HOME » 学校ブログ

学校ブログ
あけましておめでとうございます!!!
本日1月4日はまだ学生は冬休み中ですが、今日はチーム応用造形(研究科1年生と本ゴー先生のクラス)グループ展の搬入なのでございます。

DSCF3077.JPG

朝からわいわい積み込中、雪がちらほら。
それではいってきます!!!

DSCF3087.JPG

会場は4年前まで卒制会場としてお世話になっていた富山市民プラザ!
卒制会場だっただけあってとても広いです!

DSCF3098.JPG
DSCF3110.JPG
DSCF3145.JPG

卒制は20人ですが今回は6人。こんな贅沢に展示できるなんてありがたいですね〜。

DSCF3104.JPG
DSCF3115.JPG

それぞれテキパキとセッティングしていきます。

DSCF3123.JPG
DSCF3141.JPG
DSCF3125.JPG

二日目は各自微調整やライティングなど。

DSCF3140.JPG

こちらは地獄の吊り展示中。繊細な仕事で神経すり減らしています...!

DSCF3136.JPG

そしたらなんと事務長さんが差し入れに来てくださいました!癒し!
ひとやすみひとやすみ。

DSCF3133.JPG

武士!?

DSCF3135.JPG

お手伝い中。

DSCF3144.JPG

協力してライティング中。

DSCF3148.JPG

本ゴー先生もライティング中。
二日目ももう夕方です。
入り口ではポスターを貼ってくれています。

DSCF3157.JPG

奥でなにかが始まりました。

DSCF3159.JPG

手が冷たいよう。

DSCF3160.JPG

2階から水を引いているようです。
どんな作品が登場するのかお楽しみに。

DSCF3163.JPG

まだまだ続く地獄吊り展示。作業が終了したメンズ3人が高さを見てくれています。
なかよしです。

DSCF3164.JPG

富山ガラス造形研究所 研究科作品展「mixing」は明日6日から14日までやっております!
是非みなさまお越し下さいませ!(W)


コメント(0) 授業,求人・展示会

  

▲ページトップ

12月18日は特別講義でした!

今回の講師は、作家の小野耕石さんです!!


DSCF2445.JPG


平面作品「Hundred Layers of Colors]」シリーズで知られる小野さん。
作品は、シルクスクリーンという版画の技法を用いて制作されています。








小野さんの作品を遠くから見ると、
DSCF2288.JPG

とても美しい平面作品に見えます。



もう少し寄ってみましょう。

DSCF2295.JPG


何層も色を重ねてあることに気付きます。



さらに寄ってみると、


DSCF2406.JPG




画像でわかるでしょうか?
無数のインクの柱がびっしりと並んでいます。




シルクスクリーンでドットを何層も何層も刷りあげることで生まれる柱たち。

初めて小野さんの作品を見る人は、「版画」と聞いて驚くのではないでしょうか。





学生時代、版画研究室にいた頃の作品がこちら。

DSCF2284.JPG

本!?


そう、これも全てインクで作られています。




自分の見つけたインクの可能性を信じ、長い時間をかけて研究を続け、昨今の作品へと繋がったそうです。



こんな可愛らしい作品も。
DSCF2312.JPG



そして、最近では動物の頭蓋骨を使った作品群も発表しております。


DSCF2335.JPG

インクの柱を一つ一つ移植するように接着しているとのこと。




DSCF2305.JPG



常に変化を続ける小野さんの作品に目を奪われ、作家として戦い続ける姿、言葉の強さに圧倒された、非常に印象的な講義でした。

小野さん、本当にありがとうございました!



