HOME » 学校ブログ » 特別講義 後藤洋平氏

学校ブログ

特別講義 後藤洋平氏


もう3月。
暖かい日差しが入り始め、少しずつ春の足音がしている今日この頃です。

2日から学校内のメンテナンスが始まりました。
その日の夕方には当研究所卒業生でもあり、作家の後藤洋平さんに特別講義をしていただきました。

DSCF8951.JPG


後藤さんは16期生として造形科を卒業されました。
自分も学生だった頃(およそ10年程前)に、東京都美術館で行われたGEN(ガラス教育期間合同作品展)で、
後藤さんの作品を拝見しておりました。その頃から後藤さんという人物を知ってましたが、
ご本人にお会いするのは今回が初めて。今回の特別講義をとても楽しみにしておりました!


DSCF8789.JPG  DSCF8790.JPG

レクチャーでは、後藤さんがガラスを始めようと思ったキッカケや、
学生だった頃に制作した作品の写真も見せていただきました。
今の学生達の目にはどう映ったかな。

DSCF8798.JPG

後藤さんの卒業制作。
この作品にしばらく見入っていた、あの頃の自分を思い出しました。
こちらの作品は現在富山市ガラス美術館で現在開催中の「うごき」と「へんか」展でもご覧いただけます。

http://toyama-glass-art-museum.jp/(富山市ガラス美術館)


後藤さんは卒業後、千葉県にアトリエを構え、制作活動を続けておられます。


DSCF8804.JPG   DSCF8808.JPG

写真はアトリエを改装中の様子と、完成後の写真。
それ以外にも、アトリエを改装している時の支出入などのお話もしてくださり、作品のお話だけではなく、
これからアトリエを構えたいと思っている学生達にも、とても興味深い内容ばかり。


DSCF8829.JPG  DSCF8865.JPG

建築関係におけるガラス装飾(主にステンドガラス)のデザインや制作、施工のお話。
また、展示企画など幅広く活動されている後藤さんの、現在の活動内容に関してもお話し頂きました。

様々な視点からガラスを扱い、活動している後藤さん。

ガラスの可能性の広さを改めて感じ、研究所を卒業された後藤さんだからこそ話すことができる講義内容に、
作家という存在を身近に感じることができ、勇気をいただくことのできた特別講義でした。

後藤洋平さん、ありがとうございました!


(S)









コメント(0)

  

コメントする

Cookie

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.