HOME » 学校ブログ » 2016年10月

学校ブログ

学校ブログ [ 2016年10月 ] アーカイブ

富山ガラス造形研究所では、今年7回目をむかえるアーティスト・イン・レジデンス事業が始まりました!
今回の招待作家さんは、37組38名の中から選ばれたマシューソースさんです!!!

DSCF3703.JPGのサムネイル画像

マシューさんはこれまでにもワークショップやスライドレクチャー講師として
富山ガラス造形研究所に来てくださっていますが、今回は6週間の長期滞在制作をされます。

マシューさんは実際お会いしてみると、ものすごく巨人です!
身長は約2mほど!!
比較してみると、、、こんな感じです↓

DSCF3700.JPGのサムネイル画像


公開制作や富山市ガラス美術館ギャラリー1での展覧会などイベントはもりだくさん!
マシューさんはこれから作品制作に大忙しです!

まだまだ日本ではなじみのないアーティスト・イン・レジデンスですが、
簡単にいうと
アーティストがひとつの地域に一定の期間滞在し、
主催者が創作活動の場を提供したり、援助したりするというものです。
マシューさんは様々な地域のアーティスト・イン・レジデンスに参加し、
世界中を旅するように作家活動を行っています。

DSCF3699.JPG

とてもイケメンで、とっても腰が低くジェントルマンなマシューさんです。
マシューさん、6週間どうぞよろしくお願いします!!!

なお今後の予定は
マシューさんの公開制作を11月5日(土)14:00〜15:00 富山ガラス造形研究所にて行います。

また6週間の滞在制作の成果発表として、富山市ガラス美術館ギャラリー1にて展覧会も行います。
会期は11月18日(金)〜24日(木)9:30〜18:00です。
11月19日(土)にはアーティストトークも行われます。

みなさま是非マシューさんの作品や、公開制作を見に来てくださいね!!! (I)

コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

ワークショップが終わって休む間もなく後期授業スタート!
もうすっかり秋ですね〜

PA060154.JPG

さてホットショップでは造形科1年生のホットの授業中ですが、竿を持っているのは...?

PA030001.JPG

9月からスタニー先生の後にコールドの先生の就任したヴァーツラフ・レザーチュ先生です!
1年生の後期コールドの課題では、自分たちで吹いた生地にカットをし、その器にもう一度ガラスを吹き込み形成したガラスにもう一度カットするという、とっても難しいことにチャレンジします!

PA030006.JPG
PA030019.JPG
PA030022.JPG

コールドの課題ではありますが、半分はホットワークなので、今回はがっつりホットの授業に組み込んでの制作になります!
なのでキューブ制作以来のチームコールド、ヴァーツラフ先生とペイさんもつきっきりで授業を見てくださいます!

PA030031.JPG
PA060131.JPG

後期から色の使用も出来るので、さっそくパウダーやフリットを試している学生も!

PA030026.JPG

この生地にカットをするので最低8mmの厚みがないといけません。
厚みが増すほどガラスも重くなります。

PA060094.JPG

サイズや厚みを作業中すぐはかれるように型紙を作って使っています!便利!

PA030048.JPG
PA030051.JPG
PA060118.JPG

そして最終的にまたこの生地に吹き込むので大きさもみんないつもより大きめです!
なのでやはり大事なのはチームワーク!

PA060112.JPG
PA030056.JPG

型吹きの多いヴァーツラフさんチームは休憩がてらみんなで話し合って作業工程を確認しています

PA030063.JPG

久々のホットワークの授業でしたが頑張って作業してました!
コールドの生地作りは一旦終了で、来週からはホットの課題もスタートします!
後期も1年生は大忙しです!みんな頑張れ〜!!(W)






コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

さて、いよいよワークショップも残り2日!本日はオープンデイ!
公開制作とレクチャーが2日間に渡り繰り広げられます!
DSCF2208.JPG

ジャスティンさんの水槽を使ったデモの準備です!
水槽の中に水を溜め、溶けたガラスを水中に流し込みます。
まずは入念な打ち合せ。タイミングが合わないとガラスが全て水の中で砕け散ります。何度かのシュミレーション後、本番です。
DSCF1760.JPG
DSCF1764.JPG
ガラスを水槽に流し込むと急激に冷やされ固まります。全体にひび割れながらも中心は熱を持っているので砕け散りません。一瞬ならば。
DSCF1784.JPG
DSCF1774.JPG
少しでも遅れると....
DSCF1778.JPG



















素早く引き上げて....竿にくっつけて取り上げます。
DSCF1786.JPG
DSCF1803.JPG
形を整えて完成!徐冷炉へ!
DSCF1816.JPG
DSCF1819.JPG

続いてのデモ。今度は水槽にガラスを流して空気を入れたガラスの玉で取り上げるデモ。まずはガラスの玉を作ります。
DSCF1876.JPG
DSCF1886.JPG
DSCF1889.JPG
DSCF1891.JPG
DSCF1899.JPG
DSCF1906.JPG
DSCF1984.JPG
DSCF1973.JPG
ついに完成!エキサイティング!
DSCF1991.JPG
DSCF1996.JPG


ガラスの移動販売屋さんも登場!いつもありがとうございます!!
DSCF1999.JPG
DSCF2003.JPG
そして今日はなんと偶然にもジャスティンさんの誕生日!
サプライズでお祝いです!ケーキの代わりに山盛りの巻き寿司で!
DSCF2008.JPG
DSCF2016.JPG
DSCF2022.JPG
DSCF2026.JPG
午後もデモデモデモ!ヴァーツラフさん一家も見学に!!
DSCF2107.JPG
DSCF2123.JPG
ボウル状の器を吹いてそこに流し込みます。
DSCF2132.JPG
DSCF2146.JPG
DSCF2134.JPG
DSCF2154.JPG
DSCF2168.JPG
DSCF2169.JPG
DSCF2176.JPG
DSCF2190.JPG
無事に完成しました!
研究所で使用しているガラスとジャスティンさんが使うガラスの性質が違う為(研究所のガラスは冷めるのが非常に遅い)水槽に流した後もガラスが流動し、形が変わってしまいました。何度も繰返し実験を行い、ガラスの性質を掴んだとのこと!
本日はこれで終わりですが、明日のデモに期待が膨らみます!
明日はいよいよワークショップ最終日!気張っていきましょう!(Y)
DSCF2211.JPG

コメント(0)

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.