(K)


コメント(0) 特別講義

  

▲ページトップ


先日、びん博士の庄司太一氏を招いて特別講義を行っていただきました。


DSCF0786.JPG


先生は1948年宮城県仙台生まれで、通称「びん博士」と呼ばれています。
上智大学在学中の1970年代頃から、日本ではほとんど関心を持たれていなかったガラスびんの収集と
その歴史的背景に興味を抱くようになったそうです。

特別講義では以前ご出演されたテレビ番組や、写真を交えながらお話いただきました。


先生は1979年にワシントン州立大学に留学し、すでにアメリカで確立されていたボトル文化に触れて大いに
啓発されたそうです。

DSCF0813.JPG


DSCF0825.JPG


帰国後びん収集をさらに本格化させ、1996年には東京の自宅庭に、線路の枕木を建材にした
日本初のガラスびん展示場「ボトルシアター」を開設します。


今回は富山のびんを交えながらもお話いただきました。
こちらは配置薬で古い気付け薬の「神薬」のびん。


DSCF0886.JPG DSCF0879.JPG

DSCF0867.JPG

神薬は色々な会社が出していたのですね。
パッケージもとても魅力的です。


続いてトンボラムネのびん。トンボラムネさんは富山の会社なのです。
ご存知でない方もいらっしゃったのではないでしょうか?

形がどこか違いますね〜

DSCF0911.JPG

「底玉式ラムネというびん」と呼ばれるこちらのびんはトンボラムネ初代・翠田辰次郎氏が考案されたびんとの事。
越中富山市総曲輪町の〜...と、下の写真には記載されています。文章も時代を感じさせます。

DSCF0917.JPG

先生はいったいどこからこの文章を見つけてこられたのでしょうか?
びんにかける情熱は、他の追随を許しませんね。


また先生は1989年に32歳の若さで他界したミュージシャンである弟の遺志を継いで音楽活動を始め、
2005年にオリジナル曲のCD「ボトルフラグメント」をリリース。
その後は東京・渋谷のライブハウス「La.mama」を拠点に音楽活動も展開されています。


我々にもワンフレーズ、特別にお聞かせくださいました!!

DSCF0931.JPG

更に、先生の音楽活動の一端も見せて頂きました。

DSCF0959.JPG

「びんのハリケーン」と題された曲のPVを見せていただきました。
こちらはユーチューブでも見る事ができます。皆さんも是非!!

現在は東京・武蔵大学で教鞭を執る傍ら「原色日本壜図鑑」を製作中との事。

びん博士としての活動だけではなく音楽や本の執筆など、先生のご活躍は多岐に渡ります。
しかし、その活動内容は全て「びん」に繋がっています。

びんの話しだけではなく、好きなことや興味のある事を続けることとは、また、
表現者として「伝える事」とはどういった事なのかを、先生からお話いただきました。
とても貴重な時間となりました。


庄司先生、本当にありがとうございました!!


(S)

コメント(0)

  

▲ページトップ

今日はアーティスト・イン・レジデンスで滞在制作されていた
エヴァ・ノバコバさんの富山出発の日!

お世話になった事務所の方々にお別れのご挨拶です。

DSCF0314.JPG

みんなで車に向かうエヴァさんを見送ります。

DSCF0320.JPG

DSCF0321.JPG

研究所のヴァーツラフ准教授もチェコ出身なので
エヴァさんの滞在制作では、とてもお世話になりました!

DSCF0323.JPG

学生からも熱いハグです!!!

DSCF0326.JPG

今回の滞在制作では
学生一人一人にも、色々なアドバイスを頂きました!!!

DSCF0330.JPG

お別れのハグ、、、
ですが、何だか少し嬉しそうな事務長さん〜

DSCF0327.JPG

一人一人に熱いハグです!

DSCF0331.JPG

中神先生もエヴァさんとハグ!

DSCF0332.JPG

あれれ??
なんだかハグじゃなくてダンスしてるみたい〜

DSCF0333.JPG

いよいよ出発の時!
エヴァさんが車に乗り込みます。

DSCF0341.JPG

「また来てね〜〜〜!!!」
エヴァさんの車が見えなくなるまで、みんな見送っていました。

DSCF0344.JPG

エヴァさん6週間の滞在制作、本当にお疲れさまでした!
またぜ日本に!富山に!遊びにきてくださいね〜〜〜

(I)






コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

今日はアーティスト・イン・レジデンス公開制作の日!!!
富山ガラス工房第2工房のスタジアムは、
観客の皆さんでいっぱいです!!

