HOME » 学校ブログ » 2016年6月

学校ブログ

学校ブログ [ 2016年6月 ] アーカイブ

4月から交換留学生として研究所で学んでいたクリスティーナさんが今日母国チェコに帰ることになりました。
クリスティーナが富山に来てからもう二ヶ月が経ってしまったんですね。早い〜!


昨日学生達との分かれを済ませ、今日の早朝空港へ!

IMG_6841.JPG

皆からのプレゼントが詰まった大切な荷物を預けて、、、


IMG_6844.JPG

IMG_6845.JPG
搭乗時間まで先生方としばしご歓談。
TIGAでの思い出話に花が咲きます。色んなことがあったねー!




IMG_6846.JPG
そしていよいよ搭乗口へ。
チョコに戻ったら日本語をもっと勉強したいとのこと。あなたもうすでに日本語ペラペラですよ!!
それくらい日本のことを好きになってくれたみたいで嬉しいです!
また富山に遊びにきてね!素敵な思い出をありがとう!お元気で!

ばいばーい!(K)

コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

キューブ作り


ホット1の授業ですが
今日のホットショップはちょっとにぎやか!

P6160213.JPG

スペシャルゲストの佐々木さんと本ゴー先生!

P6160222.JPG

スタニー先生も!
コールドの課題でつくるキューブの生地を作るのです
なんと5回巻きの塊をひとり2個つくります!

P6160224.JPG

6月に入ってホットショップもかなり蒸し暑くなってきました
水分補給しながらがんばろー!

P6160209.JPG

作り方をおさらい中

P6160215.JPG
P6160234.JPG

この金属の型にはめて四角にします

P6160260.JPG
P6160227.JPG

ボーダーなふたり

P6160232.JPG
P6160244.JPG

で、でかい!しかしなかなかファイトのある学生たち
果敢に巻いていました!

P6160246.JPG
P6160216.JPG

我々も時々お手伝い

P6160255.JPG
P6160291.JPG

型にはめる前に少し四角にしておきます
チームプレーが大事!そしてこれを型にはめたら...

P6160284.JPG

どん!きれいにできました!

P6160301.JPG
P6160330.jpg

暑いし重いしで結構消耗したはず
でも1年生は午後からも元気に課題に取り組んでいました
この日の窯当番のひとたちも朝早くから夜遅くまでおつかれさまでした!ありがとう!!!

もりもり削って素敵なガラスキューブが出来上がるのが楽しみです!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

デッサン講評


平面の授業の第一課題デッサンの講評がありました

P6100082.JPG
P6100114.JPG

みんな受験では3時間と短い時間の中で完成させなくてはいけなかったけれど
今回はモチーフとじっくりと向き合って描きました

P6100089.JPG
P6100092.jpg
P6100098.JPG
P6100094.JPG

モチーフは「自分の日常にあるもの」です
みんなそれぞれの個性が選んだ物に現れていて面白いです

P6100085.JPG
P6100111.JPG

クラスメイトの講評にも真剣

P6100109.JPG

制作中に西先生からアドバイスをもらったところがしっかり直っていて、みんな完成度の高いものばかりでした!
西先生も「ほとんど言うことがないほどしっかり描けている」とのことでした
講評前日まで描き込んでいたひともいとようです
みんなおつかれさまでした

次の課題は色彩構成!
それぞれ自由な素材で自分のカラーチャートを制作します!(W)




コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

毎週創刊!HONGOSITINI

スクリーンショット 2016-06-16 20.38.53.png

DEAGOSTINIのパクリですが、なんと本郷先生による座学の授業です!
去年は不定期でしたが今年からなんと週2回の授業になりました!

まずはHONGOSITINI SCIENCE

P6070011.JPG
P6070012.JPG

今更聞けない!膨張整数や電気炉のしくみについてなどなど!
本郷先生がユニークな例えを駆使して楽しく教えてくれます!
将来独立するときに役立つ!?

