HOME » 学校ブログ

学校ブログ
富山ガラス造形研究所造形科では、二年生になるとキルンクラスとコールドクラスに分かれて授業を行います。
只今、コールドクラスは展覧会の真っ最中!




先週は展覧会の搬入でした!
DSCF7879.JPG
作品や展示台等、皆で車に積込みます。
大きい作品は重いので大変です。 

DSCF7898.JPG
会場に着いたら、まずはパーテーションを移動させます。
これがなかなか難しい。

DSCF7908.JPG
そして展示台をおいて、作品展示!
実際に展示してみると想像と違っていたり、様々な問題が起こります。

DSCF7917.JPG
先生による最終チェック!大丈夫かな。

どんな展示になったのかは実際にご覧いただければ幸いです!
是非、会場にお越し下さい!!!




富山ガラス造形研究所造形科二年コールドクラス展「もしもし」

 期間:2017年8月4日(金)ー8月9日(水) 9:30ー17:30 【入場無料】
 会場:富山市ガラス美術館5Fギャラリー1

もしもしポスター.jpg


(k)


コメント(0) お知らせ・ニュース,日々

  

▲ページトップ

ついにこの日がやって来てしまいました...。
今日はエイミー先生のお別れ会です。

DSCF7679.JPG

2014年の9月から3年間、HOT2の先生をされてきたエイミー先生。
授業の中だけでなく、ワークショップや交換留学など海外へのコンタクトの際、学生もスタッフもたくさん助けてもらいました。
そして週に1回English Lunchと題してみんなに英語を教えてくれたり、制作のアドバイスはもちろん、時には恋の悩みを聞いてくれたり、我々は本当にいつもエイミー先生に助けてもらってばかりでした。


お別れ会ではスライドでエイミー先生の3年間を振り返りました。

DSCF7660.JPG
DSCF7662.JPG

あぁぁ涙で前が見えません。


そしてみんなからのプレゼント。

DSCF7664.JPG
DSCF7665.JPG

「Amy-san! We love you!!!」

DSCF7667.JPG

1年半HOT2の助手を勤めたササキさんから花束贈呈。

DSCF7673.JPG

そしてみんなの寄せ書きと思いでの写真がいっぱいつまった豆本をプレゼント!
表紙はエイミー先生の作品に似せて作ったパッチワーク柄です!

DSCF7688.JPG
DSCF7686.JPG

エイミー先生も思わず涙!

DSCF7709.JPG
DSCF7711.JPG

しばし歓談タイム。ケーキをみんなでわけて食べながら寄せ書きを1ページずつ丁寧に読んでくださいました!

DSCF7716.JPG

プレゼント係ミッションコンプリート!
ワークショップのプレゼント係のすごさが身にしみました!
色々とご協力してくださったみなさまありがとうございました!!

DSCF7719.JPG

歓談タイムも終わり、ホットショップへ。
エイミー先生のサインをいただきます。

DSCF7732.JPG

TIGA daisuki!!

DSCF7739.JPG

トンネルで教官室まで送ります。

DSCF7741.JPG
DSCF7745.JPG

もう涙が止まりません。
でも明日は笑顔で見送るぞー!





DSCF7747.JPG

〜次の日の朝〜

DSCF7749.JPG
DSCF7752.JPG

見送りに来てくれた学生たち!

DSCF7754.JPG

サイン会も始まりました。

DSCF7755.JPG

でももう行かなきゃ...!空港へ GO!

DSCF7759.JPG

空港着!

DSCF7764.JPG

手続き中。
いよいよ本当にお別れのときが近づいてきました。

DSCF7777.JPG

卒業生や元スタッフも空港へ駆けつけてくれました!

DSCF7779.JPG

よし!最後にみんなで写真撮ろう!!

DSCF7801.JPG
DSCF7794.JPG

赤ちゃんも思わず泣き出してしまいました!泣かないで!

DSCF7803.JPG

ついに搭乗の時間に...。

DSCF7804.JPG
DSCF7807.JPG

最後に抱き合うササキさんとエイミー先生。思わず涙が溢れます。
本当にお互いを信頼し大事に思ってお仕事されていたふたり。HOT2の授業はふたりのおかげでいつも笑顔が溢れるホットショップでした!

もうこれを書きながら涙が止まらない...。

DSCF7812.JPG

エイミー先生はご家族のお仕事の関係で香港へ旅立って行かれました。
大丈夫!日本との時差はたったの1時間!みんなで香港へ遊びに行こう!!