DSCF9313.JPG

今日はどんな作品を作るのか、事前に打合せです。

DSCF9299.JPG

今日は富山ガラス造形研究所のブライアン・コア准教授と
佐々木助手がメインでエヴァさんのデザインした吹きガラスを作っていきます。
こちらは今日制作する作品のデザインです。

DSCF9308.JPG

今日の司会は、富山ガラス造形研究所、造形科2年生の菊池大護くん!
吹きガラスの実況中継をしてくれます!!!

DSCF9317.JPG

吹きガラスを始める前に、エヴァさんからのご挨拶です。
皆さん、どうぞ楽しんでご覧ください〜

DSCF9328.JPG

さっそくブライアンさんが吹き始めました。

DSCF9349.JPG

ブライアンさんが持っている吹き竿のガラスに、
佐々木さんが温めているガラスを、、、

DSCF9352.JPG

上から被せます!!!

DSCF9362.JPG

先端に被せたガラスを、マーバーという鉄の台の上で
形を整えてしっかり被せていきます。

DSCF9364.JPG

こんなにきれいに被せることが出来ました!

DSCF9370.JPG

そのガラスの上に、溶解炉からガラスを巻き取ります。

DSCF9372.JPG

先ほどよりも大きくなったガラスの形を整えます。

DSCF9380.JPG

そしてさらにもう一回、ガラスを溶解炉から巻き取ります!

DSCF9386.JPG

ガラスの玉はさらに大きくなりました!
再び形を整えて、、、

DSCF9392.JPG

マーバー(鉄の台)の上で伸ばしながら、形作って行きます

DSCF9396.JPG

少し細長い形にしてから、、、

DSCF9399.JPG

ベンチで息を吹き入れ、膨らましていきます。

DSCF9407.JPG

息が入り、丸い形になってきました。

DSCF9408.JPG

ほぼ球体の形になったところで、もう一度温め直して、、、

DSCF9413.JPG

コルクを使って、球の形をつぶしていきます。

DSCF9416.JPG

楕円の形になりました!!!

DSCF9425.JPG

エヴァさんと形の確認です。

DSCF9427.JPG

形が決まったら、くくり目をしっかり入れて、、、

DSCF9432.JPG

別の棹(ポンテ)を反対側から付けて、切り離します。

DSCF9447.JPG

切り離した棹を冷めないように、温め直します。

DSCF9455.JPG

切り落とした口の部分を広げて、、、

DSCF9480.JPG

そこに本郷先生が別のオーブン(窯)から何やら取り出します。

DSCF9495.JPG

人の形???の先端をトーチを使って温めます。

DSCF9489.JPG

その人の形のパーツを、形作ったガラスの中に入れました!!!

DSCF9491.JPG

中に上手く入ったのが見えます!!!

DSCF9492.JPG

そして再び、本郷先生がパーツを持って来て、、、

DSCF9500.JPG

ガラスの中に付けて行きます!

DSCF9515.JPG

上手く付きました!!!

DSCF9518.JPG

この作業を何度も繰り返し、、、
一個だけ間違った場所に付いてしまいましたが、外そうとしている最中です。

DSCF9545.JPG

改めて正しい場所に付け直して、、、

DSCF9557.JPG

ようやく全てのパーツが中に収まりました!!!