続いてHONGOSITINI HISTORY

P6140158.JPG
P6140159.JPG

恋も宇宙も始まりはビッグバン♡
本郷先生が宇宙の始まりから現代まで、美術の歴史をざっくりと振り返ります

P6140164.JPG

そして最後はHONGOSITINI ENGLISH

P6150166.JPG
P6150167.JPG

アートから英語を学ぶ!!
例文に出て来た作家の詳細まで教えてくれます!
エイミー先生やスタニー先生と話すときや、海外にワークショップを受けに行く時なんかに役立つこと間違いなし!!!

P6070013.JPGのサムネイル画像

プロコンいじるだけでは満足できない!
せっかく講評してもらっても、過去の美術の歴史を知らないと話についていけない!
アーティストステイトメントを英語で書きたいけどどうしたらいいの?
そんな悩みをお持ちのそこのアナタ!HONGOSITINIは様々な場面で役立ちます!
オープンクラスなので研究科1年生だけでなく、2年生や先生方も是非!!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

今日は造形科二年生キルンクラスのチェックの日です。
4月から取り組んできた課題を、いよいよ皆の前で発表です〜
DSCF5628.JPG
今回の課題は、「数理的なアプローチ」です。
数の理論や計算をもとに作品を制作します。

こちらは三角形のみを使って構成された作品です。
メドゥーサが作品のモチーフになっています。

DSCF5637.JPG
こちらは重さを計る天秤に着目し、知育玩具を作りました!
天秤にはガラスの魚がのっています。
なんと天秤も自作です!!!

DSCF5641.JPG

こちらは多面体にチャレンジ!!!
作品の厚みが薄くて、ガラスが流れるか心配だったけど
しっかり形ができました!!!
DSCF5660.JPG
こちらは編みにチャレンジした作品です。
固いガラスを編むのは、実はとーっても難しいことなんです。

DSCF5681.JPG
こちらは細かいコイル状のガラスで作品を構成しました。
写真では見えずらいのですが、近くで見るとくるくるしたガラスがいっぱい。

DSCF5691.JPG
今回は作品チェックと言えども、限りなく講評会に近い形での発表です。
学生全員が意見を言ったり、アイデアを出しあったり、、、
制作者だけでなく、学生全員も真剣です。

DSCF5708.JPG
一緒に学ぶみんなの意見は、本当に大事ですね!
1年以上一緒に学んだ仲間なので、みんなお互いのこと、何に取り組もうとしているのかをよく分かっています。
的確な意見や、具体的なアドバイスをたくさん聞くことができました。
友達って本当に大事!!!

DSCF5714.JPG
こちらは膨張係数の違うガラス同士を合わせて、意図的に割れを狙った作品です。
眠りの形を表現したものだそう。いろいろと具体的な改良ポイントもたくさん聞けたね!

DSCF5728.JPG

みんな今日のチェック、お疲れさまでした!
今日もらえたたくさんのアドバイスをもとに、さらに作品の発展を楽しみにしています。
第二課題も始まりますが、しっかり並行して進めていってくださいね!!!
みんなの健闘を楽しみにしています!(I)



コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

今日は造形科1年生の初めての校外学習の日です。
お天気もとっても良く、最高のお出かけ日和です!

今日は高岡にある三芝硝材株式会社さんへ見学に伺います!

目の前に見えるのが、三芝さんの本社です。
う、美しい!ガラス御殿です!
こちらは3m×10mの合わせガラスで作られているんですよ!!!

IMG_6808.JPG
美しいガラス御殿の中にご案内され、まずは三芝さんのDVD鑑賞です!
三芝さんの努力に努力を重ねた、本社建設の行程を見せていただくことができました!

そしてみんなの机の上には、ヘルメットが。
ガラスを扱う工場さんなので、
危険がないようしっかり準備してくださっています。

IMG_6799.JPG
はじめてのガラス割り体験です。
日頃のストレス発散に、ハンマーを持って、、、
えいっっ!!!!