エイミー先生3年間ありがとうございました!!!!!

DSCF7815.JPG

姿が見えなくなっても搭乗口を見つめるササキさん...。

DSCF7783.JPG

離れてもみんなずっとTIGAファミリーです!

みなさまよい夏休みを!(W)

コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

ガラス作家藤掛幸智さんの特別講義がありました!

DSCF7010.JPG

藤掛さんは愛知県出身。
秋田の短大、愛知教育大学、瀬戸市新世紀工芸館、金沢卯辰山工房など色々な所で制作を続け、現在愛知県にて独立し制作されております。
DSCF7015.JPG

また、コンペなどにも積極的に出展し多く受賞、収蔵されています。
DSCF7023.JPG


これまで所属して来た場所で、どういったことを勉強し、どんな先生に教わって来たか秋田時代からから説明してくださいました。
DSCF7028.JPG

学校、工房によって設備も溶かしているガラスも全然違います。
藤掛さんの現在の制作は温度、タイミングがとても重要。
グローリーホール、溶解炉、徐冷炉の位置が違うだけで作品に大きく影響します。
DSCF7030.JPG
DSCF7082.JPG

こちらはこれまでの作品紹介。
主に吹きガラスで制作されてきた藤掛さん。
DSCF7126.JPG
DSCF7095.JPG

こんな素敵なプロダクト作品なども!
DSCF7139.JPG


こちらは現在制作されているシリーズのもととなった作品。
これだ!と思う作品が生まれるまで、たくさんの実験や失敗があったようです。
DSCF7148.JPG

学生でもプロでも、ものづくりにおいてその悩みは尽きないところ。
それを乗り越えて納得いく作品ができたときの喜びもまたものづくりの魅力に思います。
DSCF7150.JPG

キルンワークとホットワークを組み合わせた藤掛さん独自の技法で制作されたこちらの作品。
現代ガラスの新しい表現として世界からも注目されています。
DSCF7179.JPG

見れば見るほど不思議で引き込まれます。
ガラスの可能性は本当に作家の数だけ存在するのではないかと思います。
DSCF7199.JPGDSCF7210.JPG


こちらは藤掛さんの工房。
DSCF7238.JPG

機材をどうやって揃えたか、独立にあたっての費用についてなど説明してくださいました。
学生、職員一同興味津々!勉強になります!
DSCF7240.JPG

こちらの窯は特注の藤掛モデル!上開きの横開きの色んな所にこだわりたくさんのとにかくうらやましいしかっこいい窯です。
DSCF7255.JPG
DSCF7253.JPG

加工室も!
DSCF7258.JPG

そしてなんと制作時アシスタントは藤掛さんのご家族がされるそうで、そのエピソードもなんだか微笑ましいというかとても楽しそうでした。
DSCF7241.JPG


最後は最近の国内外での展覧会について。
DSCF7273.JPG

あれ!?松藤先生の作品!!?
DSCF7375.JPG

息子さん!(か、かわいい...!)
DSCF7380.JPG

そして今回なんと実際に作品を持って来てくださいました!
学生も職員も興奮!!制作プロセスに対する質問にも丁寧に答えてくださいました。
DSCF7429.JPG

とても有意義な講義でした。
藤掛さんありがとうございました!!!
DSCF7407.JPG

次回は是非研究所で公開制作をお願いします!(W)

コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

OYZK〜帰国編〜


留学生のラスマスくんがオランダへ帰る日がやってきました。

DSCF5479.jpgDSCF5481.jpg

研究科の学生にハグ!

DSCF5495.jpg

事務所の人にもハグ!

DSCF5483.jpg

記念撮影!

DSCF5504.jpg

バイバイ!ラスマス!
またいつでも富山においで!

DSCF5516.jpg

さわやか...!

DSCF5519.jpg

こうしてラスマスくんは旅立って行きました...。

DSCF5522.jpg

さぁ応用造形の授業スタートです!
まずは車を片付けて!

DSCF5525.jpgDSCF5527.jpg

富山駅へ出発!!

DSCF5541.jpgDSCF5546.jpgDSCF5544.jpg

着いた~!

DSCF5551.jpgDSCF5555.jpg

標的を探します。

DSCF5558.jpg

いた...!!!