DSCF9559.JPG

中にいる人の形、なんだかお地蔵さんのように見えます。
口元を閉じて行きます。

DSCF9573.JPG

口元を引っ張りながら、細くして行き、、、

DSCF9575.JPG

先端を切り落とします。

DSCF9576.JPG

先端部分がなくなり、ちょっとおむすびみたいな形に、、、

DSCF9578.JPG

先端をトーチでしっかりと加熱して、、、

DSCF9582.JPG

パッファーと呼ばれる道具で、息を吹き込み、
先端の形を膨らませます。

DSCF9586.JPG

膨らんだところで、エヴァさんと再び形のチェックです。

DSCF9590.JPG

ブライアンさんがコルクで先端の丸みをきれいに
整えていきます。

DSCF9591.JPG

どうかなー?
すごくきれいな形になりました!!!

DSCF9593.JPG

エヴァさんからOKサインが出たところで、
助手の佐々木さんが消防服に着替えます!!!

DSCF9594.JPG

大きくて熱いガラスを棹から切り離す時は、消防服は必須なんです。

DSCF9598.JPG

無事切り離し、徐冷炉と呼ばれる窯の中に入れることができました!!!
やったーーーー!!!

ガラスはここから一日かけてゆっくり冷まして常温まで冷ましていきます。

DSCF9600.JPG

エヴァさんを始め、
形を作ってくれたブライアンさん、
アシスタントをしてくれた本郷先生と佐々木さん、
手伝ってくれた学生の皆さん、助手の皆さんに盛大な拍手です!!!

DSCF9721.JPG

無事に作品も完成し、公開制作も無事に終了!!!

事前準備から当日のサポートまで行ってくださった富山ガラス工房の皆様、
本当にありがとうございました!!!

そして見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました!!!(I)



コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

本日からアーティスト・イン・レジデンス2017
エヴァ・ノバコバさんの展覧会が始まりました!

DSCF9247.JPG

本日は作家のエヴァ・ノバコバさんのアーティスト・トークの日!
会場には溢れんばかりの観客の皆さんが!
ケーブルテレビさんも取材に来てくれています。

DSCF9182.JPG

今回のエヴァさんの滞在制作は、
様々な富山市民の方々に協力して頂いて折り紙を折ってもらい
その折り紙をエヴァさんがガラスにするというプロジェクトです。

DSCF9196.JPG

実際にエヴァさんから、どのように作品を制作したのか説明をして下さいました。

DSCF9188.JPG

DSCF9222.JPG

会場には、富山市民の方々が作ってくれた折り紙を元に作られたガラス作品が
たくさん並んでいます。
私の作った折り紙はどこだろう??

今回は年中組、年長組の子供たちも折り紙作りに協力してくれました。
自分の作った作品は見つけられたかな〜〜〜???

DSCF9177.JPG

実はこの展示は、もう一つの見所が!
それぞれの作品の形の影が、壁に映り込んでとっても面白い形をしています。

DSCF9209.JPG

会場内では、エヴァさんがどのような工程を経て、
この作品を作り上げていったのか、とても分かりやすい映像で見ることができます。

DSCF9171.JPG

子供たちもとっても興味深そうに、エヴァさんの作品を眺めています。

DSCF9243.JPG

エヴァさんの展覧会は11月26日(日)18時まで、
富山市ガラス美術館5階ギャラリー2にて行っております。
エヴァさんの6週間の滞在制作の成果発表のてんらん、皆さん是非見に来てくださいね〜

(I)



コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

二泊三日で応用造形の研修旅行へ行ってきました!

R6234826.JPG

まずは福井のEZRA GLASS STUDIOへ!

R6234822.JPG

お休みだったにも関わらず中を見学させていただきました!
スタッフさんありがとうございます!

R6234811.JPG

大物制作といえばEZRA!山野宏さん!ってイメージですよね!
昔研究所の助手だった川辺さんがEZRAにいた頃、超ムッキムキで竿を回していたのが有名な話ですが、現在はスタッフ数も減って大きいものは作らなくなっているとのこと。

R6234800.JPG

スタッフさんが丁寧に説明をしてくださいました。
スタッフ募集中だそうです!是非!

R6234812.JPG

そして同じ敷地内の森の中には山野宏さんのアトリエがあり、中を見せてくれることに!

