HOME » 学校ブログ » 2018年2月

学校ブログ

学校ブログ [ 2018年2月 ] アーカイブ

2月21日に造形科1年生の後期講評会が行われました。
今年は例年よりも雪がとても多かったですが、この日は晴れ間が見え、講評会日和となりました。
DSCF4516.JPG

今回のゲスト講師は、研究所顧問の武田厚先生です。
DSCF4523.JPG

そしてもう一人のゲスト講師は、ガラス作家の近岡令さんです。
DSCF4781.JPG


後期の講評会は2日間に渡っておこなわれ、
1日目は造形科1年生12名、2日目は造形科1年生4名と研究科1年生4名の
スケジュールで行われます。
それでは、講評よろしくお願いします!
DSCF4552.JPG
DSCF4563.JPG

DSCF4576.JPG
DSCF4668.JPG

DSCF4611.JPG
DSCF4633.JPG

DSCF4649.JPG
DSCF4645.JPG

DSCF4653.JPG
DSCF4664.JPG
後期の各授業で出された課題をもとに、作品を作ってきたこの半年。
前期で学んだことを踏まえながら、みんな頑張って発展させています。
講評ぎりぎりまで粘って作品を仕上げた学生もいました。

DSCF4597.JPG
作品を観る目も真剣です。

場所を移し、レクチャー室で講評再開です。
DSCF4703.JPG
DSCF4714.JPG

DSCF4679.JPG

これで、午前の講評が終わりました。
お昼休みをはさみ、午後からはまたギャラリーで講評です。

短い時間ですが、この間に展示を入れ替えなければいけません!
みんな急いでー!!


なんとか展示を終え、講評再開です。
DSCF4725.JPG
DSCF4743.JPG

DSCF4734.JPG

DSCF4747.JPG
DSCF4758.JPG

DSCF4752.JPG
DSCF4760.JPG

DSCF4770.JPG
DSCF4773.JPG
後半戦を向かえ講評にも熱が入ります。
作品作りだけではなく、置く展示台や展示方法などの見せ方も、
各自が考えて展示しています。
見せ方で作品の印象が変わるので、そこも大事なポイントです。

DSCF4595.JPG


さあ、本日の講評も終盤です。
次はホールに移り、講評です。
DSCF4792.JPG
DSCF4798.JPG

DSCF4803.JPG
DSCF4817.JPG

これで、1日目の講評が終わりました。
それぞれ指摘されるポイントは異なりますが、
講評を受けて次の課題が見えたのではないでしょうか。

DSCF4799.JPG

DSCF4521.JPG
ゲスト講師のお二人とも、適確で鋭い講評です。
みんなこの1年で、それぞれの興味や感心事が作品から伝わってくるようになりました。
今回の講評を受けて、更に作品を発展させられるように、自分の作品や講評の内容を振り返ってみてください。

DSCF4599.JPG

さあ、2日目の講評もみんな頑張りましょうー!!

(T)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

本日は造形科1年生後期講評会2日目です!
研究所のホールからスタートです!

DSCF4827.JPG

作品のテーマやコンセプト、作品を作る上で意識していることを
先生方に説明します。

DSCF4833.JPG

丁寧に作品を見てくださっている近岡先生。

DSCF4834.JPG

覗き込みながら、しっかり作品を見てくれています。

DSCF4839.JPG

今回の講評会は造形科一年生にとって、二回目の講評会。
一度は経験しているものの、言葉で自分の作品を説明するのはむずかしい、、、

DSCF4872.JPG

自分がどんな方向に向かって作品を作っているのか、、、
経験豊富な先生方に作品を多角的に見ていただきながら
いろいろなアドバイスをいただくことができます。

DSCF4870.JPG

場所が変わって、こちらはレクチャー室。

DSCF4915.JPG

時にはお褒めの言葉や、時には鋭いツッコミも、、、

DSCF4924.JPG

造形科1年生にとっては、一年間の集大成の講評会。
緊張やドキドキが入り混じった気持ちでしょうか。

DSCF4934.JPG

いつも優しい表情の本郷先生も、真剣な眼差しです。

DSCF4926.JPG

午後は研究科1年生の講評会です。
研究科はその名の通り「自分の研究をするコース」です。

DSCF4993.JPG

造形科と違って課題がないので、「自分自身の課題」を見つけて
作品制作に取り組みます。

「感覚」と「感情」は一体何が違うのか?「emotion」と「feeling」の違いは何なのか?

DSCF4983.JPG

チェコ出身のヴァーツラフ先生からは
私たちが普段の生活の中で、明確に区別することのない言葉の選び方にも疑問を投げかけます。

DSCF5002.JPG

自分自身の制作を突き詰めて考えていくことは、容易にできることではありません。

DSCF5015.JPG

たくさんの先生方の意見を聞いて、自分なりに消化して
はじめて自分の作品への理解が深まっていきます。

DSCF5044.JPG

講評会の終わりに、近岡先生から総評をいただきました。

DSCF5046.JPG

「複数の先生方から頂いた言葉は宝物です。
時には触れられたくない、不快な時もあります。
けれども、この場所以外ではそういった言葉を得ることはできません。
一語一句残さず、しっかり話を聞いてください」

「作品を人に見せる時には覚悟が必要です。
どれだけ自分が考えて、不安であっても、作品にする時には覚悟を決めて出してください」

DSCF5060.JPG

武田先生からも総評をいただきました。
「今回は造形科、研究科を通して、アッと驚くすばらしい作品には出会えなかった。
全体的に、自分自身の持っている課題に取り組む姿勢が弱い。
逃げないで、取り組んで、立ち向かって戦う。
こじんまりまとまわず、大きく広がっていってください」


本郷先生からは
「今はいい作品を作ることではなく、失敗することが一番大事です。
失敗したら、もったいないと思わずに、しっかり戻ること!」
というお言葉をいただきました。


造形科1年生、研究科1年生のみなさん、
後期講評会、本当におつかれさまでした!

