HOME » 学校ブログ » 2018年3月

学校ブログ

学校ブログ [ 2018年3月 ] アーカイブ

今日は造形科1年生の校外学習の日!
みんな厚着をしていますが、、、
DSCF6705.JPG

行き先は、
なんと「立山山麓かんじきツアー」です!!!!

DSCF6708.JPG

到着しました!

DSCF6901.JPG

着いたのは極楽坂スキー場。

DSCF6712.JPG

こちらはリフト券売り場で、リフト券を購入します。

DSCF6716.JPG

そして、雪山散策で一番大事なこと。
それは「かんじき」の履き方を練習すること!

DSCF6718.JPG

なかなか普段の生活には馴染みのない「かんじき」ですが、
雪山散策には欠かせないアイテム。

大山農山村交流センターの方が
かんじきの履き方を丁寧に教えてくださいました!

DSCF6722.JPG

ワラで編まれた縄をしっかり結びます。
かんじきを履くことによって、雪山の上を歩くことができるんですね。

DSCF6727.JPG

かんじきの履き方もマスターしたし、準備万端!

DSCF6733.JPG

今からリフトに乗って、みんなでゲレンデの頂上を目指します!

DSCF6740.JPG

DSCF6742.JPG

一つ目のリフトを降りて、さらに2人乗りのリフトに乗り継ぎます。

DSCF6769.JPG

どんどん上がっていきます。
今日はとってもいい天気!

DSCF6775.JPG

リフトから降りて、ほっと一息!

DSCF6778.JPG

さぁ!
ここからはかんじきをしっかり履いて、頂上まで上っていきます。

DSCF6781.JPG

いざ出発!!!

DSCF6780.JPG

DSCF6785.JPG

どんどん上っていきます。

DSCF6790.JPG

まだまだ上っていきます。

DSCF6797.JPG

絶景を前に、はいポーズ!!!

DSCF6798.JPG

さらに先まで上って行って、、、。

DSCF6802.JPG

ついに頂上に到着です!!!
みんなで記念撮影。やったね!!!

DSCF6816.JPG

DSCF6824.JPG

頂上を満喫したところで、
ここからは上って来た道を、ひたすら下っていきます。

DSCF6825.JPG

きれいな空と山!
富山の雄大な自然が目の前に広がっています。

DSCF6835.JPG

下山コースも、もう少し!

DSCF6861.JPG

と、思いきや、、、
最後はリフト一本分の山道を自分の足で下っていきます!!!
駆け下りて行く1年生たち!

エネルギー溢れてます!!!

DSCF6876.JPG

全員、無事に山から降りることができました。
みなさん、おつかれさま〜

DSCF6889.JPG

しっかり運動した後はランチタイムです!

DSCF6890.JPG

たくさん動いたので、お腹がぺこぺこです。

DSCF6891.JPG

食事のあとは、富山県立立山博物館へ!

DSCF6904.JPG

立山博物館は、「立山の自然と人間の関わり」について
学ぶことのできる博物館です。

DSCF6905.JPG

こちらは立山に広がるブナの森コーナー。
立山に生えていた実際の木や葉を
特殊な加工でそのまま保存したものだそうです!!!

25種類の草木や鳥、動物が展示されています。

DSCF6908.JPG

学芸員の方が、「立山曼荼羅」の解説をして下さいました。

「立山曼荼羅」の図柄は単に空想の地獄絵図を描いているわけではなく、
実際の立山や高山植物を「浄土」に見立て、
硫黄臭の充満する「地獄谷」は「地獄」を表し
「立山信仰」を伝承するために、巻物として持ち歩き、使われていたそうです。

DSCF6920.JPG

立山山麓をかんじきで歩き、立山の文化を学ぶ。
立山をまるごと体感した一日になりました!

学芸員さん、貴重な解説を本当にありがとうございました!

DSCF6922.JPG

実は、、、
今回の校外学習の入念な下調べとセッティングをしてくれたのは、
当研究所の細川所長さん!
細やかな事前準備を、本当にありがとうございました。

そして今回の旅でお世話になった以下の方々に、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

ご協力)大山農山村交流センター
   大山観光開発株式会社
   富山県立山博物館


(I)


コメント(0) 授業,日々

  

▲ページトップ

卒業式


富山でも、春の訪れを感じはじめました。
長い冬も、もう終わりです。


3月10日の土曜日は、富山ガラス造形研究所の卒業式でした。
造形科2年生。研究科2年生。長い人は4年間の学校生活でした。


DSCF5908.JPG

造形科は本郷先生、研究科は中神先生が卒業生の名前を読み上げます。



DSCF5907.JPG

所長さんより、卒業証書の授与です。

DSCF5916.JPG


DSCF5928.JPG

所長さんからのお祝いの言葉。


DSCF5910.JPG



DSCF5956.JPG

来賓の方々からも、お言葉を頂きました。


2.JPG

武田先生、今回も素敵なお言葉をかけてくださいました。


3.JPG

在校生代表!!
最後のシャウト、良かったよ。


4.JPG

卒業生代表!!!ピシッとしていますね。
卒業生としての覚悟を感じました。


5.JPG

卒業生退場。


7.JPG

写真取るよー!
あれ!?加治先生(笑)



10.JPG

素敵!!!



卒業式の後は、お茶会です。

11.JPG

1年生のみんな、準備してくれてありがとう。


13.JPG

あ、良い表情!


16.JPG

最初はやはり、所長さん! お祝いの言葉。


17.JPG

本郷先生「乾杯〜!」


18.JPG

「かんぱ〜い!!」
皆、卒業式とはまた違う表情ですね。

19.JPG

毎年恒例、教職員からのお祝いDVD!今年も力作でした!!


そして、卒業生一人一人から一言。

20.JPG

感極まって涙する学生も、、、感動ですね。

つづいて、教職員より一言。

21.JPG

事務長さん!!!
この方の頼もしさたるや、、、いつもありがとうございます!

22.JPG

所長さん!この日だけで3度目のお祝いの言葉になりますが、全てが卒業生にとって宝物になったのではないでしょうか。



23.JPG

八田先生。「卒業する人が感謝していると言ってくれるけど、こちらも感謝しています」の言葉に大きくうなずきました。



24.JPG

松藤先生!

25.JPG

ブライアン先生。
なんと、エイミーさんからの言葉も読み上げてくれました。

26.JPG

ヴァーツラフ先生。本郷先生に訳していただきます。
「人生と芸術を切り離して考えないで。人生自体が芸術です。」という言葉が印象的でした。


27.JPG

うるうるの中神先生。

28.JPG

本郷先生!


そして、助手からも一言ずつ。

一年目のT助手、K助手とつづき、、、

29.JPG

二年目のI助手。こらえきれず、、、涙です。



33.JPG

S助手!熱い言葉がつづきます。



そして!!!!!!!

30.JPG

三年目!!!!!!W助手!!助手の任期は3年。今年が最後の年となりました。
本当に、ありがとうございました。そして、本当に、本当に、本当にお疲れさまでした。

31.JPG

お茶会の最後は在校生、教職員からのプレゼントです。

32.JPG

おめでとう!


35.JPG

W助手も!!

36.JPG


お茶会の後は、1年生主催の送る会とつづきました。




そして後日、、、


体調不良のため、残念ながら卒業式に参加できなかった学生の卒業式!!!


37.JPG

もちろん、所長さんから卒業証書授与!

38.JPG

おめでとう!!!!!!






最後は、思いを込めたトンネルで。
これからの人生に幸あれ。

39.JPG

またね。

卒業、おめでとう。


K

コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

最近の記事

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.