HOME » 学校ブログ » 2018年6月

学校ブログ

学校ブログ [ 2018年6月 ] アーカイブ

ワークショップ6日目。

本日のテーマは「展示」です。
展示するとはどういうことか、展示台は本当に必要なのか考えます。

まずは、作った作品をギャラリースペース前へ移動します。

20180602-1.JPG


カイさんより本日の課題説明です。

今回のワークショップでは、学生は4人1組のチームに分かれて作業をしています。
チームはA〜Jの10チーム。

今回の課題では、2チームずつギャラリー呼ばれ、展示をするようです。
果たしてどんな展示になるのでしょうか。

20180602-2.JPG

カイさんも身振り手振りを加えながら一生懸命説明して下さいます。
みんな、分かったかな?

20180602-4.JPG


課題説明後は、一旦解散。
2チームずつ呼ばれるので、その他のチームは引き続き制作です。

20180602-5.JPG

あ、

20180602-6.JPG

卵のケース!


ギャラリーの様子はどうかな。

20180602-8.JPG

奥のホワイトボードに何か書いてありますね。

20180602-9.JPG


 ◯15分で展示を完成させて下さい。
    5分:コンセプトを固めて下さい。
    5分:作品を選んで下さい。
    5分:展示完成

 ◯5分 対話

 自分の作品はこの展示の為に選ばないで下さい
                       」

と書かれています。

1チームが即興で展示をし、もう1チームがその展示を見て話しをする。
終わったら交代してもう一度。

20180602-10.JPG

みんな真剣。

早速、スタート!!

20180602-11.JPG

作品を床に直接置いてみたり、

20180602-12.JPG

椅子を重ねてみたり。

20180602-13.JPG

脚立を置いてみたり。

即興で展示することで各自のセンスが浮き彫りに。
皆センスがいい!

20180602-14.JPG

違うチームかな。

20180602-15.JPG

同じような物を使っているけれど、展示する人によって雰囲気が全く違いますね。

20180602-16.JPG

隕石みたい。


20180602-17.JPG

15分後は、対話です。

20180602-18.JPG

またまた別のチーム。
展示コンセプトを話しているのかな。

20180602-19.JPG

作品選び。

20180602-20.JPG

バケツも登場。

普段見慣れた物が、展示台や空間を彩る装置へと変化していきます。

白や黒の四角い物だけが展示台ではなく、整然と並べることだけが展示ではない。

アートの奥深さと、面白さを感じる事ができた、素敵な1日となりました。

明日はいよいよ最終日。

本日もお疲れさまでした。


(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

ワークショップも5日目に突入しました。

昨日、モルタルや石膏を流し込んだ型を取り外していきます。
20180601-1.JPG

ちゃんと隅々まで流れているでしょうか。
どんな作品になっているのか楽しみです。
20180601-2.JPG
20180601-3.JPG
20180601-4.JPG

おー!良い感じでみんな出来ています。
どの形も面白いです。
20180601-5.JPG

他の素材に置き換わったことでスタイロの状態と比べると、
同じ形でも大分異なる印象になりますね。
20180601-6.JPG


そして次は、何やらサプライズ課題です!
どんなことをやるのかは会場に来てみてのお楽しみです。
20180601-8.JPG

こ、これは、一体何をしているのでしょうか?!
20180601-9.JPG

段ボール箱にすっぽり!さすが体が柔らかいですね
20180601-10.JPG

実はこれ、先生たちを彫刻作品に見立てて、このギャラリー空間に配置し
展示するという課題なんです。
どのように展示するかはチームで相談して決めます。
20180601-11.JPG
20180601-13.JPG
20180601-14.JPG
20180601-15.JPG

とてもユニークな課題ですね。
20180601-17.JPG

次々とみんなの作品が出来上がっていきます。
20180601-22.JPG

明日からは、この出来た作品をどのように展示するかを考えていきます。
展示台や場所、配置など、作品の見せ方を学べる良い機会になりそうですね。

ワークショップも残すところあと少し、みんな頑張りましょう〜!

(T)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

ワークショップ4日目です。

昨日学生が制作した物をホットショップに並べます。
個性的な形が並びます。

20180531-1.JPG

複雑!これ、実は動きます。

20180531-2.JPG

しかし!!!
何とみんなが作った物はカイさんの意図とは違ったものでした。

でも、みんなが作った物が素晴らしいこともまた事実。

気持ちを切り替えて、もう一度制作することになりました。

カイさんが、実際に作りながらより詳しく今回の制作意図を伝えていきます。
みんな、理解できたかな?

20180531-3.JPG

さて、再び制作です!

20180531-4.JPG

ポジを考えながら、ネガを作る。実際にやって見ると難しいね。

20180531-5.JPG

どうにかこうにか。カイさんに教えてもらいながら作っていきます。


20180531-6.JPG

本郷先生!
質問に次ぐ質問。みんなで考えながら作ります。

20180531-7.JPG



20180531-8.JPG

↑この作品はわかりやすい!
右側のものの隙間がとっても大事。
この隙間に、モルタル等を流し込み、その流し込んだものが左の形になるよう作っていきます。

20180531-9.JPG

あ、かわいい!!!

20180531-10.JPG

再び説明。
モルタル等を流し込むときは型が崩壊しないよう型を頑丈に作りましょう。

20180531-11.JPG

スライドで更に分かりやすく。
↑これに、

20180531-12.JPG

流し込んで、

20180531-13.JPG

↗こう!


さて、作業を進めましょう。

20180531-14.JPG

20180531-15.JPG

出来た人から流し込み。
今回は、セメントやモルタル、石膏等好きな物を流し込みます。

20180531-16.JPG

が!!!!!
準備していた物が「超」速乾モルタルだったため、固まる時間の早いこと早いこと。
一時騒然としましたが、徐々に慣れて、みんな順番に流し込んでいきました。

20180531-17.JPG


普段は、型と言えば「耐火石膏」。流し込むと言えば「ガラス」。
使い慣れない素材に悪戦苦闘するけれど、未知との出会いはいつだって楽しいものですね。

20180531-19.JPG

明日は割り出し。うまく流れていることを願って、本日の作業はおしまいです。

20180531-20.JPG

作業の後は、カイさんがスライドを使って様々なアーティストの紹介をしてくださいました。

明日はどんなことになるのでしょう。楽しみですね。

本日も、お疲れさまでした。


(K)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.