IMG_6800.JPG
はいっ!
しっかり割れてくれました!
こちらは普通の板ガラスです。

IMG_6807.JPG
えいっ!えいっ!
なかなか割れなかったこちらのガラス、
やっと割れたら細かいヒビがいっぱい!
これが強化ガラスの割れ方なんですね〜〜

IMG_6803.JPG
その後は3グループに分かれて、工場内の案内をして頂きます!

三芝さんの社員さんのヘルメット、実は後ろに氏名と血液型が書いてあるんです。
ケガがあってもすぐに対応できるように、しっかり配慮されています。

IMG_6809.JPG

IMG_6811.JPG
おお!大きな機械!
こちらはオートクレープ(加圧加温接着炉)という機械です!
なんと12×3mの合わせガラスがつくれます!大きい!世界最大です!

IMG_6813.JPG
三芝さんにしか出来ない技術、規模がいっぱいです!
分からないことは丁寧に説明してくださいました。

IMG_6812.JPG毎年、本当にお世話になっている三芝硝材さん。
お忙しい中、本当にどうもありがとうございました!
実は今年も研究所の皆のために、たくさんのガラスを提供して下さいました。
感謝してもしきれないほど、三芝さんには本当にお世話になっています。

三芝硝材株式会社HP http://www.sanshiba-g.co.jp/

みんな、三芝さんのガラスを使って、素敵な作品作ってね!!!(I)




コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

OYZK〜QP編〜


OYZK(応用造形)のQP(クイックプロジェクト)編です!
毎週出されるお題から3つ、ガラス以外の素材を使ってクイックに制作するというプロジェクトです

P4260007.JPG

本当にクイックなのかと疑うくらいみんな見応えのある展示で毎週制作しています!
そして毎回、誰がどれをつくったのか、作品は何を意味しているのかを当てるのが恒例になっている

P4260005.jpg

作品をちょっと紹介します


お題:擬音語

P4190106.jpg

「ぽきぽき」

P4190119.JPG

「はくしょん/くしょん」

P4190121.JPG

「くっきり/はっきり」

お題:味覚

P5240007.jpg

「舌から伝わり脳で感じる装置」

P5240017.JPGP5240024.JPG

「花を料理するゲーム」

P5240005.JPGP5240004.JPG

「溶けたガラスで調味料を挟む実験」


お題:触覚

P6070004.JPG

「触覚はひとそれぞれ」

P5240027.JPG

みんな自分の制作やOSDの制作がある中、毎週これだけ作ってて大変!
でもこうやって手を動かして素材遊びをすることで、ひらめくこともあるようです

ワークショップも終わって一息つきたいところだけれど、今月末は研究科中間講評!
ファイト〜(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

OYZK〜OSD編〜


OYZK OSD編とは!?
研究科1年生の授業の応用造形(OYZK)と大阪産業大学(OSD)の学生さんとの合同授業のことでございます
OSDの学生さんがデザインしたガラスのプロダクトを研究科の学生が実際に制作するプロジェクト
今年で3回目です

P5240036.JPG

今回はOSD側は12人が4グループにわかれ、こちらで1人1デザイン担当します

P5240035.JPG

向こうから送られてきたデザイン画をもとに制作したテストピースがこちら!!
ここまで形にするのにかなり練習しましたよ!

P5250047.JPG

授業は主にスカイプで行われます
どうも!笹岡先生!!

P5250037.JPGP5250038.JPG
P5250041.JPG

制作したテストピースを見せながら、お互いに改善点を話し合います
デザインにあわせて技法を選び、ガラスで出来ること、ガラスでは難しいことを伝えていきます
話し合いながら形、色、厚みなど細かい部分を決めていきます

P5270138.JPG
P5270143.JPG

そして先日、OSDの学生さん達が来所されました!!

P5270149.JPG
P5270154.JPG
P5270151.JPG

直接話しながら出来たものを手に取って見てもらうことが出来て、充実した時間でした

P5270160.JPG

これら作品は夏までに完成させて、OSDのオープンキャンパスでコンセプトボードと一緒に展示されるそうです!
完成までもう少し!頑張ろー!

