HOME » 学校ブログ » 2011年5月

学校ブログ

学校ブログ [ 2011年5月 ] アーカイブ

毎週月曜日。


研究所では前期の間、選択授業が行われています。

選択授業とは造形科の学生を対象に、ステンドグラス、バーナーワーク、ジュエリー、金属加工の
4つのクラスの中から、自分の興味のあるクラスを選んで受講する授業なのです。

今回はその中からバーナーワークの授業の様子をご紹介!!

バーナーワークとは読んで字のごとく、バーナーを使ってガラスを溶かしながら制作する技法のことです。
みなさんもトンボ玉などご存知ではないでしょうか?
小さい世界に、とても密度の高い世界を表現できるのがバーナーワークの特徴です。
d0147058_16895.jpg

おっと!バーナーブローに挑戦している学生が!
小さい吹きガラスのようですよね。簡単そうに見えますが、これがなかなか難しいのです。
でもでも練習の成果!ぐんぐん上達しています。

d0147058_1645933.jpg

そしてこちらは酸素バーナー!
より高温の炎が出るこちらのバーナーでは、キッチン用品などでお馴染みの耐熱ガラスを溶かすことができるのです。

d0147058_16131397.jpg

高温のガラスはオレンジ色に発光し、なおかつ炎の光も吸収し、ガラス全体が光っているみたい。
制作途中も、とても美しいです。

このバーナーワークのクラスを教えて下さっている先生はというと、、、松島巌先生です。
岡山から富山まで片道5時間かけ、はるばる教えに来ていただいてます。(本当にありがとうごいます!)

d0147058_16182122.jpg

こちらはその松島先生がデモンストレーションで制作した作品の数々。
コアガラスという古代の技法に魅せられ現在まで制作してこられた先生ならではの作品です。

来週は先生がコアガラスのデモンストレーションを見せてくれるそうです!
今から楽しみです!!(K)

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

一年生の様子


入学からあっという間に2ヶ月が過ぎようとしています、
授業は始まったばかり。そこで一年生の様子を少し御紹介。
Time flies, almost two months is past, but classes just began.
and today let's see 1st year student.

d0147058_1624344.jpg

基礎の立体造形を学ぶ授業の課題、首像です。
this is foundation 3D class, and subject is statue of classmate.

d0147058_16245452.jpg

粘土と石膏と格闘している感じ。まさに戦場ですね。
they are fighting with clay and plaster, it looks like battlefield!!

課題の数も多く一筋縄でいかない物ばかり。でもまだ始まったばかりです。
みんな頑張って下さい!(T)
It's really busy and tough, but ichi-nennsei, you can enjoy and do it !! 

コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

今日はみんなが、待ちに待った「辻 和美氏 特別講義」の日です。

d0147058_18181776.jpg

このブログをご覧になられている方なら、おそらく皆さんご存知でしょうが、
辻 和美氏は、1999年より金沢にて自身の工房「factory zoomer」を立ち上げ、
現在も金沢を拠点に国内外問わず、活躍されているガラス作家です。

d0147058_18272752.jpg

こちらが、辻さんの工房「factory zoomer」

d0147058_19295491.jpg

加工をしている様子。加工しているのは、今回辻さんと一緒に来られた研究所
の卒業生で、現在は「factory zoomer」のスタッフとして働いておられる、廣島さん。

d0147058_18302627.jpg

こちらは、「factory zoomer」の看板商品 めんちょこ
左から、モウモウ、センセン、ホリホリ、ツブツブ。
1つ1つに名前がついていて、わかりやすい。かわいい名前ですね。

d0147058_18342066.jpg
さんは器の写真を撮るときは、器だけでなく使っている様子を一緒に撮り、
普段の生活にとけ込むような写真を心掛けておられるそうです。
う〜ん、写真の撮り方も非常に勉強になります。

d0147058_18395738.jpg

こちらは、2005年にオープンした「factory zoomer/shop」

d0147058_1844552.jpg

辻さんは、工房、ショップの運営だけでなく、美術家としての活動も数多く
されています。

d0147058_190521.jpg

こちらの作品は、涙型のガラスを天井から吊るすインスタレーション。
この作品は、来たお客さんが実際に吊るされているガラスを買えるという
ものだそうです。

d0147058_1910214.jpg

作品の話だけでなく、辻さん自身が付き合いのあるギャラリーの紹介や、その
ギャラリーとのエピソードなども語ってくださいました。

講義が、終わった後も、学生の質問に丁寧に答えていてだき、時間ギリギリまで
辻さんの周りを学生が取り囲んでいました。講義後、学生の一人が「こんなに人の
話に聞き入ったのは、久しぶり!」と言っていましたが、それは作品の魅力だけで
なく、辻さんの人柄によるところも大きかったと思います。

辻さん、本当に内容の濃いお話しをありがとうございました! (G)

コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.