R6234817.JPG
R6234813.JPG

山野さんはこのアトリエで絵付けの作業をされているとのこと。
貴重な作品もたくさん見せていただきました!

R6234825.JPG

実は知り合いだったふたり。記念撮影!
また来ます!ありがとうございました!

R6234827.JPG

さて続いて京都へ。

R6234847.JPG

荒川尚也さんが運営する晴耕社さんを見学させていただきました。

R6234831.JPG

荒川さんはもはや発明家!こちらはマッサージ機を再利用し作った自動切断マシーン!

R6234835.JPG

こちらは窯の廃熱を利用しお湯の出る加工機です!

R6234840.JPG
R6234846.JPG

工房のほとんどが荒川さんオリジナルで、ガラスが溶解炉で溶けているのが当たり前の我々にとって、どうやって溶かしたら無駄が少ないのか、環境に優しいのかなど勉強になることばかりでした!
実際工房を立ち上げるまでのお話も実に興味深く、もっとお話を聞きたかったです。

荒川さんありがとうございました!

R6234852.JPG

日が暮れる前に八田先生が新しく建てた工房へ向かいました。

R6234864.JPG

すっかり夜になってしまいました。こちらがその工房です!

R6234854.JPG

建物も通気性が非常に良く素敵な工房でした。
実際のオープンは来年頃とのこと、今から楽しみです!

R6234853.JPG
R6234856.JPG

本日3つ目の工房です!
当然ですが研究所とは全然違って、とても勉強になりますね〜。
手作りの窯やガラスを見せていただきました!

R6234866.JPG

またもや知り合いに遭遇で記念撮影!良い旅ですな!

R6234868.JPG

そして本日の宿泊は八田先生邸!八田先生手作りのビーフシチューを振る舞ってくださいました!

R6234873.JPG

いただきま〜す!!!


〜2日目〜
本日は滋賀へ戻り日本電気硝子さんの工場見学です!

R6234886.JPG

残念ながら工場内は撮影不可ということで写真はありませんが、このときだけ富山から先生助手さんと合流して見学しました!
日本電気硝子さんは車や機械、医療の現場など生活の中の様々な場面で必要とされる製品を多く作っている、もはや日本になくてはならない存在なのです!
日本電気硝子さんありがとうございました!

R6234888.JPG

続いてミホミュージアムへ。

R6234889.JPG

I.M.ペイの建築が素晴らしいです!

R6234891.JPG

そして眺めも素晴らしい!
お腹が痛かったので記憶がうっすらですが、I.M.ペイ氏が、今年4月に満100歳を迎えられたことを寿ぐ意味を込め、「桃源郷はここ -I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡」と題して開館20周年記念特別展が開催され、全展示室を使ってMIHOコレクションの名品を展示されておりました。

R6234907.JPG
R6234910.JPG
R6234908.JPG

そして4時間かけて広島へ移動。
尾道で一泊しました。


〜3日目〜

ついに来ました!福山の神勝寺!

R6234925.JPG

我々の目的はこちら!

R6234936.JPG

昨年度特別講義に来られた彫刻家の名和晃平さん率いるSANDWICH設計の洸庭!

木材で包まれたワンマテリアルの舟型の建築とその内部の空間で、波に反射する光を体験するインスタレーション作品です!


R6234949.JPG

下には京都の老舗、中根庭園研究所代表の中根金作さんの息子さんが作られた美しい庭園が広がっています!

R6234952.JPG

そして季節が最高!!紅葉きれい!!!

R6234961.JPG
R6234962.JPG

広大な敷地には、滋賀県から移築した17世紀の堂宇や、復元された千利休の茶室、建築家・建築史家の藤森照信が、山陽道から瀬戸内一帯を象徴する植物の松を多用して設計した寺務所などが点在し、その建物の間を結ぶように、趣向を凝らした禅庭が配されておりました!
癒されますねー。

R6234968.JPG

さて、ここから富山まで7時間!