DSCF5559.jpgDSCF5561.jpgDSCF5567.jpg

先回りして新幹線乗り場へ入場します。

DSCF5568.jpg

あれ~!!?(笑)

DSCF5574.jpg

そう、短い間でしたがラスマスくんもチーム応用造形の一員!
サプライズでお見送りに来たのでした。

DSCF5579.jpg

そしてついに出発の時間に...。

DSCF5587.jpg

今度こそ本当にバイバイ!ラスマス!!!
また会う日まで!!!(W)


コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

研究科は基本授業が無く、自分の研究テーマにあわせて計画を立て制作を進めています。

P6230004.jpg

この日は前期中間講評。先生5人が作品を見ていきます。

P6230015.jpgP6230021.jpgP6230028.jpgP6230039.jpgP6230043.jpgDSCF5433.jpgDSCF5391.jpgDSCF5395.jpg

研究科1年4人はコールドワーク、ホットワーク、キルンワーク、インスタレーションと得意とするところがみんなバラバラで個性豊か。
技法も考え方も全然違うので、お互いによい刺激になっているのではないでしょうか。

DSCF5386.jpgDSCF5385.jpgDSCF5403.jpgDSCF5405.jpg

研究科2年生は研究所4年目のベテラン!もうすぐ2度目の卒制が始まろうとしています...!
卒制にどうつなげていくか、2年前からの進化が楽しみです。


DSCF5412.jpgDSCF5421.jpg

そして留学生のラスマス君はこの中間講評で最後になります(泣)
富山に来てからの集大成!ガラスのきのこのインスタレーションです。
違う環境でもリラックスして制作していたラスマスくん。はじめから研究所の学生だったんじゃないかというくらい学校に馴染んでいましたね。帰らないでほしい。

DSCF5418.jpg

とりあえずみんな中間講評おつかれさまでした!
次は前期講評にむけてファイトー!(W)


コメント(0) 授業,日々

  

▲ページトップ

OYZK〜OSD編〜


OSDとは大阪産業大学の略でございまして、研究科1年生の応用造形で大阪産業大学の学生と合同のプロジェクトを進めております。

このプロジェクトで制作した作品は大阪産業大学のオープンキャンパスで展示されるそうです。
ガラスの性質上可能かどうか、また作り方やデザインについて、毎週スカイプで話し合いながらやり取りをしているのです。

P5090007.jpg

さて、スカイプの日。
向こうから送られてきたデザイン画をもとに制作したものを持ち寄ります。

P5090013.jpg

制作してみると、大きさや形や厚みの限界などがよくわかります。
そのことを伝え一緒にデザインを考えていきます。

そんなパソコンの画面の向こう側の皆様がなんと...


富山に来てくださいました!

P6190177.jpg

直接顔を見ながら話し合えるのは嬉しいですね。

P6190179.jpg

デザイン側の要望や

P6190171.jpg

作り手側の提案など

P6190188.jpg

お互いに話し合うことで今の問題点や改善点など色々見えてきたのではないでしょうか。
あと一ヶ月!素敵なテーブルウェア完成させましょう!

P6190184.jpg

大阪産業大学のみなさん遠くからわざわざありがとうございました!(W)



コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

造形科1年生の平面の講評がありました。
第1課題のデッサンでモチーフは「自分を表現するもの」です!


まずはみんなの作品を並べてみんなで眺めます。

P6160112.jpg

「こんな機会ないですよ!舐めるように見てください!」と西先生

P6160128.jpg

こちらはモチーフや構図が楽しい作品。
ゾウのおもちゃやベイマックスがやいのやいのしていて、物語を感じるます。

P6160131.jpg

こちらはおそらくスカパラが好きなんでしょうね〜。
ノートパソコンやCDのジャケットなどよく描き込まれています。

P6160127.jpg

一部水彩で着色した作品。
色々な素材がしっかり描き分けられています。

P6160121.jpg

蛇好きでしょうか。
受験対策のデッサンとは違ってみんな個性がよくあらわれています。

P6160149.jpg

その後、西先生から一点一点丁寧に講評をいただきました。

P6160148.jpg

デッサンでは自分で考えずにモチーフのあるままの姿を描くことが大事。
シンプルですがそれはとても難しいことなんのです。

P6160140.jpg

中には構図に悩みすぎて時間が足りなくなってしまった学生も...。
悔しさをバネに頑張って完成させてください!

