ブログ

春のワークショップ4日目


本日はワークショップ4日目!
今日は、まず頭のエクササイズから始めま〜す。

ヒロミさんからは
「ガラスの魅力、特徴、面白いと思うところを書き留めてみましょう。」という宿題が出ていました。


1人一言ずつ、言葉を書き出していきます。

DSCF3524.jpg

みんなのイメージする「ガラスの良い所」が黒板いっぱいに埋まりました。

作品のアイデアを考える時には、
こんな方法を使ってアイデアを煮詰めて行くのだそう。
自分でもやってみて下さいね〜。

DSCF3528.jpg

その後は、ヒロミさんが吹きガラスの色々なデモを見せてくれます。
まず、ガラスを薄く吹いて〜、、、

DSCF3539.jpg


酸素トーチを使ってガラスを加熱すると、、、
穴が開きました〜!!!

DSCF3540.jpg


次のデモは、、、
ガラスの球を作って、ガラスのビットを付けていきます〜

DSCF3567.jpg

吹き竿の先から、息を吹くのではなく
息を吸い込むと、、、

DSCF3589.jpg

クレーターのような穴が開きました!

DSCF3601.jpg

次は、ケーン(ガラス棒)を作るやり方のデモです。

DSCF3637.jpg

みよよ〜〜〜ん。
長ーいガラス棒ができました!!!

DSCF3639.jpg

さてここからは学生皆ののグループプロジェクトです!
あれ?石?

DSCF3656.jpg

石にガラスを垂らしています。

DSCF3657.jpg

こちらのチームは、ガラス色見本を後ろからライトアップしています。
どんな作品になるのでしょうか?

DSCF3658.jpg



DSCF3661.jpg

グループプロジェクトの合間には、ヒロミさんが学生との個人面談をしてくれています。
作品のこと、進路のこと、みんな色々お話できたかな?

DSCF3673.jpg

こちらのチームは小さなブロック状のガラスを作っています。

DSCF3677.jpg

たくさん出来ましたね!ここからどんな作品になっていくのかな?

DSCF3679.jpg

助手チームも、今回のベルジャー(ガラスドーム)作りに参戦しました。
かぶっちゃいました!
大きいですね〜

DSCF3689.jpg

こちらのチームは大きなガラス球を作りました!
上手く出来ましたね〜

DSCF3680.jpg

電気炉の中では、別のプロジェクトが始動しています。

DSCF3737.jpg

小さなガラスの球体がいっぱい。

DSCF3738.jpg

それを取出したら、こんな感じになりました〜

DSCF3700.jpg


何やらヒロミさんと学生さんがパソコンを見つめています。

DSCF3708.jpg

電気炉の中で、パソコンとスピーカーとガラスの球をセットして、、、
土台にはもともと作っていた板ガラスがセットされています。

DSCF3717.jpg

みんなが事前に集めて来た音をスピーカーから鳴らすと、、、

DSCF3722.jpg

わっ!!!!
小さなガラス球が弾けとびました!!!

DSCF3724.jpg


DSCF3726.jpg

ガラスの球が散らばって模様になりました。
今から電気炉の温度を上げて、ガラス球を板ガラスに焼き付けます。
これは皆が集めた音の形を可視化した作品になるんです。
どんな仕上がりになるのでしょうか〜?

DSCF3735.jpg

さて、みんなのプロジェクトは着々と進行しています。

普段の制作とは違うグループプロジェクトだからこその
新しい発見がたくさん見つかるといいね!


(I)






コメント(0) ワークショップ

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.