P5270162.JPG

OSDのみなさんありがとうございました!
また遊びに来てください!!(W)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

早いものでワークショップも今日が最終日。
もう1週間経ってしまったんですね。なんだか時間の感覚がおかしくなっている今日この頃です。
さて、今日はアレナさんや学生一人一人が制作した作品を金属の枠にハメ込んでいき、一つの作品として完成させることを目指します!
いよいよ大詰めといった感じです!

DSCF4069.JPG
学生達の一週間のがんばりを見て、アレナさんはとっても嬉しそう!

DSCF4071.JPG
作品も徐々に仕上がってきました。
この写真の中だけでも色んな手の形があって面白いですね。




DSCF4080.JPG
学生達の作品を前にしてアレナさんは枠にどのように構成するか考えます。
DSCF4091.JPG
どこに配置しようかな?

DSCF4153.JPG
所長さんも学生達の作品に興味津々!


一方、コールドショップでは最終調整が続いています。
接着する面を増やして安定感を増したり、違う接着方法を考えてみたり、試行錯誤しながら制作していきます。

DSCF4174.JPG

DSCF4180.JPG
どうすれば上手く接着できるかな?


午後からはアレナさんのスライドレクチャーも始まりました。
足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。
DSCF4200.JPG

その間にホールでは枠へのはめ込み作業がはじまりました。
DSCF4206.JPG
慎重に!慎重に!
DSCF4208.JPGのサムネイル画像
枠の隙間からエイミーさん。

DSCF4209.JPG
枠にはめると裏側からもガラスを見る事が出来てとってもキレイ!!

DSCF4655.JPG
アレナさんもとっても嬉しそうでした!

最後にみんなで記念撮影!
ハイチーズ!
DSCF4668.JPGのサムネイル画像
みなさんお疲れ様でした!


と言いたいところですが、これで終わらないのがTIGAのワークショップです!
一年生が中心になってフェアウェルパーティを開いてくれました!
今回のパーティのテーマは『夏』!
アレナさんも浴衣で登場です!

DSCF4725.JPG
DSCF4797.JPG
DSCF4846.JPG
DSCF4934.JPG
焼き鳥、リンボーダンス、流しそうめん、、、いろんな楽しいイベントが行われました!

DSCF5011.JPG
最後には学生たちから心の籠ったプレゼントの贈呈!!!!


アレナさんはそのお返しにとばかりに学生、スタッフ一人一人とハグ!ハグ!!ハグ!!!
DSCF5052.JPG
DSCF5057.JPG
DSCF5074.JPG

最後にサインをもらい、研究所にまた新たな1ページが刻まれました!
DSCF5078.JPG

以上で2016年春のワークショップは終了!!!

公開制作ならびに学校説明会、スライドレクチャーにご参加くださった皆様、お忙しい中お越しいただきありがとうございました!

学生のみんな、先生方、助手のみなさん、事務所の方々、皆さん本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!



そしてアレナさん!素敵なワークショップをありがとうございました!
Thank you Alena !  We hope we can see you again sometime soon !

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今日はワークショップ6日目。
あっという間の6日間!
今日は、昨日窯から出したガラスの手を削る作業です。
大型切断機とスタニーさん!
ものすごくハイパワーな切断機なので、しっかりガラスを固定してから使いましょう〜
DSCF3936.JPG
うまく切れるかな〜?

DSCF3946.JPG
こちらは平盤で砂を使いながら、ガラスを削っています。

DSCF3948.JPG
所長さんも皆の作業の様子を見に、コールド室まで来てくれました!

DSCF3976.JPG

ハンドルーターで、細かい部分を削りながら整えています。

DSCF4005.JPG

アレナさんもご自身のガラスの手を加工しています!

DSCF4024.JPG
こちらは、アレナさんが学生さんの指を元に作った作品です!