P6160115.jpg

みんな同じ時間の中で、それぞれが課題にどう取り組んだのか作品によくあらわれていました。
画家ではないのでじっくりデッサンをする機会は今後なかなかないと思いますので、今回の作品を是非大切にしてください。

次の課題は色彩構成です。(W)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ



金曜日、造形科1年生は立体の授業で、立山方面に校外学習へ行ってきました。


R0032507.jpg


立山と言えば「立山信仰」ですね。富山の文化を体験しましょう!

ということで、地獄から天国まで五感で体験出来る、まんだら遊苑にやってきました。

R0032510.jpg

怖っ!!(白黒撮影)



うぉぉぉぉぉぉお〜

ぴぎゃぁぁぁぁああぁぁ〜




入口では地獄からのうめき声が響いています...


DSCF5028.jpg

血の池地獄...を表現したスポット。地獄へようこそ。



閻魔様の裁きをうけて、ここから天国へ向かって歩いて行きます。



DSCF5038.jpg

あっ!!何かを指差す学生。

妖精でもいたのでしょうか?

DSCF5042.jpg

館内には様々なアトラクションやアート作品が展示されています。
地獄から天国までを五感で体験する施設。
館内は撮影ができないので、写真はここまで。


行くならやはり天国がいいなぁと思いました。悪い事をしてはいけませんねぇ〜





次は研究所の卒業生でもある小幡さんの工房へ。


R0032517.jpg

20170628img.jpg

工房の外観と小幡さん。

小幡さんが在学中の時のお話や、どうしてこの場所を選んだのか等、
普段の学校生活ではほとんど聞けないお話をしてくださいました。

今の自分を比べながら話しを聞いていると、イメージしやすくて、スッと話しを聞く事ができました。

吹きガラスの道具を自分で作っていたよ〜と小幡さん。
自分でつくれるの!? と、学生達も興味津々です。
是非いろいろと未来に向かってチャレンジして欲しいですね〜。

小幡さん、作業中にも関わらずお話を聞かせていただき、ありがとうございました!





最後はKAKI工房さんへ。

DSCF5066.jpg


KAKI CABINET MAKERさんは、木材家具の老舗です。

簡単な挨拶のあと、ショールームへと案内していただきました。

R0032525.jpg

かっこいい!!
素敵ー!!
ワー!ワー!

R0032524.jpg

学生達はKAKIさんのセンスにすっかり虜に。

なかなか椅子から腰があがりません。


R0032530.jpg

制作現場の方にも入れさせていただきました!!
作業場を見てもかっこいい!!まだ見ぬ自分のアトリエに想いを馳せます。


KAKI工房さんのある所は、冬にはとっても雪が積もる山の奥。

冬の辛さを知っているから、こんなに暖かな、ぬくもりのある家具が出来るのかもしれませんね。

今度、家具を注文しに行こう。



さぁ、皆さんはどんな作家になるのでしょうか?


これからが楽しみですね。がんばりましょ〜





(S)



コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

いよいよ本日が春のワークショップの最終日となります!
各プロジェクトで作った作品の講評をヒロミさんにしていただきます。

こちらは、ベルジャー(ガラスドーム)の作品。
それぞれ個性が出ていて、並べると更に面白いですね〜
DSCF4227.jpg
DSCF4238.jpg

お!こんな所にも大きくてキレイなベルジャーが!
DSCF4262.jpg

次は、学生たちがケーンドローイングで文字を書いて作った作品。
順番に読んでいくと、松尾芭蕉の「月日は百代の過客にして、いかふ年も又旅人也。」の俳句になっています。
DSCF4601.jpg

影が綺麗ですね〜
DSCF4603.jpg


さあ、変わって公開デモンストレーションです!
始めは、石をイメージした作品です。模様が面白いですねー
DSCF4268.jpg


次は、電気炉で焼いて作った色ガラスパウダーのパーツを合わせた作品です。
DSCF4274.jpg

この作品は学生も一緒に参加して作るようです。
さて、どんな作品になるのでしょうか?!
DSCF4279.jpg

今作ったパーツたちを繋げていきます。
DSCF4290.jpg

これはチームプレイが大切ですね、
DSCF4294.jpg

どんどん繋げていきます!!
DSCF4296.jpg

おー!こんなに連なりました〜
みんなで作ったパーツが合わさり、一つの作品となりました!
DSCF4333.jpg


間髪入れず、次はケーンのロールアップのデモです。
DSCF4351.jpg
DSCF4367.jpg

可愛いサイズのグラスが出来上がりました!
DSCF4381.jpg



お昼休憩をはさみ、
午後はヒロミさんの公開スライドレクチャーです。
大勢の方がいらしてくれました。
DSCF4388.jpg


さあ、まだまだありますよー!
お次は、グループプロジェクトの講評です!みんなどんな作品に仕上がったのでしょうか?!