R6234900.JPG

本郷先生長時間運転ありがとうございました!!!

R6234971.JPG

学生のみんなもさすがにお疲れの様子。
帰ったらまた制作がんばろー!お疲れさまでした!(W)


コメント(0) 授業

  

▲ページトップ

先月のことですが研1チェックがありました。
この日は渋谷先生も!

R6234581.JPG
R6234586.JPG
R6234595.JPG
R6234601.JPG

チェックが終わる頃、ギャラリーの外からバースデーソングが...!

R6234605.JPG

この日は本郷先生のお誕生日だったのでした!

R6234609.JPG

学生からのサプライズ!アットホームな学校ですね〜。
おめでとうございます!

R6234611.JPG

〜数日後〜

R6234763.JPG

こちらはホットショップ。ホット1の授業終わり。
今からサプライズはじまりまーす。

R6234764.JPG

この日は中神先生のお誕生日!

R6234768.JPG

おめでとうございます!!
いつもありがとうございます!

R6234771.JPG

造1のみんなも一緒に美味しくケーキをいただきました。
10月生まれの多い研究所なのでした。

(W)



コメント(0) 日々

  

▲ページトップ

今日はアーティスト・イン・レジデンスで富山に6週間滞在している
エヴァさんのワークショップの日です!
みんなー、集まれ〜!!!

DSCF6877.JPG

エヴァさんの今回の富山でのプロジェクトは
「富山市民のみなさんに折り紙を作ってもらい、それをガラス作品にする!!!」
というもの。

今日はその折り紙を折ってもらうために
富山市中老田にある「英会話フレンズ&プリスクール」にお邪魔させていただきました!
今日の折り紙ワークショップに参加してくれるのは、年中さんと年長さんの園児のみなさんです!

DSCF6881.JPG

みんな意気揚々とエヴァさんの前に集まってくれました!

実はこのプリスクールでは、通常の授業は全て英語で行われています!
なのでエヴァさんの説明も全て英語で行い、一切の通訳もありません!
わぉ!!

DSCF6889.JPG

みんなこんなに小さいのに英語が分かるんですね!
エヴァさんの英語での説明をしっかり聞いてくれています。
受け答えも英語で行われます。

本当にすごい!!!!の一言です!

DSCF6895.JPG

まずは、エヴァさんが作品の作り方を説明してくれます。

なになに?
なんと、いろんな形の折り紙がガラスになっちゃうんですって!!!
まずはこのボートの形の折り紙で説明をします。

DSCF6899.JPG

一体どうやって作っていくの???
園児のみんなは身を乗り出して聞いています!

DSCF6909.JPG

まず、ドロドロに溶けたガラスを
「溶解炉」というガラスが溶けている炉の中から巻き取ります。

DSCF6911.JPG

その炉から巻き取ったガラスがこちら!
細ーいガラスが見えますか?

DSCF6913.JPG

そのガラスを細かく砕いて粒状のガラスにし、そのガラスに糊をまぜて
「ガラスの粘土」を作ります。

みんなが触っているのは、そのガラスの粘土。
フワフワとした触感です。

DSCF6914.JPG

そのガラスの粘土を、折り紙の表面の形に合わせて貼付けていきます。

DSCF6916.JPG

表面にガラスを貼付けられた折り紙を、四角い電気炉の中に入れて
800度の高温で熱します。
その際、中の紙は燃えてなくなってしまい、
表面に貼付けたガラスの粘土だけが残ります。

DSCF6918.JPG

炉の温度を800度から常温まで冷まし、窯の中から取り出すと、、、
こんなボートの形のガラスが出来上がります!!!
じゃじゃーーん!

DSCF6919.JPG

触っていいですよ〜、とエヴァさん。
みんな手でしっかりと質感を確かめています。

DSCF6928.JPG

さぁ、エヴァさんの説明が終わり、
フレンズプリスクール主宰のジョンさんから、もう一度作り方のおさらいです。

もちろん、ここでの説明も全て英語で話されています!!!