DSCF4043.JPG
普段の優しいアレナさんとは全く違う、作家さんとしての真剣な表情。

DSCF4047.JPG
ガラスの加工が終わった学生さんは、
手とガラスの台を接着する作業に移ります。
1年生は初めてのガラスの接着ですね〜

DSCF4053.JPG
接着中は、ガラス同士がずれないように
テープで固定して固まるのを待ちます。

DSCF4055.JPG
さてさて、明日はいよいよガラスの完成です!!!
皆が、がんばって作ったガラスが一つの大きなパネルに展示されます!

そして明日は、アレナ・マチェイカさんのスライドレクチャーが
午後1時30分から2時30分に行われます!!!

アレナさんの素晴らしい作品と、ご自身の作品説明を聞くことが出来ます。
どうぞ、皆様ふるってご参加お待ちしています!(I)


コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

早いものでワークショップも後半戦。
今日は夕方から窯出しの予定!ドキドキしますね!

夕方までは汚した場所を掃除をしたり、各自作業をしたり、アレナさんと個別にミーティングをしたり。

DSCF3558.JPG
今日は快晴!洗濯物も良く乾く!
汚れた雑巾はしっかり洗って良く乾かしましょう!





DSCF3579.JPGのサムネイル画像DSCF3562.JPG
石膏取りをしたり、加工したり。作業は順調かな??
このワークショップ期間中に課題を通していろんなことを学べますね〜。




DSCF3570.JPG
DSCF3705.JPG
アレナさんはワークショップの課題以外のことも親身になって学生の相談にのってくださいました。
作家として、人として、様々な角度からアドバイスをくださいます。




お昼休みにはなぜかバトミントン大会が勃発!
DSCF3605.JPG
こんなイベントもワークショップならでは?




さて、そろそろ窯の温度もいい感じ!
窯を開けてみましょう!
DSCF3701.JPG
せーの.........、




DSCF3711.JPG
じゃん!!!!!
DSCF3712.JPG
きれいに溶けてる溶けてる!
早速ガラスをを割り出してみましょう!!

DSCF3847.JPG

DSCF3910.JPG
おっ!手が出来てる出来てる!
DSCF3917.JPG
細い部分はガラスを割らないように慎重に。

DSCF3923.JPG
一人一人みんな違うガラスの手が出来ました!
明日はこの手を加工してプレートに接着します。


そして明日明後日はいよいよ一般公開日!
公開時間は10:00〜16:00でアレナさんや学生たちの制作の様子をご覧いただけます。
また、明日は13:30から学校説明会も予定されています。入試説明や校内見学、学生への質問コーナーなど盛りだくさんです。
入場無料、事前予約不要ですので、皆様お誘い合わせの上、ぜひこの機会に富山ガラス造形研究所にお越しください!
お待ちしてまーす!(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ


本日はワークショップ4日目!
アレナさんのスライドレクチャーから始まりました。
アレナさんはガラス作家だけではなく、彫刻家としても活躍されている作家さんです。
チェコは冬場はものすごく寒いそうで、雪の中、彫刻をしているアレナさんご自身の写真です。

DSCF2972.JPG
「Magic Carpet(魔法のじゅうたん)」というタイトルの作品です。
この作品はガラスの重さ、なんと300kgなのだそうです!
なんともチャーミングなアレナさんの人柄が伝わってきます。

DSCF2976.JPG

今回のワークショップでは、アルジネートという印象材を使って
手を型どってガラスに置き換えていますが、
これらの作品は、同じ技法で
色々なテクスチャーをかたどって作られたシリーズだそうです。
こちらも250kg!大きな規模の作品が多いようです。

DSCF2986.JPG
これは"GATE(ゲート)"というテーマで作られた作品です。

DSCF3043.JPG

こちらの作品は、しばしば「日本の鳥居に似ているね」と言われるそうです。


DSCF3045.JPG
こちらはアラバスターという白い石で作られた作品です。

DSCF3080.JPG
そしてこちらは、石をかたどりガラスに置き換えて作った形です。
同じ形でも素材を変えると、ぐっと作品の印象が変わりますね。

DSCF3082.JPG
巨大な石を削るアレナさん。
かっこいいですね!
DSCF3092.JPG
こちらは、北欧のスカンジナビアのレースやエンブロイダリーに
インスパイアされて作った作品だそうです。