みんなの視線の先には...、
DSCF4433.jpg

?!
誰かいる、何者でしょうか...??
DSCF4432.jpg

おぉ!!ヴァツ神、降臨です!
ガラスの神様とのことで、ありがたいお言葉をいただきましたー!
みんなご利益があるかもしれませんね〜
DSCF4439.jpg

次のチームは、ガラスの色見本と光を上手く使った作品です。
DSCF4452.jpg
DSCF4455.jpg

みんなの視線の先には...。
裏路地にひっそりと生える木の生命観を、ガラスで表現した作品がありました。
DSCF4459.jpg

ピクセルアートを連想するような作品。面白いアイデアですね!
DSCF4467.jpg

竹取り物語を連想させる作品。
竹と月をイメージしたガラスが構成されています。
DSCF4473.jpg


薄いガラスを重ね合わせ長く連ねて、ヘビのような形に仕上げた作品。
DSCF4506.jpg

机の上の本を覗くと、なんと窓の外の青空が見えます!
鏡の反射を上手く利用した不思議で面白い作品です。
DSCF4545.jpg
DSCF4548.jpg

ヒロミさんもびっくりです。
DSCF4555.jpg

女子トイレに設置された作品。
3つのトイレをそれぞれガラスで飾り、個性的に仕上げました。
みんな、どのトイレを使いたいですかね〜
DSCF4561.jpg
DSCF4563.jpg
DSCF4564.jpg
DSCF4567.jpg

これで、全てのグループの作品が出揃いました。
思わぬ場所を選んでいたり、空間を上手く利用していたりなど、
どのチームも個性豊かなアイデアで、この短期間で作ったとは思えない面白い作品に仕上がっていました!
みんなすごいですね〜!


さて、ワークショップの終わりが迫ってきました。
最後に、みんなで集めた音をガラスの球で可視化した作品の、焼き上がりをチェックします。
DSCF4583.jpg


球のツブツブもちゃんと残っていて、いい感じで焼けていますね!
DSCF4584.jpg


こちらは大きなロンデールに、学生たちが色パウダーで作ったパーツを
思い思いに載せて、出来上がった作品。
DSCF4627.jpg


締めくくりは、壁に設置するときに使う金具や方法を教えてもらいます。
DSCF4590.jpg


これにて、ワークショップ終了です〜
いろいろなプロジェクトがあり盛りだくさんでしたが、
どれも面白い作品に仕上がりました。
DSCF4592.jpg



さあ!ここからは、お楽しみのフェアエルパーティーですー!!
みんなワークショップお疲れさまでした!盛り上がっていきましょう〜
DSCF4650.jpg

今日のドレスコードは...、ウォーリーです!!
あちらもこちらも、ウォーリーだらけです。笑
DSCF4632.jpg


ここでゲームターイム!
ゲームの内容は、なんとビューティー対決!?
チーム対抗で、女性が男性にお化粧をして可愛くし仕上げます!笑
DSCF4662.jpg
DSCF4663.jpg

さあ、一番可愛くなるのは誰でしょうかー!?
DSCF4687.jpg


タイムアーップ!最後は髪型を合わせて完成です!
みんな可愛く生まれ変わりました〜

DSCF4696.JPG



そして、男性陣の投票の結果...優勝はヴァーツラフ先生のチーム!!
可愛いですねぇ〜
DSCF4716.jpg

楽しいゲームでした!
DSCF4726.jpg


次は、演奏タイムです。
幻想的な音色にみんなうっとり。。。
DSCF4730.jpg

思わず釣りに行きたくなるような軽快な音楽と癒される歌声。
DSCF4735.jpg


そして、毎年恒例の流しそうめん〜!
この立派なセットは造形科1年生と研究科1年生が竹を切り取りにいくところから、
この日のために用意してくれたものです!!すごい〜!
DSCF4741.jpg
DSCF4749.jpg