DSCF6931.JPG

ジョンさんが分かりやすく、細かくおさらいをしてくれています!

DSCF6935.JPG

ジョンさんが何やら、ピンクの箱を持ってきてくれました!

DSCF6939.JPG

箱の中には、、、
みんなが前もって作ってくれた折り紙がぎーーーっしり入っていました!!!!
いっぱいありますね!!!

DSCF6957.JPG

一つ一つ、折り紙の形を確認していきます。
これは誰が作ったのかな〜???
何の形でしょう???

DSCF6947.JPG

みんなの折り紙を見終わったあと、
エヴァさんからみんなに、
エヴァさん直筆の展覧会の招待状が手渡されました!

DSCF6958.JPG

実はこの招待状、全て日本語で書かれていて
エヴァさんがひらがな、カタカナ、漢字を一生懸命練習して
ご自分で書いたものなんです!!

DSCF6968.JPG

エヴァさんから招待状をもらい、ちょっぴり恥ずかしそう。

みんなが一生懸命作った折り紙が、ガラス作品になって
富山ガラス美術館で展示されるんですって!!!!
すごいね〜〜〜!!!

DSCF6969.JPG

みんなに招待状を渡し終えたところで、本日のワークショップは終了です!

みんなの折り紙が、これからどんな作品に仕上がるのでしょうか???
楽しみですね!!!

DSCF6976.JPG

エヴァさんの初めての富山でのワークショップが終了し、大盛況で、大成功に終わりました!!!

英会話フレンズ&プリスクールのジョンさん、あいさん、いずみさん、先生方、
そして可愛い園児のみなさんのおかげで、無事にたくさんの折り紙を頂くことができました!!!
本当にどうもありがとうございました。

園児のみんなが作ってくれたガラスは、
このあとガラスになり、
11月23日(木・祝)〜11月26日(日)に富山市ガラス美術館5階ギャラリー2で行われる展覧会に出品されます。

園児のみんなもご家族みんなで見に来てくれるといいな!
英会話フレンズ&プリスクールの皆さん、本当にどうもありがとうございました!!!(I)


⇒英会話フレンズ&プリスクールのH.Pはこちら







コメント(0) お知らせ・ニュース,日々

  

▲ページトップ

さて、本日より富山ガラス造形研究所のアーティスト・イン・レジデンス事業が始まります!!!
みんな朝からホールに大集合です。

DSCF5735.JPG

そもそもアーティスト・イン・レジデンスってなぁに?という方に、ちょっとご説明、、、
アーティスト・イン・レジデンスとは「作家がある場所で一定期間、滞在制作をするプログラム」のこと。
富山ガラス造形研究所では今年で第8回目の開催となり、
選ばれた作家さんには6週間の滞在制作を行って頂きます!

DSCF5737.JPG

こちらが今年度のレジデンス作家さんのエヴァ・ノバコバさんです!!!
チェコ出身で、現在オーストラリアで作品制作を行っています。
たくさんの応募者の中から選ばれました!!!

DSCF5744.JPG

これからエヴァさんの作品制作が、どんな風に進んでいくのか楽しみですね!!!

DSCF5750.JPG

この滞在制作で作られた作品は、
富山市ガラス美術館5階ギャラリーにて成果発表として展示されます。
また市民の方々に、作品制作の様子を見て頂けるよう公開制作も行います!

エヴァさんの制作の進行をこれからどしどしアップしていきます!
お楽しみに〜〜〜!
(I)

コメント(0) お知らせ・ニュース,日々

  

▲ページトップ

2011年3月以前のブログは旧ブログ「富山ガラス造形研究所の日々」(エキサイトブログ)でご覧いただくことが出来ます。

購読・シェア

▲Page先頭へ

Copyright "Toyama City Institute of Glass Art" All Rights Reserved.