先生方から頂いた言葉を大事に、しっかり振り返って、
来年度に活かしていってください!!!

(I)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

2月16日は卒業制作展の講評会が行われました。

みんなこの半年間、頑張って準備を進めてきました。
展示された作品を前に、グググッと緊張感が漂います。

DSCF3983.JPG


ゲスト講師に多摩美術大学工芸学科教授の池本一三さんと、
株式会社浜田晶則建築設計事務所代表の浜田晶則さんにお越しいただきました。
先生方、よろしくお願いします!!

DSCF4135.JPG DSCF4455.JPG
池本一三さん                  浜田晶則さん


DSCF4009.JPG

外国人講師の通訳には宍戸さんに来て頂きました。
ガラス業界の専門用語も飛び出しますが、さすがの宍戸さん。
的確に外国人の先生達に通訳してくださいます。

DSCF3987.JPG

DSCF4081.JPG


学生たちも真っすぐに作品についての発表を話します。
今までずっと真剣に制作に向き合う姿を知っている分、聞いている私の目には涙が...。


DSCF4082.JPG

先生達も普段に増して真剣そのものです。

DSCF4013.JPG

それぞれの学びの集大成。
しかし、ここからが始まりでもあります。

DSCF4290.JPG

出来上がった作品と向き合い、またそれぞれに新しい目標へと向かって行って下さい。

長時間に及ぶ講評会は無事に終了。

池本さん、浜田さん、先生方、宍戸さん、学生のみなさん、
長時間の講評会、本当にお疲れさまでした。

明日からも展示会、がんばりましょう!!



(S)




コメント(0)

  

▲ページトップ

造形科1年生のグループ展「融展 〜ガラスと溶けあう〜」が、
 2月3日(土) 〜 2月12日(月)まで、富山市篁牛人記念美術館の2階で開催されています。

「融展」は、固体が溶解し流動し始める温度帯「融点」と、造形科1年生の展覧会の「展」を合わせた造語です。
彼らは研究所で1年間ガラスと向き合い、素材を生かす作品制作のために様々な角度から研究を重ねてきました。
流動し始めたガラスのように、変幻自在に変化できる彼らの可能性への第一歩の展覧会です。


搬入を終え、無事に展覧会初日を迎えることができました。
本日は、みんなが頑張って作った作品を講師の方を招いて講評をしていただきます。

DSCF5469.JPG


すっきりと観やすい展示空間になっています。
この展示の構成も、みんなで会場と作品のマケットを作って展示プランを立てました。
DSCF3702.JPG

DSCF3703.JPG


さあ、いよいよ講評会がはじまります。
講評会講師には、富山市ガラス美術館 館長 渋谷良治 氏をお招きしました。

ガラス作家でもあり、数年前まで富山ガラス造形研究所の主任教授を務め、
現在も本校の制作アドバイザーとして学生に指導していただいております。
DSCF3802加工.jpg


みんな緊張した様子です。

簡単な自己紹介と作品についての説明をおこない、
講師の方から講評をしてもらいます。
DSCF3730.JPG

DSCF3733.JPG

DSCF3740.JPG

DSCF3741.JPG

DSCF3745.JPG

DSCF3752.JPG

DSCF3757.JPG

DSCF3758.JPG

穏やかな雰囲気で講評は進んでいきます。
半分の人数が終わったところで、休憩タイムです。

ここで、サプライズゲストで
富山県美術館 学芸員の八木宏昌 氏が講評会に参加してくださいました。
DSCF3763.JPG

後半の講評会スタートです。
ここからは、お二人の講師の方に講評していただきます。豪華ですね。
DSCF3764.JPG

DSCF3765.JPG

DSCF3767.JPG

DSCF3769.JPG

DSCF3778.JPG

DSCF3793.JPG

DSCF3795.JPG

DSCF3800.JPG

これで造形科1年生全員の講評が終わりました。
講師の方がお二人になった分、また違った観点から意見をもらうことができたと思います。


そして、講評会講師のお二人から総評をいただきました。
1年間という短い期間ですが、研究所で学んだことにより、
ここまでの作品を作り上げたことへの驚きと感心を感じていただけたこと。
ここから更にどう作品を展開していくかを、それぞれがしっかり考えて模索していってほしいということ。
など、1年生のみんなに向けて激励のお言葉をいただきました。

最後に、この立体授業の担当教員の加治先生にしめていただき、
無事に講評会を終えました。
DSCF3802.JPG


DSCF3712.JPG

みんなお疲れさまでした!
それぞれ作品作りも頑張りましたが、
みんなで協力し合って展覧会を作り上げたことは、貴重な経験になると思います。
これからまだ在廊、搬出などありますが最後まで頑張りましょう。

展覧会の会期は12日迄ですので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。  (T)

コメント(0) 求人・展示会

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page Top

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.