美味しい〜!
DSCF4754.jpg
DSCF4765.jpg


お腹もいっぱいになり、室内に戻ると...?!
なんか来たー!!!!!怖
DSCF4774.jpg

謎のピエロ登場!?と思いきや、ヒロミさんにプレゼント贈呈!
DSCF4789.jpg

ヒロミさんの作品をイメージしたダックスフントの胴体部分が、
何とみんなからヒロミさんへのメッセージカードになっています!
面白いアイデアですねー
DSCF4794.jpg

長っ!笑
DSCF4796.jpg

ヒロミさん喜んでくれたようです〜
DSCF4803.jpg

ヒロミさんの旦那さんへも、ワークショップTシャツをプレゼントです!
DSCF4808.jpg

プレゼント班、気合いいれたかいがありましたね
DSCF4820.jpg


ヒロミさんから、お礼のお言葉をいただきました。
とても喜んでくれたみたいです、パーティー大成功でしたね。
DSCF4842.jpg

そして、恒例の一本締め、
DSCF4860.jpg

からの、みんなで道を作ってヒロミさんを送り出しましょう〜
DSCF4864.jpg

ありがとうございました〜!!
DSCF4868.jpg

お返しもらいましたー
DSCF4878.jpg


ヒロミさん、あっという間でしたがとても楽しいワークショップでした!
学生のみんなも普段の授業とは違った刺激をもらえたと思います。
またTIGAに遊びに来てくださいね、ありがとうございました!! (T)
DSCF4858.jpg

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今日は春のワークショップのオープンデーです!
ヒロミさんと研究所の先生方で、ただいまデモンストレーションの準備中です。
今日はどんな公開制作になるのでしょうか!

DSCF4013.jpg

ヒロミさんは事前に作っておいたガラスのパーツをきれいに並べています。

DSCF4021.jpg

吹きガラスを始める前に、並べたパーツをしっかり温めておきまーす。

DSCF4061.jpg

さあ、準備が整いました!
吹きガラスの公開制作、いよいよ始まりま〜す!
会場には学生をはじめ、観客のみなさんもたくさん来てくれています。

DSCF4054.jpg

こちらは、ケーンというガラス棒を作っているところ。
上から真っ赤な熱いガラスを垂らしました。

DSCF4065.jpg

その後は、ガラスを伸ばしていきます。

DSCF4074.jpg

レース棒を作っています!
こんな風にガラスの棒を作って、作品のパーツとして使うんです。

DSCF4077.jpg

これは作ったレース棒を板の上に並べたもの。

DSCF4181.jpg

レース棒が底面に付いたガラスを膨らませています。

DSCF4127.jpg

どんどん丸く膨らませて〜

DSCF4130.jpg

コルクで両側から押さえて、つぶしたような形にします。

DSCF4144.jpg

ガラスはすぐに冷めてしまうので、冷めてしまわないように
何度も温め直します。
火にむかうヒロミさん。真剣な表情です。

DSCF4206.jpg

ガラスの口元をどんどん広げていくと、、、

DSCF4156.jpg

おお!楕円形のお皿の形になりました〜!!!

DSCF4165.jpg

吹きガラスのデモンストレーションが終わったあとは、、、
あらかじめ電気炉の中にセットしていた
ガラスの球をチェックしています。

DSCF4212.jpg

小さなガラスの球体が、土台の板状のガラスに焼成されたようです!
ここからガラスを室温まで、ゆっくり時間をかけて冷ましていきます。
完成作品は明後日までのお楽しみ〜

DSCF4211.jpg

今朝はみんなで作ったガラス作品も、屋外に設置しました。
1パーツごと、固定させていきます。

DSCF4028.jpg

これは松尾芭蕉の「月日は百代の過客にして、いかふ年も又旅人也。」
という俳句を一文字づつ、ガラスに書き込んだ作品です。

DSCF4030.jpg

位置はどうかなー?
バランスをチェックして、完成です!

DSCF4048.jpg

そしてもう一つのプロジェクト、
ベルジャーというガラスドームの作品も設置しました。

DSCF4032.jpg

吹きガラスを初めて間もない一年生も、一生懸命作ったガラスドーム。
その中に皆が見つけてきたものを入れました。

DSCF4034.jpg

色んなものが中に入っています。
みんなの思いやアイデアがいーっぱい詰まっています!

DSCF4036.jpg

春のワークショップもいよいよ終盤!
皆の作品も明日で完成です。

みんなは、どんな作品を見せてくれるのかな。
グループでしっかり話しあって、納得いく作品に仕上がるといいですね!!!

(I)









コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.