DSCF3098.JPG
こちらは "Three Roses"というタイトルのバラをモチーフにした作品です。
アレナさんはお庭も、お花も大好きだそうで、
お庭に咲いているバラの蕾に感動して作った作品だそうです。
こちらの作品も、まずは石彫で作った後、
ガラスで色を変えて作っています。
DSCF3113.JPG
こちらはアレナさんの代表作。
"The Sea between us"という作品です。
左がアレナさん、右が旦那さまのラースさん。

ラースさんはスウェーデンの方で、
旦那さまに会いにいく時、いつもチェコとスウェーデンの間にある海を見て作られた作品なのだそうです。 

DSCF3153.JPG

本当はもっとお見せしたいところですが、、、
6月5日(日)13時半から一般公開のスライドレクチャーがあります!!!!

本当に素晴らしい作品の数々と、
アレナさんの作家としての生き方がよく分かる素晴らしいスライドショーです。
皆様、ぜひお越しください!


さてスライドレクチャー後、
みんなそれぞれの作業に戻ります!

おっ電気炉が最高温度に達しています!
ただいま860℃!!窯の中は真っ赤で、照明を付けないと肉眼では見えないほど。

DSCF3379.JPG
みんなはガラスの板材を削ったり、模様を彫ったり、とコールド作業を頑張っています。

DSCF3424.JPG

DSCF3422.JPG
こちらも何やら楽しそう。
新たに小さい作品のワックス原型を作ったようです。
DSCF3434.JPG
さてさて、明日はどきどきの窯だしです。
皆の手が、窯から出てきます。
どうなっているかなー。楽しみですね!(I)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

今日はワークショップ三日目。
昨日窯入れできなかった学生が引き続き窯入れ準備。

その他の学生がガラスのプレートの加工作業に入ります。



DSCF2723.JPG
脱ロウをして蝋を溶かし出したら窯入れまであと少しです!がんばれ!



DSCF2731.JPG
脱ロウの間に電気炉の中に棚板をセットしてしっかり水平をチェック!



DSCF2738.JPG
留学生のクリスティーナさんもこれから窯入れしますよ〜。



DSCF2766.JPG
脱ロウ出来たら型に詰めるガラスの重さを計算します。

DSCF2765.JPG
ちゃんと合ってるかな???
準備ができたらいよいよ窯入れです!


DSCF2780.JPG
キレイに窯に詰めることができました。

DSCF2784.JPG
やれることはすべてやった!あとは天に祈るのみ!!!






DSCF2817.JPG
そのころアレナさんはキルン室でなにやら型取りの準備中。

DSCF2822.JPG
指が三本絡み合った複雑な形ですね。身体のパーツを組み合わせることで面白い造形ができるんですね。
作品の一部になるのかな?どうなるか楽しみです。





コールド室ではたくさんの学生が加工作業の真っ最中。
コールドワークのことはスタニーさんにお任せ!
助手の伊藤さんもしっかりサポート!
DSCF2874.JPG
DSCF2876.JPG
DSCF2883.JPG
順調に進んでいるかな?
作業は焦らず丁寧に!





そうこうしているうちに昨日窯入れした窯が最高温度に到達。
皆で窯の中の様子をチェック!
DSCF2896.JPG
DSCF2900.JPG
窯の温度は860℃!赤い!熱い!
だけど型は異常なし!ガラスもちゃんと溶けてるのを確認出来ました。



明日はアレナさんが学生のためにスライドレクチャーをしてくださる予定です。
チェコでの制作や作品についてたくさんお話をしてくださいます。
海外の作家さんのお話を聞ける貴重なチャンスです。学生の皆さんはたくさん質問をぶつけて色んなことを吸収して下さいね。
明日も思いっきり楽しんで、頑張っていきましょう!(K)

コメント(0) ワークショップ

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.